Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432
ポイント : 336pt (77%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[福本 伸行]の銀と金 1
Kindle App Ad

銀と金 1 Kindle版

5つ星のうち 4.7 25件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 銀と金の11の第1巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 170ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【Kindleコミック試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


まとめ買い

商品の説明

内容紹介

裏社会で頭脳と心理戦を駆使して巨万の富を得ていく男達の活躍を描いた賭博コミック。競馬でスッカラカンになってしまった森田鉄雄(もりた・てつお)は、平井銀二(ひらい・ぎんじ)に声をかけられ、日当10万円の仕事を持ちかけられる。そして翌日、みかん箱10箱を運んだ森田は、その箱の中には不正融資で得た10億円が入っていると平井から知らされて……!?「カイジ」「アカギ」と並び称される福本伸行の代表作の一つ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 130140 KB
  • 出版社: フクモトプロ/highstone, Inc. (2013/7/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00E0DMA38
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
一回読んで終わりという類のモノではないです
何回読んでも飽きさせないのが著者の作品であり
この「銀と金」はその代表格であると思います
個人的に福本氏の作品で好きな所は
理論・人間の心理、そして最後の拠り所をとてもうまく表現していて
他にはない面白さがあります
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
福本さんのマンガの中でも、"裏社会"という主旨で簡単に一くくりにできない
多種多様な展開が面白い作品です。
簡単には、裏社会の帝王、銀二と磨けば光る新入り、鉄雄がコンビを組んで
様々なで業界の巨悪達と勝負する話。裏の裏を掻くギリギリの駆け引きが醍醐味!
どこからこんなにアイデアがでるんだろうと感服します。
福本マンガ無知の方ならいきなりこの絵が表紙のマンガを手にとることは
ないかもしれませんが(笑)読まないと非常にもったいないです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
カイジでこの作者を知った方には是非読んで欲しい作品です。
1ツモ5億の麻雀、負ければ死ぬまで地下で廃人として繋がれるそんな勝負。とてつもなく大きな博打に負けたときの、あの「ぐにゃぁ~」と世界が捻じ曲がるような感覚はギャンブル好きには分かってもらえると思います。(役満祝儀1兆4千億にはぶっとび)
カイジも滅茶苦茶面白いのですが、本作に比べると「ぬるい」という気持ちにすらなってしまうようなそんな作品です。
ただあまりにテンションが高すぎたためか、現在に至るも休載中なのが悔やまれます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
極限状態における心理戦、勝利のための論理の積み重ねを巧みに描いた
福本氏の魅力が凝縮された作品。
ギャンブルだけでなく、殺人鬼とのバトルなどアクション的要素もあり、
中だるみすることなく一気に読ませてくれる。
億単位の金を動かしながらも、ワルになりきれない主人公・森田が
善人のために戦う姿も見たかった。是非とも続編を希望する。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
競馬で有り金すってばかりのフリーターが、天才フィクサーと共謀し
闇の世界を駆け上がっていく話(未完)。
カイジで大ブレイクした福本伸行のカイジより前の作品である。
未だに福本最高傑作との声も高く、連載再開を熱望されている。
この作品の魅力は、(カイジに於いても言えることなのだが)
一歩間違えば敗北という極限状態で、時に数百億という大金を、
時に命そのものをやりとりするこの緊迫感だ。
独特の画風がそれを助長し、次第にこの絵でないと満足できなくなる。
一巻はまだまだ序の口で、ギャンブルをやっていないからといって
ここで読むのをやめるは、あなたの人生にとって大損害であると言って過言ではない。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
カイジで知られる福本氏の隠れた名作。
話のテンポという点でカイジより「銀と金」のほうに軍配!

全11巻ですが、連載途中でのむりやり終了感があるように思うので
再開を望む声も含めて・・・☆4つ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 夢草 投稿日 2006/10/18
形式: コミック
社会がこの本の内容に書かれている真実に気づくには、痛い思いをして闇の世界を体験するか、このような資料に出会うしかありません。
もっと早く知っていればと強く思うほど人間の本質、それからなる社会の本質が書かれています。著者の作品はマネーに関する作品が多いという印象ですが、特にリアリティのある広い意味での社会のマネーについて表現されています。
内容にある仕手戦については、最近出版された、その筋に近い人の本に書かれていた事と、ストーリーについては色々なパターンがありますが、ニュアンス的には全く同じで、今出版社が売りたいものを10年以上前にまさにリアルな時間に書かれているのだから、いろんな意味で驚きです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
競馬ですっからかんの冴えない青年・森田。そんな森田の人生は銀との出会いで180度変わる。銀は森田に仕事を持ちかけ、不正融資の情報を使って簡単に10億円を手にする。恐喝というのは、元手無しでも可能な最上の金儲け。ただし命の保証は極めて低いから、素人さんならはした金で情報を売るくらいがいいところ。それを自分で大金に買えてしまうことだけを見ても、銀の実力は相当のものだ。
森田は銀のところに金を借りに来る人達を見て、金の無い奴は、絞られるか、奪われるか、殺されるしかないと教わる。
森田は「銀の仲間になりたい」と言う。そして、そんな森田に対し、銀は仕事を持ちかける。
「殺人に手を貸せば、5000万円の金をやる」
しかし森田は断る。銀は、金よりも他のことを優先する森田の姿勢を評価し、仲間に加わることを認める。
銀は言う。
「殺すな。殺すと世界は広がらない」
と。この台詞を聞いて、会社にもいえることかも..と思った。自分にとって都合の悪い人間を次々とクビにしてしまう経営者の将来はきっと暗い(-。-;)
森田の最初の仕事は株の仕手戦。詐欺の基本は、カモられている人間を見つけ、カモっている側の人間を逆ににカモること。カモっている側の人間は大概、大金を持っているから、リターンは大きい。今回の仕事も、相手が大きいだけに大金が期待できるぞ。
次巻へ続く。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover