¥ 1,836
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
金融ワンワールド 地球経済の管理者たち がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

金融ワンワールド 地球経済の管理者たち 単行本 – 2012/4/20

5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,279

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
  • +
  • 京都皇統の解禁秘史 天皇とワンワールド(国際秘密勢力)
  • +
  • 南北朝こそ日本の機密 現皇室は南朝の末裔だ (落合秘史)
総額: ¥5,724
ポイントの合計: 174pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

日本と世界の金融経済の裏のウラを熟知した男、15年ぶりの書き下ろし!

地球経済を統べる者たちは実在する・・・・
ロンドンの金融界にビッグバンが生じた経緯を見れば、世界の金融カジノに隠れオーナーが存在していることが容易に察せられる。それは通貨を創造して通用させ、国家に貸して金利を得てきた勢力、彼らこそが「金融ワンワールド」なのである。

金融ワンワールドの正体、そして日本に渡来した分流の歴史・・・・
ギリシャ国債の元利が免減され、同国債保有者に支払われた金利は実質的にマイナスとなり、日本から始まった「ゼロ金利」が先進各国に拡散する。日本では最高裁判決により、サラ金がこれまで収奪してきた過払い利息の返還が命じられた。これらはともに、世界権力が国家に、国家権力が個人に介入する「金融社会主義化」の動きである。今後の地球経済を予見するには、正体が分からぬままユダヤとか国際金融勢力と呼ばれてきた「信用通貨創造勢力」の淵源と沿革を知ることから始めねばならない。

内容(「BOOK」データベースより)

地球経済を統べる者たちは実在する…ロンドンの金融界にビッグバンが生じた経緯を見れば、世界の金融カジノに隠れオーナーが存在していることが容易に察せられる。それは通貨を創造して通用させ、国家に貸して金利を得てきた勢力、彼らこそが「金融ワンワールド」なのである。学校では教えない、世界のカネを支配する者たちの秘密。すべてを知り尽くした男、復活の書き下ろし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 260ページ
  • 出版社: 成甲書房; 初版 (2012/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880862894
  • ISBN-13: 978-4880862897
  • 発売日: 2012/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 2 x 13.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 156,796位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
著者の落合莞爾氏は野村証券でM&Aの仲介業務を立ち上げた一人で、経営難に陥っていた日活を、当時はだれも思いつかなかった株式の増減資を使って負債を圧縮する方法で再生し、”兜町の天才仕掛け人”と呼ばれた人物だ。今はやりの上場企業の私的再生の原形を作り上げたといってもいいだろう。その落合氏が、仕事を通し感じた矛盾の中からユダヤ人問題に行き着き、掘り下げ研究したのがこの一冊。今は歴史研究の中で日本や世界の構造を分析する著者だが、こうした研究の入門書でもある。さらに本書はなぜ著者がユダヤ人問題に行き着いたのか、落合氏の半生を通して描かれていることから、著者の半生記として読んでも面白い。金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
国債金融には、隠れたオーナーがいる。
それは、通貨を創造し、国家に貸し、金利を得てきた日本で謂えば「大名貸し」勢力である。

イギリスのビッグバンによってクレジット・デフォルト・スワップという倒産保険(金融バクチ商品)なるものまで生み出された。
そして、債権格付業者までも生まれた。
これらの本質はアウトソーシングであるが、保険とバクチは、同じ本質の異なる表現である。それは、表・裏ということである。

各国の金融当局は合意の上、カジノ化をせっせと進めてきた。その裏に隠れオーナーの存在があった。
問題は、中央銀行システムにある。それが、国民国家の理念に基づく公正な制度ではないということである。
先進国では、途上国が先進国の先端技術を導入し安価な労働力と結び付け世界中の工業品市場を席巻したため、深刻なデフレ・ギャップが生じた。彼らは、低金利の下で通貨を国債と交換し金利を稼ぐという略奪法式を放棄する。
金利は、通貨の賃貸料であるが日本ではゼロに近づきギリシャではマイナスとなった。先進国のゼロ金利化である。理由は、国家間・階層間の富の偏在である。
そこで、それに代わるバクチ化を導入したのであった。

CDSやデリバティブは、寡頭金融勢力が常に勝ち、機関投資家が常に
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
落合シリーズの中では、もっともノーマルで世の中で流布している偽ユダヤ国際金融カルテルの話で終始している。
安部芳裕氏、天野統康氏、高橋五郎氏、太田龍氏などの本と同じ感覚で読める。

落合氏の書籍のすごいところは、メディアや教科書が伝えない歴史の真相がされりと書かれている点。
今回も発揮されている。

プラザ合意の真相が、最後半部に書かれている。
レーガン氏にそういう意図があったとは、と驚かされる。

落合氏の作風というか書かれ方が、この後どんどん他の著者や歴史家に対して攻撃的になっていくので、
落合氏にどういう心境の変化や環境の変化があったのだろう、と疑問に思うほど「ノーマル」。

読まれることをオススメしたい一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 39tok トップ500レビュアー 投稿日 2015/6/16
形式: 単行本
 落合氏の著作は秘史シリーズ(現時点で6まで)を先に拝読しました。文中にこの本の事が度々出てきますので、気になって買い置きしてあったものをやっと最近読み終えた次第。遅いレビューで恐縮です。内容はといえば、確かに経済の話題からの導入ですがその内途中から路線が変わります。ああ、ここに著者の原点とも言うべき姿があったんだなと納得した次第。他のレビュワーの方も言っているように、期待値(分野)が異なるとがっかりしますよね、これは。落合秘史0創刊号とでも表現すべきものかと察します。経済というより、やっぱり(経済を含めた)歴史の謎に興味のある方々にお奨めです。
私としては特に「古代ユダヤという括りの人々は本来存在せず、エジプト人の宗教的な問題から仲間ながらも弾圧された一神教の人々、そしてそれらが時のファラオに捏造記録された」という話に大変驚きました。偽史追究派落合氏の思考の基点を発見した思いです。「正史に偽りあり」教科書的正論の矛盾に果敢に挑む論の数々。何といっても、客観的に聞いて辻褄が合ってしまうのが落合論の構築の妙ではないでしょうか。ただ、落合氏は後の秘史シリーズにおいて、「金融ワンワールドを著わした時には気が付いていなかったり誤解していた部分がある」と吐露されていますので今更ですが★一つ減しました。
【追記】
 尚、落合氏がこの本を著したのは3年以上も前の
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー