通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
銀行はこれからどうなるのか がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆2017/4/5第2刷発行 ☆概ね良好 ■まとめ買いがお得 ´∀`)ノ 2点目から100円返金 ★状態【表紙・カバー】弱いよれがありますが、概ね良好です。 【ページ】数ページの角に弱いよれ・折れ跡がありますが、書き込みマーカーなく良好です。 【!】品質保証:記載のない、書き込み、汚れ、落丁などがあった場合はご返金で対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

銀行はこれからどうなるのか 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/27

5つ星のうち 4.2 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,058
¥ 1,058 ¥ 405
Audible版, Abridged ¥ 300

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 銀行はこれからどうなるのか
  • +
  • 捨てられる銀行2 非産運用 (講談社現代新書)
  • +
  • ドキュメント 金融庁vs.地銀 生き残る銀行はどこか (光文社新書)
総額: ¥2,743
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

「週刊東洋経済」「東洋経済オンライン」「週刊ダイヤモンド」「プレジデント」「日本経済新聞」「NewsPicks」など、各ビジネスメディアで話題となった本書。
世界的な低金利やフィンテック(金融テクノロジー)の波にさらされる銀行の未来を、気鋭のアナリストが予測する一冊だ。

▼ テクノロジーが「口座格差」を生む

個人的にもビジネスでも、われわれにとってこれまでつながりの深かった銀行。
しかし、技術の進展や市場の変化で、いま銀行は大激変を余儀なくされている。

「規制業種で競争がない」といったイメージも根強い銀行業界だが、マイナス金利その他の変化に加え、次に示す「5つの困難」に直面。
実は日本の銀行はいま、かつてないほど追い込まれているのだ。

(1)貸出先や運用先がない
(2)預金の魅力がない
(3)異業種との競争環境激化
(4)規制の複雑化とその管理の難しさ
(5)大きすぎて変われない

フィンテック専門家である著者の予測では、9割の地銀が再編の波に飲まれ、メガバンクも大激変は不可避だという。

金利に差がつかず、預金の魅力が薄くなったことで、ある銀行は打つ手なく預金を流出させていく。
その一方で、ある銀行はフィンテックや提携により口座の使い勝手をよくして預金をつなぎとめる。
このように、「どこに預けても同じ」という時代は終わりを告げる。
まさにテクノロジーが「口座格差」を広げ、異業種も含めて、われわれの預金を巡る「大戦争」が始まろうとしているのだ。

▼ 銀行・金融をめぐるニュースを読み解く知見

たとえば、最近の金融関連のニュースで次のようなものがあった。

・三菱東京UFJ銀行が仮想通貨「MUFGコイン」の発行を計画
・三井住友とりそなが、系列の関西3地銀を経営統合
・アップルがApple Pay、LINEがLINE Payを導入
・米国スターバックスのポイント会員が1200万人を突破

これらの一見バラバラなニュースは、本書で提示する「未来の銀行の4つの姿」を通じて、大きな流れのもとに読み解ける。

フィンテックで銀行が激変せざるを得ない時代。
エレクトロニクスやテクノロジーに精通する著者が鋭く予測する「銀行の未来」に、ぜひ触れてほしい。


▼ 本書の目次

第1章 私たちと銀行の関係はどう変わるのか
・「資産運用先」ではなくなった銀行預金
・FinTechが登場してきた3つの背景
・銀行の未来の4つの姿 ほか

第2章 銀行のいまを知る
・銀行のお金の流れをざっくりつかむ
・地方銀行こそが苦しい――三重苦とは
・メガバンクグループの海外展開に表れる戦略の差 ほか

第3章 銀行のこれからを考える
・地域銀行が追いつめられるシナリオとは
・メガバンクすら個人預金をいかに守るかがテーマ
・イノベーターによる銀行業界の狙い方 ほか

第4章 世界の銀行はすでに動き始めている
・意外に気づかないMUFGの規模とグローバルでの立ち位置
・銀行から見るFinTech とは
・ゴールドマン・サックスが狙う領域 ほか

第5章 金融にシリコンバレーがやってくる ――誰がどう攻めてくるのか
・シリコンバレーが金融を目指す理由
・金融業界は「格好の標的」
・Apple Payは何がそんなにすごいのか ほか

第6章 日本の銀行が向かう先にあるもの
・それでも日本の銀行は変わらないのではないか
・小売業にとっての金融事業とは
・銀行に求められるビジネスモデルに必要なもの ほか

出版社からのコメント

「週刊東洋経済」「東洋経済オンライン」「週刊ダイヤモンド」「プレジデント」「日本経済新聞」「NewsPicks」など、さまざまなビジネスメディアで話題!
発売以来、本書の中で予測・指摘した「アマゾン銀行」「メガバンクのリストラ」「AIレンディングの本格化」「銀行預金流出」「地銀の事業モデル転換」「アリペイ・WeChatなど中国フィンテックの隆盛」……などなどが次々と現実化に向けて動き出しています。
都内ビジネス街の某大手書店員が「この内容の濃さで、この値段は安すぎます」と太鼓判を押した、気鋭のアナリストにしてフィンテック専門家だから書ける一冊。
銀行・金融関係者や企業の経営者、財務担当者はもちろん、家族・知人が銀行勤務の方、就職活動中の学生まで必読です。
従来の銀行分析本に不足気味だったフィンテック領域の膨大な知見・分析を駆使し、将来を精緻に予測するこの一冊で、「銀行・金融」がこれからどうなるのか、すべてわかります!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 255ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2017/3/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4295400734
  • ISBN-13: 978-4295400738
  • 発売日: 2017/3/27
  • 梱包サイズ: 18.2 x 11.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 146,331位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年12月23日
形式: Kindle版|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年10月7日
形式: Kindle版|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年6月1日
形式: 単行本(ソフトカバー)
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年1月1日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト1000レビュアー
2017年5月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年3月27日
形式: 単行本(ソフトカバー)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年4月10日
形式: 単行本(ソフトカバー)
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告