通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
銀座ミツバチ物語 Part2 ―北へ南へ。西へ東へ... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 古本市場書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【送料無料。保証付】書き込みございません。中古品のため、カバーには多少の傷、ヨレがございます。毎日、迅速発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

銀座ミツバチ物語 Part2 ―北へ南へ。西へ東へ。地域おこしの輪が広がる 単行本 – 2015/6/18

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,471 ¥ 330

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 銀座ミツバチ物語 Part2 ―北へ南へ。西へ東へ。地域おこしの輪が広がる
  • +
  • 銀座ミツバチ物語―美味しい景観づくりのススメ
  • +
  • 銀座ミツバチ奮闘記―都市と地域の絆づくり (アサヒ・エコ・ブックス)
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 96pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

何てこった! 銀座の天空に
世界最先端の「里山」が出現している!!
―『里山資本主義』藻谷浩介氏も大絶賛!!

銀座の屋上で小さな実験がはじまってから10年。
全国の地域おこしに取り組む人たちに
深く広がった、みつばちが結ぶ絆。

【本書内容】
プロローグ―遊び心で始めた“てんやわんや”の銀座ミツバチ
第一章 銀座は世界最先端の里山だ

第二章 銀ぱちは地域おこしの震源地

第三章 急速に広がるミツバチプロジェクト

第四章 銀ぱちが結ぶ絆とソフトパワー

エピローグ―10年後、小さな町の夢が広がる

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

田中/淳夫
1957年東京生まれ。1979年(株)紙パルプ会館に入社。現在、(株)紙パルプ会館専務取締役。2006年3月、「銀座ミツバチプロジェクト」を高安和夫氏と共同で立ち上げ。2007年、特定非営利活動法人の認証を受け、NPO法人銀座ミツバチプロジェクト副理事長。2010年、農業生産法人(株)銀座ミツバチ代表に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: 時事通信社 (2015/6/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4788714159
  • ISBN-13: 978-4788714151
  • 発売日: 2015/6/18
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 649,584位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
パート2が出版されているのを偶然知り、近くの書店に行ったら一冊だけあり購入しました。
一気に読みました。色んな意味で、読む価値のある一冊です。
なお、銀座でミツバチを飼った顛末に興味がある向きはパート1(表記は単に『銀座ミツバチ物語』です)をオススメします。

過去に読んだパート1は面白かったという記憶ですが、パート2は、面白いではなく、「凄い」です!
銀座ミツバチプロジェクトの活動、考え方…、勉強させられることばかりです!
すでに都市養蜂の活動から大きく脱皮し、広く広く社会活動を展開されているんですね!
福祉、エネルギー、震災復興支援、地域ブランドの確立と発信、新しい社会のあり方……。
副題には「地域起こし」とありますが、
内容の豊富さすなわち銀座ミツバチプロジェクトの活動の多様さは、それにとどまらず想像を絶する豊富さ。日本各地でミツバチプロジェクトが起こっているとこの本で知りましたが、そこに携わる人だけでなく、地元を何とか盛り上げたい、あるいは閉塞的な社会に疑問を感じているすべての人に、強くオススメしたい一冊です。

私自身、自分にできることは何か、何かをしなければと、武者震いしているところです。
何もないと思われる地域にも、眠っている資源がたくさんあること。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 銀座、ミツバチ??? 銀座なら蝶の物語じゃないの? などと思って目次を見るとそうでもなさそう。Part2とあるから前作があるのかと思って調べたら、確かに2009年に『銀座ミツバチ物語』があるが、これは後で手に入れるとして、先にPart2から読んだ。
 これが実におもしろい。著者の田中さんが係っている銀座ミツバチプロジェクト(通称「銀ぱち」)、どうせ銀座の旦那衆の気まぐれで始まったのではと穿った見方をしたのだが、まさにその通り(笑)。ところが、その活動が10年も続いている。しかも、今では年間1トンを超える蜂蜜が採れるまでになり、銀座の飲食店や化粧品メーカーなどがこの蜂蜜を使って新商品を開発、都会の地産地消運動として注目を集めるようになった。さらに銀ぱちは日本各地の自然保護や、地域おこし、エネルギーの自給自足などの活動と連携を持ちながら、今や「地方創生」を担う一大ムーブメントを巻き起こすまでに発展。本書はそんな銀ぱちを媒介に広がった各地との交流を綴ったものだ。
 人口減少から地域消滅が危惧され、現在地方創生が叫ばれる。成功している地域もあるようだが、おおかた悲壮感が先に立ち、どうやって地方再生、活性化させたらよいのか悩んでいるところが多いと聞く。地方創生の処方箋と名を打った解説本が数多く出版されているが、本書は、読み物としておもしろく、そのうえ、自治体、NPO関係
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック