中古品
¥ 107
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

銀行とつきあわない法 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2001/3

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 107
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

財産を目減りしたくなかったら,もう銀行とは縁を切りなさい。こういう時代の痛烈,痛快な銀行論
借金してマイホームをつくることを尻込みする人が多く,商売や利殖をする上で銀行のお金を利用すれば容易に目的が達せられると気づいた人が増えつつあった,30年前の経済成長期において「銀行とつきあう法」を新聞連載した著者書き下ろしの,現在の健全経営と財産形成論「銀行とつきあわない法」。

銀行からお金を借りられさえすればお金儲けができた時代が,いまや借りた人がひどい目に遭う時代に変わった。そう指摘した上で著者は,経営者にはスピードが落ちても無借金経営がいいと勧め,個人の預金者には,銀行は現金の一時預かり所と同じと思え,そして付き合うなら,老後の面倒を見てくれる銀行を選べ,とアドバイスを贈る。これ以上,財産を目減りしたくなかったら,お金儲けを本気でしたかったら,もう銀行と縁を切りなさい。痛烈,いまの時代の銀行活用法。従来の銀行に対するイメージを転換することが必要な時代となったことは間違いない。 (ブックレビュー社)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
-- ブックレビュー社 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

あいつぐ合併で巨大化する銀行の内幕は正におそまつ。これ以上財産を目減りさせたくなかったら、大事なお金は銀行で眠らせずに上手に働かせよう。“お金の神様”が伝授する、得する痛快銀行論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 295ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2001/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344400771
  • ISBN-13: 978-4344400771
  • 発売日: 2001/03
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 344,354位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
今まで、“銀行ってお金を預けに行くところ”としか認識していなかった我々庶民は、実は最近の銀行不祥事や倒産のニュースを聞いてもなにやらピンとはこなかった。預けたお金の行き先を知らずに、銀行が損をしているイメージを持つことはできない。“つきあう、つきあわない”の前にまず、相手を知ること。その目的にぴったりの本と思います。なんて言ったって筆者は名高い“お金の神様”。その上30年前に“銀行とつきあう法”を書き、莫大な資産を縦横無尽に有意義に使いながら銀行の能力をしっかりと見切って来た経験がちりばめられた、総取材(体験)費用は兆の桁はもちろん、京まで行くのかと言う程の、他には決して真似できない本です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック