中古品
¥ 776
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

銀行とノンバンクの融合―上限金利規制統一法の設計 単行本 – 2005/5


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 426
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

メディア掲載レビューほか

銀行とノンバンクの融合
 金融業界再編の焦点が、大手都市銀行と大手消費者金融会社の融合に移ってきた。メガバンクとメガノンバンクの一体化による消費者サービスの向上を歓迎する声もあるが、両者の間にある溝、すなわち上限金利規制に根本的な相違点を残したままでの融合には問題が多いという指摘もある。

 そうした不安に経済産業省の現役官僚と元財務省・金融庁官僚が応えたのが本書である。まずは、銀行に課せられた「利息制限法」及び上限金利規制(元本額の一定区分ごとに年15~20%)について、またノンバンクに課せられた「出資法」及び上限金利(元本額に関係なく年29.2%)について明らかにする。次いで両者の上限規制の差異によって生じる弊害や、今日の事情にそぐわなくなった運用面での問題点を考察。結論として、「与信業に係わる上限金利規制統一法に関する具体的な試案」を提言する。法人と個人の区分や元本額の区分はあるが、おおむね30~45%の上限金利を定めることを前提として、「債務者の保護と便益確保の促進」を実現し得る試案だと言う。補足資料では新旧の「利息制限法」「出資法」「貸金業規制法」などの全文を掲載し、その制定理由を分かりやすく解説しているので、初心者はガイドブックとしても活用できる。


(日経ビジネス 2005/06/13 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

著者について

石川 和男(いしかわ かずお)
1989年東京大学工学部卒業、同年通商産業省(現・経済産業省)入省。2002年4月商務情報政策局取引信用課課長補佐、2003年7月から大臣官房、現在に至る。2003年から専修大学客員教授。

野尻 明裕(のじり あきひろ)
1991年東京大学法学部卒業、同年大蔵省(現・財務省)入省。2000年理財局国債課課長補佐、2002年金融庁監督局保険課総括課長補佐。2003年7月財務省退官・同年8月、株式会社ニッシン入社。2004年6月取締役財務部長に。現在に至る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 211ページ
  • 出版社: 金融財政事情研究会 (2005/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4322107699
  • ISBN-13: 978-4322107692
  • 発売日: 2005/05
  • 梱包サイズ: 21 x 15.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,721,930位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう