通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鉄人Q (少年探偵) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 プロペラ書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 裏表紙カバーに折れがありますが、それ以外外観に目立った汚れ、キズ等の問題はありません。中身も書き込み、折れ、汚れはなく、コンディションはまずまずです。発送につきましては受注確認後2日以内に、クリーニングの上、ゆうメールにて発送させて頂きます。万が一品質に不備があった場合は対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鉄人Q (少年探偵) 単行本 – 2005/2

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鉄人Q (少年探偵)
  • +
  • 仮面の恐怖王 (少年探偵)
  • +
  • 電人M (少年探偵)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 46pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

少年がその老人に会ったのは近くの公園だった。老人は「世界があっと驚く発明をしている」という。これもいつものワナか!?
--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

老科学者のすばらしい発明が、ついに完成した。北見君が特別に見せてもらった発明品、それはすぐれた頭脳を持つロボット。人間そっくりにつくられた「鉄人Q」だった。ところが、鉄人Qはとつぜんあばれだし、科学者のうちをとびだした。町で不可解な行動をおこすQ。さらわれた小さな女の子のゆくえは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 181ページ
  • 出版社: ポプラ社; 文庫版 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591084329
  • ISBN-13: 978-4591084328
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 13.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 269,699位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本作品はシリーズ21作目にあたり,そろそろ終盤にさしかかるころに書かれた作品です。

前半では,得体の知れない不気味さを感じさせつつストーリーが展開され,後半では,少年探偵団と怪人二十面相との冒険活劇がくり広げられます。
特に,シリーズの読者にはお馴染みの「ポケット小僧」が活躍する点,また,少年探偵団の「七つ道具」の詳しい説明がある点は,少年読者をぐいぐい引き込む効果を持っています。

もっとも,おとなの目で見ると,従来のトリックの使い回しが目立つのですが,少年にはあまり気にならないと思います。自分もそうでしたが,ヒーローの活躍するストーリーにはある程度の「お約束」があるとわかっていながら楽しんでいましたから。

したがって,本作品の評価も,大人の目で見るか少年読者の目で見るかで異なるのはしかたがないのでしょう。なお,少年時に本作品に触れた僕は,文字通り胸を躍らせながらむさぼり読んだ記憶があります。
そして,おとなになって読み返してみても,それは色褪せない迫力をもってせまってきます。

作品の技術的評価は別にして,少年探偵団らしさを楽しめる作品として,現代の少年読者にも薦めることができると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック