中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鉄縋 (講談社文庫) 文庫 – 2005/7/12

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

個性派FBI捜査官VS知能派爆弾犯の対決大都会シカゴに移動も無害化も不可能な超大型爆弾が仕掛けられた。自らも犯罪に手を染めているFBI捜査官など、個性豊かな精鋭たちが知能犯の罠に立ち向かう!

内容(「BOOK」データベースより)

大都会シカゴの刑務所に、移動も無害化も不可能な超大型爆弾が仕掛けられた。自らも犯罪に手を染める(!)FBI捜査官キンケイドは、正義感の強い同僚オールトンとコンビを組み、捜査に当たることになる。だが、緻密にして大胆な犯人の真の目的が明らかになったとき、事件は思いも寄らない方向へ動き出す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 464ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/7/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062751488
  • ISBN-13: 978-4062751483
  • 発売日: 2005/7/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 736,711位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
今回もデヴリン捜査官は主人公ではありません。

かっこいいヒーロー像とはほど遠いジャックはある事件を通して、その持ち前の才能を取り戻していきます。

そのジャックの生き方と、相棒の捜査官とのつかの間のお互いの刺激・友情がベースになった、読ませる、止まらせない小気味よいテンポのよいストーリーだと感じました。

あっという間の読書時間になることは請け合いです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あきぞう 投稿日 2006/2/25
形式: 文庫
ダメダメな主人公が、だんだんとカッコよくなり、他の登場人物も読むほどに魅力的になっていきました。本物のFBI捜査官だった著者ですので、人間関係がリアルです。とことん落ちた主人公がどうやって更正するのか・・・?という気持ちで読み進み、結果はハードボイルドでした。個人的にはシリーズものにして欲しかったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「目撃」を読んで以来、ポール・リンゼイの作品を読むのはこれで2度目。

いつも書店の洋書コーナーはチェックしていたが、彼の2作目以降の作品を店頭で見かけることはなかった。(地方なので)

 つい先日、偶然に本書を発見し、すぐさま購入。デヴリン捜査官シリーズではなかったものの、やはり彼の作品はフィクションでありながら、著者のFBI捜査官であった経歴が随所に活かされており、妙にリアリティがあって、どんどん話の中に引き込まれていく。そして、続きが気になって読むことを止めることができないのだ。

 読後の心地よい爽快感をぜひ味わってもらいたい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告