中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鉄を削る―町工場の技術 (ちくま文庫) 文庫 – 2000/8

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 9,800
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

町工場から生まれる〈やわらかな技術〉が、大企業の工場ではできない仕事をこなしてしまうのはなぜか。ありふれた旋盤を使って鉄を削る仕事のなかで、耳は切れ味を聞き、鼻は鉄の匂いをかぐ。よい工場はよい道具を作り、結果として〈人〉もつくりあげてしまう。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

日本の最先端技術を基礎からささえる町工場。その町工場で旋盤工として50年間、働きつづけてきた著者が、知恵に裏づけされた職人技と、粋な職人魂をいきいきと描き出す。世界にも通じる日本の町工場の技術とそこに暮らす人びとの姿から不況を生き抜く術が見つかるか。


登録情報

  • 文庫: 217ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2000/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480035788
  • ISBN-13: 978-4480035783
  • 発売日: 2000/08
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 535,568位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 何年か前に、ある講演会で著者の話を聞いたことがある。
 座っているより立っている方が楽だから、と、立ったまま話をしてくれた。
 話すことすべてに経験の裏付けがあり、興味深く、説得力があった。
 現場で旋盤を使っているような職人の中から一千万プレーヤーを出すのが夢だと言っていた。製品化にあたって重要な部分を支えているのに、日があたらないのだ。
 その後、やはり京浜工業地区で会社を経営している人の話を聞いたが、管理職手当と合わせて一千万を越える人は出ているが、現場の仕事だけでは難しい、と言っていた。
 この本が書かれたのは一九八五年。もう十五年以上前のことだが、おそらく、書かれていることは今でも当てはまることばかりだろう。
 原発で事故があったときに、ステンレスで作るべき製品が銅合金で作られいたのが原因だとわかった。それを聞いた、著者の同僚は、「ひとめ見ればわかりそうなものじゃねえか」といぶかしがる。「自分の眼で、金属の光沢や色あいでみわけることもできずに、貼ってあるラベルを信用したことが、彼にはむしろ不思議だった。」(p18)という。
 ものを見る眼が失われているのだ。
 現代社会に警鐘を鳴らす本でもある。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
旋盤工は地味。旋盤工は暗い。旋盤工は所詮旋盤工。
「工学」を志す若者にさえそうした認識があるという。
しかし本書を読めば、そんな浅薄なイメージは音を立てて崩壊する。
寡黙な旋盤工の発想は縦横かつ無尽なこと極まりない。
そこには経験と知識が智恵にまで昇華した
もの作りの本質が形となって現れている。
誰も考えつかなかった工具を作って平然と仕事をこなす親父がいる。
金属の種類を味覚で判別する親父がいる。
その想像を超えた熟練ぶりにはただ驚くばかりだ。
著者は50年のキャリアを持つベテランの旋盤工である。
旋盤工に多弁な人は少なく、自分の技術も明け透けには語らない。
よって旋盤工自らが筆を執り、もの作りに力を注ぐ人々の
様々な世界を描いた本書は貴重!!である。
心温まるエピソードが多い中でも、悲しいかな、
実践家たる現場の人々と机上の理論家との
埋めがたい隔たりを感じさせる話もあった。
工作機械の働きを知れば
本書をより一層楽しむことができるだろう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 いと トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/1/26
形式: 文庫
その後作家に転向され賞も多く、現在は講演でも活躍なさっている著者の作品。
旋盤工50年ということで、文章の修業はなさってこなかったはずが、
たいへん読みやすい文章で一気に読める。

エピソードとしては、「ホルンの音の差は、99.99%の真鍮にあるのではなく、
残りの0.01%の不純物にある」「新聞紙の厚みの百分の一の誤差までは機械で磨けるが、
それ以上は手でみがく」などが印象的だった。

文庫サイズでは、手書きの図や表は見えないのでその分4点に
させていただいた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
かつて旋盤工は自ら工夫したバイト(切削用刃物)を作って鉄を削っていたが、大規模企業から始まった合理化の波が町工場にも押し寄せ手造りバイトはスローアウェイチップ(刃先交換型刃物)に置き換えられた。このスローアウェイチップ黎明期のラインナップ拡充は旋盤工が工夫したバイトが見本となった。現在では自らバイトを作る旋盤工は絶滅しスローアウェイチップのラインナップから選んで使う様になった。しかし今スローアウェイチップの拡充ペースは伸び悩んでいると言う。旋盤工が「造る人」から「使う人」に変わり、バイトへの新たな要求が出ないのだそうだ。80歳を超えて文庫本出版当時も旋盤工として鉄を削る筆者は「選んで使うところに進歩は無い、造るところに進歩が生まれる」と言い切る。また「もっと怖いのは、選べるバイトで削れる物しか作らなくなる事」とも言う。「日本の生産技術は今なお高い」との論調は多いが人を機械の一部として扱う効率最優先の現場で起きている変化は日本の製造技術力にも大きな影響を与えている可能性が見出される。他にも現場でのエピソードから現在の製造業の現況を見通す見識の高さ、広さは旋盤工を極めた筆者ならでは。色々な示唆を得られる内容は下手な評論家の本や教科書とは比べ物にならない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告