通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鉄道員/ラブ・レター (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 kitagawa777
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 小口に少ヨゴレ有り。表紙カバーに少スレ・少イタミ有り。折れ等。その他出品のガイドラインに準じます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鉄道員/ラブ・レター (講談社文庫) 文庫 – 2004/6/15

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,341
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 198
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鉄道員/ラブ・レター (講談社文庫)
  • +
  • 壬生義士伝 7 (画楽コミックス愛蔵版コミックス)
  • +
  • 壬生義士伝 5 (ホーム社書籍扱コミックス)
総額: ¥1,900
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

感動の直木賞受賞作を漫画化
やさしい涙がとまらない

かつて炭鉱の町として栄えたが、今はさびれたローカル線の終点となった幌舞(ほろまい)駅。駅長の乙松(おとまつ)は、幼子を亡くした日も、妻と死別した夜も、独り駅を守り続けた。定年と廃線を間近に、実直な老鉄道員に起きる愛と感動の奇蹟! 涙なしには読めない浅田次郎の直木賞受賞短編2作を、名匠ながやす巧が完全漫画化。

完成された劇画版「鉄道員」「ラブ・レター」は、まさしく圧巻であった。作品を拝見して、私の芸術観が覆った。冒頭にある幌舞駅の夜の情景。神ですらこれほど美しい風景は容易に造れぬであろう。
――浅田次郎
小説「鉄道員」「ラブ・レター」。このふたつの作品から伝わってくる感動こそ、長い間僕が漫画で描きたいと求め続けてきたテーマだったのです。漫画化出来た事は、生涯の記念になりました。
――ながやす巧


登録情報

  • 文庫: 292ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062748266
  • ISBN-13: 978-4062748261
  • 発売日: 2004/6/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 57,290位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 しょーん 投稿日 2015/10/19
形式: 文庫 Amazonで購入
ラブ・レターは何度読んでも泣いてしまう。文と画が昇華した傑作。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ながやす巧が描く「鉄道員」をアフタヌーン誌上で読んだのは、高倉健&広末涼子の映画公開のころだったと覚えています。浅田小説の信者だったワタシは、映画のタイアップマンガなんて・・・と思いながら読み出して、その完成度の高さにしっかりと号泣したのでありました。後に単行本が出たのは買い漏らして今に至り、このたびコンビニの棚で十数年ぶりに文庫版に再会して、冬の夜の美しい怪談に再び涙したのでした。 もう一編の「ラブ・レター」は初見で・・・これも良く描けているじゃないか〜。 全力でオススメです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最初小説を、次にこのながやす氏の漫画を読んで2度泣けました。
実は私の父がこの漫画の主人公『乙松さん』に顔がそっくりなんです。
父も同じように娘(姉)を亡くし、母に先立たれて全く一緒。
だから余計に父の姿とダブってしまうせいか、感情移入してしまうのか、
何度読んでもジーンときます。
たいてい、小説の漫画化は原作と「ちよっと違うなぁ」って思う作品が
多いのですが、この作品は小説に勝るとも劣らない作品に仕上がっています。
人に自信を持って薦める事の出来る数少ない1冊です。
高齢の方でも十分読むことが出来る作品ですので、是非読んでください。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
2作品とも、ながやす巧氏の圧倒的な「線の書きこみ」を味わえ、かつ、小説の雰囲気が損なわれていないという幸せな組み合わせである。

ながやす巧氏の作品は人物描写も良いのだが、なによりもその情景描写が圧巻であると思う。

「鉄道員」では雪の中の駅のシーン、「ラブ・レター」では千葉の田舎町の雨の夜のシーンが良い。

原作の漫画化・映像化において、原作者が決して納得がいっていないだろうと思われる作品も少なくない中、本書の浅田次郎氏の後書きには、この漫画化が素晴らしいものであったことが表れている。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
同名の小説のほうを買おうと思ったんですが間違って漫画版のほうを買ってしまったぁぁぁぁ!

私みたいなドジはあまりいないと思いますが気を付けましょう・・・・

評価はこちらの本は読んでいないので★3とさせていただきました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 スマイラー VINE メンバー 投稿日 2014/3/13
形式: 単行本
菅野美穂の若かりし頃の作品、初めて聴いたのはラジオドラマだった。
たまたま、ラブレターを聴いたのだが、感激してしまった!
知らず知らずに物語りに入り込んでしまいラストは号泣だった。
下条アトムさんの落ち着いた語りと菅野さんの熱演、これが忘れられない
機会があったらぜひ・・・
推薦したい作品の一つだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
美しい情景も人の表情も繊細さが絵の中に込められてます。
大人をうならせ、泣かせるマンガだと思います。
どちらの話も良いですが、私は現実味のあるラブレターの方が好きです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
原作 浅田 次朗と マンガ家 ながやす功のタッグの最高作品です。

人情物を良く描いているながやす功ですが、鉄道員での描写は見事!の一言につきます。

自分の子供が死んだ時の回想シーンや、最後のキハの描写には泣けました。

ラブレターも短編作品ですが、偽装結婚ながら白蘭からのラブレターの一途さと吾郎の受け止め方にも一見の価値があります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー