この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


金谷俊一郎のセンターはこれだけ!日本史B〈古代・中世・近世〉―新課程 (シグマベスト) (日本語) 単行本 – 2005/8/1

5つ星のうち4.4 4個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥838
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

「センター試験で日本史を選択することは不利だ」と、よくいわれます。
そのため、「実は日本史が好きなんだけど、センター試験を考えて公民を選択した」という声もよくききます。
しかし、センター試験の日本史は決して難しくありません。
ほとんどの受験生が、方法論を誤っているため、センター試験の日本史を難しく感じているのだと考えます。
例えば、多くの受験生は、必死になって歴史用語や年号を暗記します。
しかし、実際のセンター試験の問題では歴史用語も選択式ですから、丸暗記の必要もありませんし、年号においては滅多に出題されません。
もちろん、日本史を学習する上で、歴史用語や年号の暗記が不要であるといっているのではありません。
しかし、センター試験が、歴史用語や年号の「丸暗記」を要求していないのも事実です。
そこで、センター試験で高得点を取るためには、どのような方法論をとればいいのかを、本書で具体化しました。

私は授業でいつも「センター試験の日本史は難しくない」と言い続けています。
それに対して多くの受験生から
 「それでは、どう勉強すれば良いの?」
という声を多くいただきます。
本書は、それに対する私なりのせいいっぱいの回答です。
本書を通じて、一人でも多くの受験生が「センター試験の日本史は難しくない」と思っていただき、日本史を選択してくれれば、著者としてこれ以上の喜びはありません。


登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
評価の数 4
星5つ
70%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
30%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2014年11月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年3月8日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年1月18日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年2月20日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告