¥ 1,058
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
銀行はこれからどうなるのか がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

銀行はこれからどうなるのか 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/27

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,058
¥ 1,058 ¥ 971

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 銀行はこれからどうなるのか
  • +
  • 捨てられる銀行2 非産運用 (講談社現代新書)
  • +
  • 捨てられる銀行 (講談社現代新書)
総額: ¥2,786
ポイントの合計: 58pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本書は、世界的な低金利やフィンテック(金融テクノロジー)の波にさらされる銀行の未来を、気鋭のアナリストが予測するのが趣旨である。

▼ テクノロジーが「口座格差」を生む

個人的にもビジネスでも、われわれにとってこれまでつながりの深かった銀行。
しかし、技術の進展や市場の変化で、いま銀行は大激変を余儀なくされている。

「規制業種で競争がない」といったイメージも根強い銀行業界だが、マイナス金利その他の変化に加え、次に示す「5つの困難」に直面。
実は日本の銀行はいま、かつてないほど追い込まれているのだ。

(1)貸出先や運用先がない
(2)預金の魅力がない
(3)異業種との競争環境激化
(4)規制の複雑化とその管理の難しさ
(5)大きすぎて変われない

フィンテック専門家である著者の予測では、9割の地銀が再編の波に飲まれ、メガバンクも大激変は不可避だという。

金利に差がつかず、預金の魅力が薄くなったことで、ある銀行は打つ手なく預金を流出させていく。
その一方で、ある銀行はフィンテックや提携により口座の使い勝手をよくして預金をつなぎとめる。
このように、「どこに預けても同じ」という時代は終わりを告げる。
まさにテクノロジーが「口座格差」を広げ、異業種も含めて、われわれの預金を巡る「大戦争」が始まろうとしているのだ。

▼ 銀行・金融をめぐるニュースを読み解く知見

たとえば、最近の金融関連のニュースで次のようなものがあった。

・三菱東京UFJ銀行が仮想通貨「MUFGコイン」の発行を計画
・三井住友とりそなが、系列の関西3地銀を経営統合
・アップルがApple Pay、LINEがLINE Payを導入
・米国スターバックスのポイント会員が1200万人を突破

これらの一見バラバラなニュースは、本書で提示する「未来の銀行の4つの姿」を通じて、大きな流れのもとに読み解ける。

フィンテックで銀行が激変せざるを得ない時代。
エレクトロニクスやテクノロジーに精通する著者が鋭く予測する「銀行の未来」に、ぜひ触れてほしい。


▼ 本書の目次

第1章 私たちと銀行の関係はどう変わるのか
・「資産運用先」ではなくなった銀行預金
・FinTechが登場してきた3つの背景
・銀行の未来の4つの姿 ほか

第2章 銀行のいまを知る
・銀行のお金の流れをざっくりつかむ
・地方銀行こそが苦しい――三重苦とは
・メガバンクグループの海外展開に表れる戦略の差 ほか

第3章 銀行のこれからを考える
・地域銀行が追いつめられるシナリオとは
・メガバンクすら個人預金をいかに守るかがテーマ
・イノベーターによる銀行業界の狙い方 ほか

第4章 世界の銀行はすでに動き始めている
・意外に気づかないMUFGの規模とグローバルでの立ち位置
・銀行から見るFinTech とは
・ゴールドマン・サックスが狙う領域 ほか

第5章 金融にシリコンバレーがやってくる ――誰がどう攻めてくるのか
・シリコンバレーが金融を目指す理由
・金融業界は「格好の標的」
・Apple Payは何がそんなにすごいのか ほか

第6章 日本の銀行が向かう先にあるもの
・それでも日本の銀行は変わらないのではないか
・小売業にとっての金融事業とは
・銀行に求められるビジネスモデルに必要なもの ほか

内容(「BOOK」データベースより)

金融機関がいま直面する「5つの困難」と大再編後の「4つの姿」とは?地銀の9割は再編。メガも大激変は不可避。「どこに預けるか」が格差を生む!フィンテック専門家が予測する「消える銀行、残る銀行」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 255ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2017/3/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4295400734
  • ISBN-13: 978-4295400738
  • 発売日: 2017/3/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,773位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
多くの企業が提供しているポイントサービスは預金に類似したサービスであり、銀行が有していた一般企業に対するデータ処理能力の優位性は過去のものとなっている。
銀行関係者は、店舗に来てくれる人と外訪先だけを顧客だと勘違いし、既存のシステムと通帳、ATMがあれば預金は安泰だと思い込んでいる人か多い。そしてもっぱら関心は、貸出の低迷に向けられている。
しかしながら、すでにスマホのサービスの使い勝手の悪い銀行は預金先として見向きもされない時代が始まりつつある。
率直に言って、著者の予想する銀行の将来像の4類型は賛成しかねる。
だが、銀行の将来に対するまっとうな危機意識を持つうえで、本書の分析は大変、参考になる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
良い品質は、製品の予想よりも、非常に満足フィット。評判は非常に良い、非常にタイムリーな配信、悪い上司ではなく、次の時間は何を購入する id はこれを再度買います。大きな価値。 より多くの最終的に購入する! 次は買い続けます 以前に使った製品だけでなく、以前使っていた製品よりも良いことがあります。 素晴らしい、非常に良い。 私は2つを買ったはずです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SAIKICK 投稿日 2017/4/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
いま銀行界におこっていることを、筆者なりに解説。広いtopicsを扱っており、参考になる。銀行に勤務する当事者はもちろん、銀行とビジネスをする関係者も読んで損はないだろう
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告