Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[松尾 由美]の銀杏坂 (光文社文庫)
Kindle App Ad

銀杏坂 (光文社文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 540
単行本
¥ 1
文庫
¥ 4,974 ¥ 1


商品の説明

商品説明

   きわめて異色な連作短篇ミステリーといえる。これは架空の都市、香坂市を舞台に繰り広げられる5つの事件を描くものであるが、事件にはどれも超常現象が関連する。たとえば最初の短篇「横縞町綺譚」は、幽霊の住むアパートで宝石の盗難事件が起こるという話だし、表題作「銀杏坂」は、幼少時より予知夢の能力を持つ女性が、夫を殺す夢を見たので自分を逮捕してほしいと要求してくる、というくだりで物語が始まる。ユニークなのは、本作に出てくる超常現象がどれも、種や仕掛けのない「正真正銘の」超常現象であるという点だ。

   5つの事件を解決するのは、木崎という名のさえない中年刑事。まるでオカルト趣味のない彼も、初めの事件でアパートの幽霊をこの目で見てしまった以上、もはや疑うわけにもいかなくなる。しかし宝石泥棒の犯人を幽霊と推定するも、実体のない幽霊はものをつかむことができず、犯人とはなり得ない。では犯人は誰なのか?

   出色は「雨月夜」。男が夜分に後ろからすりこぎで頭を殴られケガをする、という事件が起き、被害者に婚約者を奪われた過去を持つ男性に嫌疑がかかる。彼にはアリバイがあったが、同時に彼には、寝ている間に魂が抜け出し生霊となって町を徘徊する、という癖があることも判明する…。

   謎解きのおもしろさも相当なものだが、オカルティックなモチーフの多用にもかかわらず、いやむしろそれゆえに、現代の人間の内面のリアルな反映に成功していることには何より驚かされる。そして黒沢清のホラー映画にも似た、いわゆるおどろおどろしいオカルトとは正反対の静謐(せいひつ)さを、この小説は感じさせてくれる。(岡田工猿)

内容紹介

築三十年のアパート・さつき荘には、ひとりの幽霊が住み着いていた。そのアパートの一室で、二百万円のダイヤのブローチが盗まれた! ところが容疑者は全員シロ。犯人は幽霊? 中央署の刑事・木崎と吉村は、幽霊に事情聴取をすることになるが……(「横縞町綺譚(よこしまちょうきたん)」)。北陸の古都・香坂市(こうさかし)を舞台に繰り広げられる、不可思議で切ない連作ミステリー!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 396 KB
  • 紙の本の長さ: 201 ページ
  • 出版社: 光文社 (2004/1/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B014VZKKW2
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 203,282位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2011年9月26日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
VINEメンバー
2003年2月24日
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年2月13日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク