中古品
¥ 150
+ ¥ 300 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

金融危機の本質は何か―ファイナンス理論からのアプローチ 単行本 – 2009/1/1

5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 123
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

証券化やCDSは悪魔の発明か?最先端の金融を理解するためのファイナンス理論の基礎。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

野口/悠紀雄
1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業。64年大蔵省入省。72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年より早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書に『情報の経済理論』(東洋経済新報社、1974年、日経・経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、1980年、サントリー学芸賞)、『土地の経済学』(日本経済新聞社、1989年、東京海上各務財団優秀図書賞、日本不動産学会賞)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、1992年、吉野作造賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 329ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2009/1/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492601775
  • ISBN-13: 978-4492601778
  • 発売日: 2009/1/1
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 579,183位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー
2015年3月25日
形式: 単行本|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年8月24日
形式: 単行本|Amazonで購入
2009年4月19日
形式: 単行本|Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年2月11日
形式: 単行本
ベスト1000レビュアー
2012年10月2日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2009年3月22日
形式: 単行本
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー