通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス) コミックス – 2015/4/3

5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 119
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 銀魂―ぎんたま― 59 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 銀魂-ぎんたま- 57 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

亡き師への思いを背負い、剣をぶつけ合う銀時と高杉。死闘の末、雌雄決するかと思われたその時、凶刃が!? 将軍暗殺を巡る騒乱は、将軍派が夜兎に押し込まれ窮地に陥る中、陰の存在の出現により急転を迎え…!?



登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/4/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088803280
  • ISBN-13: 978-4088803289
  • 発売日: 2015/4/3
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 もも 投稿日 2015/4/7
形式: コミック
銀魂も58巻まできた。昨今の漫画と比較しても長編漫画といえる位置にある。銀魂はストーリー漫画として、時にはギャグ漫画として10年を超えるジャンプ連載を続けてきた結果、所々に中弛みもみられた。が、他の作品とは違い主軸の主人公が大人であり敵と戦う意思や夢、目指すものや力が成長する過程がない中でも少しずつ物語は進んでいたと、この巻を読み思った。
ジャンプ漫画でも異例といえる主人公の無気力やマダオというダメな大人。でも皆からは慕われているのがこの銀魂の主人公「坂田銀時」である。嘗ては攘夷戦争に参加した白夜叉という異名を持つ程の活躍をしたにも関わらず現在は一般人として万事屋をやっている。銀魂の始まりは新八と妙の出会いから始まった。その後は神楽、定春に真選組と家族や仲間に囲まれて生活し順風満帆だけれども過去には殆ど触れられていなかった。唯一過去を知る幼馴染といえる桂と高杉も語らない。
2人はまだ攘夷を続けるテロリスト。桂とは仲間として遠慮のない関係だが高杉に至っては敵だと思っていた。しかしそれが間違っていた。銀時と高杉は今も昔と吉田松陽の弟子で、誰よりもお互いの傷と痛みと分かち合った日々を理解している仲間だった。
大体の漫画の場合の主人公は辛い過去があっても大事なものを全部守り通すし、それを物語の展開として使うのが多いと思う。辛い過去や守れなかったというのは主人公
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ついに銀時と高杉の因縁が明らかになりました。一度は背中を預けた仲間に、なぜ確執が生まれたのか。腑に落ちるとともにかなり熱いエピソードでした。自分が銀時だったら…高杉だったら…と思わず感情移入してしまいます。アニメ化が楽しみです。まあ、絶体絶命っぽいけど皆逃げれるんかーい!とか、お前は重傷っぽかったのに頭に包帯巻いただけででて来ちゃうんかーい!とか、ツッコミたい所もありますが(笑)ともかく頭からお尻まで充実した内容です。銀魂全体の骨子を支える重要な巻だと思います。一冊丸ごとシリアスな雰囲気ですが、後半の沖田と土方のまさかのギャグシーンに思わず吹き出してしまいました。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この巻は、もちろんいつもの銀魂のように シリアスの中に小さなギャグが入っているような感じだったのですが、そのギャグが入っている場面が、松下村塾に銀時達が通っている時のもので、面白いのはもちろんなんですけど 同時に、松下村塾の思い出のシーンから攘夷志士として戦っていた時代に切り替わる時、松下村塾と比べて攘夷志士として戦っていた時代の笑顔のなくなりようがとても激しく、読んでいてとても辛くなりました。

高杉が「俺がおっ死んだら先生のことは頼んだ」と銀時にお願いしたにも関わらず、松陽か桂・高杉を殺さなくてはいけない場面に直面した時、桂と高杉を守って松陽を殺した銀時。それは昔、松陽が銀時と「私がいなくなったら皆のこと護ってあげてくださいね。」と約束したからでしょう。(45巻参照)

松陽を殺す直前、松陽が銀時に「ありがとう」と言ったシーンが、私的にその約束を守ってくれてありがとう という意味に取れて、とても目頭あつくなりました。
松陽を殺した銀時にキレて飛び掛かろうとした高杉の左目を朧が潰してしまいます。
そしてその高杉の今は閉ざされた左目が最後に映したのは、
泣いている銀時。
飛び掛かろうとした高杉とは違い、目をつむってグッと気持ちを押し殺していた桂にもホロリときました。

これだけ長い文章にしてもまだまだこの巻の良さは語りきれません。
とにかく一度読んでみてください。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
坂田銀時と高杉晋助。
二人が、刃を交えなければならない理由とは?
今まで謎に包まれていた過去編。
松陽先生を中心に、次々と明らかになっていきます。

そして将軍・徳川茂々の想いとは。
懐かしい顔ぶれもチラホラ出てきます。
この巻を読まずして銀魂は読破できません!
…やっぱり空知先生はすごいなー。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 NEK216 投稿日 2015/6/20
形式: コミック Amazonで購入
最近huluで第3シリーズ?まで放送されたり、アニメが再開されたので、見てて懐かしくなり、買うのをやめていた単行本を54巻から59巻まで買いました。単行本買ったのは久しぶり。

アニメの方がセリフ読まなくていいし笑単行本買うの面倒だしで、いつの間にか買わなくなってたんですよね。

今回は、買ったはいいが、まとめサイトとかで銀さん達と松陽先生の過去のこととか、次の59巻の話に続きますが真選組のこととか、ネタバレ知ってたので、あんまり(てか全く)期待してなかったけど。。

ヤバかったです。特にこの巻。将軍暗殺編(というのかな?)全体が、忍者陣営、真選組、万事屋、将軍、みんなカッケー!って、単行本買ってよかった!ってなってるときに、銀さんと高杉の戦いが始まり。。全部持ってかれました。55巻の惚れ薬の話(だけではないですが)であんな酷い下ネタを連発していた銀さんてこんなカッコ良かったっけ?最近ヤクルコキャラが板についてきた高杉ってこんなカッコ良かったっけ?と、パニックになるくらい。

カッコ良い、というと語弊があるかもしれません。なんていうか、人間くさいというか、いつものちょっとスカした感じがないというか…上手く説明できない。
結末知ってるのに、こんなにドキドキしながページをめくるのはいつ以来?あっさ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー