¥1,980
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
鉄川与助の教会建築 (LIXIL BOOKLET) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

鉄川与助の教会建築 (LIXIL BOOKLET) 単行本(ソフトカバー) – 2012/3/15

5つ星のうち4.7 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/3/15
¥1,980
¥1,980 ¥1,492

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 鉄川与助の教会建築 (LIXIL BOOKLET)
  • +
  • 天主堂建築のパイオニア・鉄川與助―長崎の異才なる大工棟梁の偉業
  • +
  • 鉄川与助の大工道具
総額: ¥7,700
ポイントの合計: 99pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

長崎には全国の教会の一割以上を占める約130もの教会がある。禁教の苦しい時代を乗り越え、明治から昭和にかけて建造された。多くは隠れキリシタンの存在と同じように決して華やかな場所に立っているわけではないが、その佇まいは凛として、人々をやさしく包み込む。
本書では、棟梁建築家として長崎の教会建造に惜しみない情熱を燃やし続けた鉄川与助による教会建築の軌跡を、風土色豊かな撮り下し写真とともに辿る。戦前のものだけでもおよそ30棟の教会を建て、うち4棟もの作品が国指定の重要文化財となった類い稀な才能をもった設計者だ。
長崎・五島列島の大工の家に生まれた与助(1879-1976)は、教会建造の手伝いがきっかけで生涯に数多くの教会建築を手がけた。28歳で初めて設計・施工をした木造教会を皮切りに、煉瓦造、石造、鉄筋コンクリート造、また内部空間においてもより高い天井をめざしてリブヴォールト天井や折上天井などの工法を極めるなど、一歩一歩技術を高めながら五島を中心に九州各地で次々と教会を完成させた。技術習得の上で与助に強い影響を与えたド・ロ神父の仕事にも触れながら、信者の夢を叶えるための教会建造に挑み続けた与助による作品を、今なお祈りの地として訪れる人が多い五島列島を中心に厳選し、ディテール豊富に図版構成で紹介する。
論考では、キリスト教の弾圧と迫害の歴史を経て生まれた長崎の教会を建築史的視点で、そして様々な素材を使いこなし、創意工夫を重ねてきた与助の教会建築の魅力をそれぞれ語ってもらう。また、与助の人となりや棟梁としての与助像を、彼を直接知る著者たちが記す。最後に大工道具から窺える質素かつ堅牢を旨とした与助の建築哲学を綴る。
五島列島の美しい風景を垣間見ながら、鉄川与助の教会建築を詳細にひも解く初の書籍。

著者について

林 一馬 HAYASHI Kazuma
長崎総合科学大学建築学科教授。建築意匠・歴史専攻。1943年奈良県生まれ。京都大学大学院工学研究科博士課程修了。長崎県文化財保護審議会委員、長崎の教会群を世界遺産にする会会長などを務める。著書に『長崎の教会堂』(九州労金長崎県本部)、『長崎県の近代化遺産』(共著、長崎県教育委員会)、『伊勢神宮・大嘗宮建築史論』(中央公論美術出版)他。


川上 秀人 KAWAKAMI Hideto
近畿大学産業理工学部教授。建築史専攻。1948年福岡県生まれ。九州大学工学部建築学科卒業。85年「長崎県を中心とした教会堂建築の発展過程に関する研究」で博士号取得。教会堂建築の修理・復元にも関わる。著書に『NHK美の壺 長崎の教会』(監修・著、NHK出版)、『大いなる遺産 長崎の教会』(共著、智書房)、『長崎の天主堂』(共著、技報堂出版)他。


土田 充義 TSUCHIDA Mitsuyoshi
鹿児島大学名誉教授、NPO法人文化財保存工学研究室理事長。1937年満州(中国東北部)生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。建築史専攻。九州大学助教授を経て、87年より鹿児島大学教授。退官後NPO法人を設立、文化財建造物や歴史的町並みの調査・修復・保存などの活動に携わる。著書に『近代日本の異色建築家』(共著、朝日新聞社)、『八幡宮の建築』(九州大学出版会)、『中国湖南省の漢族と少数民族の民家』(編・著、中央公論美術出版)他。


鉄川 進 TETSUKAWA Susumu
建築家。(有)鉄川進一休建築士事務所主宰。博士(工学)。1956年長崎県生まれ。79年長崎大学工学部構造工学科卒業。2002年長崎大学大学院海洋生産科学研究科終了。銭高組、鉄川工務店を経て、04年より現職。長崎の教会群を世界遺産にする会の設立発起人、(社)長崎県建築史会長崎支部長、長崎大学工学部非常勤講師なども勤めている。


山田 由香里 YAMADA Yukari
長崎総合科学大学建築学科准教授。建築歴史・意匠専攻。1973年富山県生まれ。神奈川大学工学研究か博士課程修了。平戸市教育委員会オランダ商館復元推進室などに勤務後、2007年より現職。「海を渡った大工道具展 ― オランダ・ライデン国立民族学博物館コレクション」開催実行委員(2000年)。平戸の町並調査とまちづくりに関し、第1回日本都市計画家協会楠本洋二賞最優秀賞受賞(09年)。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 76ページ
  • 出版社: LIXIL出版 (2012/3/15)
  • ISBN-10: 4864805008
  • ISBN-13: 978-4864805001
  • 発売日: 2012/3/15
  • 梱包サイズ: 20.6 x 20.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 443,750位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
評価の数 3
星5つ
73%
星4つ
27%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2016年12月18日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年5月4日
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告