通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

銀行大統合 小説みずほFG (講談社文庫) 文庫 – 2004/12/14

5つ星のうち 1.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 832
¥ 832 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 銀行大統合 小説みずほFG (講談社文庫)
  • +
  • 消失 上  金融腐蝕列島・完結編 (角川文庫)
総額: ¥1,758
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

“その後”の軌跡も活写した完全版!!

三行統合なら生き残れる! 第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の各トップは世界でも例のない大再編に向け猛スピードで走り出した。困難な調整や会談の内幕など、最後の決断までの日々を圧倒的な情報量とリアリティで描いた実名企業小説。その後の迷走と再生のドラマも収録した完全版でついに文庫化!

内容(「BOOK」データベースより)

三行統合なら生き残れる!第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の各トップは世界でも例のない大再編に向け猛スピードで走り出した。困難な調整や会談の内幕など、最後の決断までの日々を圧倒的な情報量とリアリティで描いた実名企業小説。その後の迷走と再生のドラマも収録した完全版でついに文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 528ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062748797
  • ISBN-13: 978-4062748797
  • 発売日: 2004/12/14
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 78,759位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 yuishi トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/1/7
形式: 文庫
第一勧銀、日本興銀、富士銀行の3つの銀行による「みずほ」統合の、その端緒から足掛け数年に渡る経緯を描いた「小説」。この場合、小説というのが曲者。小説とすることで適度に著者の創作が入っていますよ、ということなのだろうが、現経営陣を美化した提灯記事的な印象しか残らない。
最初から最後まで著者の視点は、経営層、それも三行間の軋轢をくぐりぬけた現経営陣しか見ていない。途中で外れていく人物に対しては「恐怖政治」「陰のCEO」または「フセイン」などと揶揄する一方で、現経営陣については、「決断力がある」「意思が揺るがない」「信念をもった」等、歯が浮くような描写が頻発する。また統合の作業を行った従業員や取引先の視点といった複眼的な視点に欠け、社長が国会に召還されるまでになった「大システム障害」という点については、公式発表をそのまま転記しているだけ・・。システム障害の原因分析といった掘り下げはない。ここから何を読み取り、何を得ればよいのだろうか。
純粋に「経済小説」として見ても、山もなくだらだらと続く印象。また、特定の言い回しや表現が何度も出てくる文章のつたなさは相変わらず。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
これはおそらく高杉良が書いた作品ではないでしょう。とても小説とはいえない、まあ企業の社内報に広報担当者が連載するような記事に過ぎません。銀行統合の経緯はわかるけれど、ただの公式発表の羅列でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
内容は新聞記事と銀行の記者会見を時系列でつなぎ合わせただけで、合併にいたるまでの経緯や各行の状況、合併の必然性がぜんぜん伝わってきません。なぜこんな作品を高杉良ともあろう人が出版したのかわかりません。もしかしたらご本人は書いていないかもしれませんね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
レビュー読んで買えば良かった。
読み始めたら最後まで読まないと気がすまないタチですがこれを読むのは時間がもったいない。
そもそも、これは小説と言えるのか?
経済小説が好きな人はこれを読むのは止めましょう。
これが合う人は銀行そのものが好きな人で殆どの銀行自体に興味が無い方には退屈です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書にはみずほFGが誕生するまでの過程が詳細に書かれている。
日本興業銀行の西村頭取を中心に、世界最大の金融グループの誕生、そして世界最強の金融グループへの挑戦という崇高な理想がそこに存在していた。
しかし、現在みずほFGはその理想に向けてまい進するどころか迷走を続けている。
統合から10年、いまだに出身行での派閥争いが続き、システム障害は2度引き起こされ、メガバンクの中で一番下に甘んじている。
来年、CBとBKが正式に合併することが決まったため、これから本格的にみずほFGが再起し、世界の中で大きな存在感を放つ銀行になっていくことを願ってやまない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告