通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
金色の死 (講談社文芸文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 にゃんこ堂☆
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少のスレ、クスミ、ヤケ、折れ等がある場合が御座いますが概ね良好な状態です。表紙カバーが画像と異なる場合がございます。商品の発送は注文確定後3日から4日程度を要す場合がございます。発送前の点検時に問題が発見された場合はメールにてご連絡をさせていただきます。発送方法はゆうメールにて発送致します。商品到着までに、天候等により多少の遅れが発生する可能性も御座います事をご了願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

金色の死 (講談社文芸文庫) 文庫 – 2005/3/11

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,039

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 金色の死 (講談社文芸文庫)
  • +
  • 人魚の嘆き・魔術師 (中公文庫)
  • +
  • 谷崎潤一郎フェティシズム小説集 (集英社文庫)
総額: ¥2,436
ポイントの合計: 74pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『Matty式マッサージが自宅でできる! 脂肪とり! むくみとり! こりとり! 解毒棒』
足ツボ師Mattyの手のカーブや関節の形を忠実に再現し、むくみや冷えの改善、こりの解消、美ボディづくりに役立つ「解毒棒」。イタ気持ちいい刺激で、全身がスッキリ。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

潜在的な<妻殺し>を断罪

江戸川乱歩の「パノラマ島綺譚」に影響を与えたとされる怪奇的幻想小説「金色の死」、私立探偵を名乗る見知らぬ男に突然呼びとめられ、妻の死の顚末を問われ、たたみ掛ける様にその死を糾弾する探偵と、追い込まれる主人公の恐怖の心理を絶妙に描いて、日本の探偵小説の濫觴といわれた「途上」、ほかに「人面疽」「小さな王国」「母を恋ふる記」「青い花」など谷崎の多彩な個性が発揮される大正期の作品群7篇。

清水良典
『小さな王国』のような政治小説も、探偵小説も、怪奇幻想小説も、足フェチ小説も、母恋い小説も、みんな谷崎文学という偉大な大樹の、大正期の枝に生った果実である。昭和に入って谷崎文学は急速に日本の伝統に近づき、大家として飛躍的な成長を遂げた。(中略)谷崎の大正期は、決して失われた時代ではない。むしろ作家谷崎が、全力を傾けて拡大と成長に努めた時代だったのであり、その土台が彼を「大谷崎」へと押し上げたのである。――<「解説」より>

内容(「BOOK」データベースより)

江戸川乱歩の「パノラマ島綺譚」に影響を与えたとされる怪奇的幻想小説「金色の死」、私立探偵を名乗る見知らぬ男に突然呼びとめられ、妻の死の顛末を問われ、たたみ掛ける様にその死を糾弾する探偵と、追込まれる主人公の恐怖の心理を絶妙に描いて、日本の探偵小説の濫觴といわれた「途上」、ほかに「人面疽」「小さな王国」「母を恋ふる記」「青い花」など谷崎の多彩な個性が発揮される大正期の作品群七篇。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 288ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/3/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061983989
  • ISBN-13: 978-4061983984
  • 発売日: 2005/3/11
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 333,117位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「燦爛」とした文壇登場時、「文豪谷崎」をゆるぎないものとした昭和時代、いずれの時期にも非の打ち所のない名作を生んだ氏であるが、あまり知られていない大正期にも興味深い作品が多かった事を端的に示す作品集だ。むしろ芥川龍之介との論争で有名な「筋が面白いのが小説」とする持論がフルに発揮されている時期とも言えるのではないだろうか。怪奇というより「映画を観る」行為が生み出す異次元感覚と恐怖を小説で表現して見せた「人面疽」、よく言われる社会主義云々より追い詰められた主人公の理念と理性の崩壊と落ちていく様のシニカルな描写が痛烈な「小さな王国」など読者を引きずり込む威力は相当なもの。「富美子の足」での足への執着に対する冷静な解析と執拗な筆致による「足への恋文」の間で文字が行きつ戻りつする様も滑稽なほど面白い。

題名となった「金色の死」は作者がその存在を後に隠そうとした作品として有名。物語の後半、絢爛たる四文字熟語と美文の放列に頭が麻痺すること必至。そこへやがて訪れる美学に食い殺された男の「金色に塗られた肉体の死」に対する賛美とも冷笑ともつかぬ散乱したエンディング、その何とも言い様ない居心地の悪さは特筆ものだ。三島由紀夫との関連を指摘するあとがきも必読。ただ、題名に因んでか、装丁に定着し難く高価な金色を使うのはいいとしても、文庫本にしては高すぎる価格設定は何とかして欲しいものだ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック