中古品
¥ 125
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆表紙に若干の使用感はありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鉄道ジャーナル 2017年 02 月号 [雑誌] 雑誌 – 2016/12/21


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2016/12/21
¥ 21
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

特集:東京五方面 から半世紀

○ 湘南電車 67年目の今
○ 品鶴線ものがたり
○ 中央線快速の真実

■ 「東京五方面」とは、国鉄が首都圏の通勤輸送の抜本的な改善を図るべく長期計画に組み入れて着手した主要線区の線増プロジェクトのことで、東海道本線をはじめ中央、 東北、常磐、総武の各方面を指しています。
これらの各線は現在までに複々線以上になっていますが、その多くはこの「東京五方面作戦」によって実現したものです。
その後に引き続いて実施されたさまざまな改良によって湘南新宿ラインや上野東京ラインへとつながっていますが、今回、品鶴線を含む東海道線、 そして中央線を中心に列車ダイヤや利用状況などの現状をご紹介しました。

■ 東海道線では品川駅の改良が目下の大きなプロジェクトですが、先ごろ列車を運休して実施された工事の模様もお伝えします。

■ 通勤電車の中にあって今も東海道線を華やかに彩る列車が185系の「踊り子」号です。
デビュー当時の車体色に戻って快走する185系電車の現状をまとめ、その活躍ぶりを表紙にも起用しました。

この雑誌について

鉄道関係全般の話題をグラフで紹介


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 成美堂出版; 月刊版 (2016/12/21)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M8LYFYG
  • 発売日: 2016/12/21
  • 梱包サイズ: 25.9 x 18.8 x 0.7 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう