Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 324
ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[手塚治虫]の鉄腕アトム 別巻 1
Kindle App Ad

鉄腕アトム 別巻 1 Kindle版

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 鉄腕アトム 別巻の2の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 324
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 191ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


まとめ買い対象商品(2冊)

商品の説明

内容紹介

アトム復活の物語からアトムの最後まで、ブラック・ジャックやビッグXなど手塚漫画のキャラクター総出演で贈る傑作バラエティー。各種の雑誌、新聞等に掲載されたアトムのエピソードを集めた"アトム番外編"第1巻!"

【目次】
第1話 アトム還る
第2話 爆弾列車
第3話 偏差値王国との対決
第4話 アトムの初恋
第5話 ひょうたんなまず危機一発
第6話 アトム二世
第7話 わが名は百科
第8話 おまえが犯人だ
第9話 アトムの最後

著者について

手塚 治虫
1928年、大阪府豊中市に生まれ、兵庫県宝塚市で育つ。大阪大学付属医学専門部を卒業後、医学博士号を取得。1946年、「マアチャンの日記帳」で漫画家デビュー。1962年には『ある街角の物語』でアニメーション作家としてもデビューする。おもな作品に、漫画では 『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』その他多数、アニメーションでは『展覧会の絵』『ジャンピング』その他多数あり、全400巻の『手塚治虫漫画全集』(講談社)も刊行された。宝塚市には手塚治虫記念館がある。1989年に死去。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 88038 KB
  • 出版社: 手塚プロダクション (2014/4/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00JPXEQEO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 どんぐり定食 トップ500レビュアー 投稿日 2016/12/2
形式: コミック
アトムのスピンオフ作品集とでもいうんですか、面白かったです。ブラックジャックでたり。
「機械」を通した人間社会に対する皮肉、ブラックユーモア絡めて各エピソード新鮮でしたが、最終9話の「アトムの最後」はヘビーですね・・・
ネタバレ防ぐため詳細は控えますが、軽くトラウマになりそう・・・容赦ないです。子供が見たら泣きそう。大人の自分は最後の最後ですごい読み応えって感じでした。機械が支配する近未来ホラー、悲劇とでもいうか。あくまで短編なんで小気味もいい、それでいて迫力も増すと言いますか。
ただ全1ページの「アトムの初恋」だけよく意味が分からない、あと表紙のウランちゃん殆ど出番なし(^^;
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
天馬博士が批判されている真相の手がかりは
天馬博士の主張である「ロボットは人間の奴隷だ」なのである
「ロボット」とは「文明の産物」である
これは「文明の産物は人間の奴隷」を意味する主張である
つまり「文明支配主義者」特有の主張を天馬博士は主張したため
天馬博士は批判されているのである
つまり自分みたいな受けてのことを作家達は「本気で嫌がってる」事も判明する描写なのである
そして世界各国で報徳思想の見直しが行われているとは
「天馬博士は正しかったと認めようよ」を意味する世界情勢なのである
言い換えれば「作家達は間違っている」をも意味する世界情勢である
これが「本当に頭のよい人は作家にはならない」の真相でもあることをも意味している
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
物語は宇宙空間を漂うドロドロに溶けたアトムを宇宙人が助けるところから始まる。
子供の頃に読んだこの巻の内容があまりに衝撃的だった。
再度kindleで購入し数十年ぶりに読んでみた。
太陽の異常な活動により未曾有のパニックになった地球を救うため
核爆発抑制装置を抱えて太陽に飛び込んでいったアトム。
この場面の事はよく知らないがアトムの活躍で人類が救われたのだろう。(多分)
これはその後のお話し。
遥かなる時が流れ、気の遠くなるような距離を漂い助け出されたアトム。
新しく改造してもらった姿が三つ目で結構いけている!
地球へ帰れることになったアトムを待ち受けていたのは全く知らない地球。
原始人やしゃべる動物人間、そして巨大ロボット。
ドキドキのストーリー展開ではあるが釈然としない部分も…
アトムとともに地球へ行くことになった宇宙人のロボット「スピカ」
スピカは地球をスパイする目的もあってアトムとともに地球に来た。
しかし原始人を助けるためアトムと別行動となる。
そのスピカの最後のセリフは
「いけない。アトムの事をすっかり忘れてた」
その後スピカは出てこない…
手塚先生スピカの事忘れちゃったんでしょうか!?
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover