金田一耕助の冒険 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,925
通常配送無料 詳細
発売元: jyunnaikumi
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

金田一耕助の冒険 [DVD]

5つ星のうち 4.0 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,150 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,925より 中古品の出品:1¥ 2,600より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 金田一耕助の冒険 [DVD]
  • +
  • 金田一耕助の冒険
総額: ¥5,868
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 古谷一行, 田中邦衛, 仲谷昇, 吉田日出子
  • 監督: 大林宣彦
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: PI,ASM/角川書店
  • 発売日 2001/10/25
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005OO54
  • JAN: 4997766600642
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 102,599位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

横溝ミステリーに笑いの爆弾! 超ロングセラーの金田一耕助シリーズ番外編。

◆横溝ミステリーに笑いの爆弾!超ロングセラーの金田一耕助シリーズ番外編
◆必殺ギャグやパロディをいっぱいにたずさえた奇々怪々な登場人物たちが大フィーバー!
◆大林宣彦監督のもとに、豪華キャスト&スタッフが勢ぞろい。スクリーン狭しと奔放に遊び回る

【ストーリー】
今やTVに映画に文庫本ベストセラーと、押しも押されぬ人気スターとなった、名探偵・金田一耕助と、その良き相棒・等々力警部。もじゃもじゃ頭に着物、袴の金田一は古き良き犯罪捜査を夢みるロマンチスト。等々力はそんな金田一をもてあましながらも、しぶしぶと付き合ったりしている毎日だった。今日もスケジュールの合間をぬって二人そろってCFに出演することになる、カメラの前で何とかポーズをつけようと必死になる。ところが旧式カメラに仕組んであった爆弾が大爆発した!誰かが金田一&等々力の名コンビの命を狙おうとしているのだ!

【キャスト】
古谷一行
田中邦衛
仲谷昇
吉田日出子
坂上二郎
樹木希林
熊谷美由紀
江木俊夫
小野ヤスシ

【スタッフ】
監督:大林宣彦
原作:横溝正史
脚本:斎藤耕一、中野顕彰
ダイアローグライター:つかこうへい
タイトルデザイン:和田誠

【映像特典】
◆監督インタビュー
◆予告篇
◆TV-CM

*特典内容・仕様などは変更する可能性もございます。ご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

大林宣彦監督が横溝正史の金田一耕助に挑戦した作品。マスコミの売れっ子になり、等々力警部とCMに出たりしている金田一耕助は、かつて唯一真犯人を突き止めることが出来なかった事件に再び挑む…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
公開後、さほど時を経ずしてテレビで放送されたこの作品を観た時には、何だかワケの分からない映画という印象で、その後長らく顧みることがなかったのですが、30年ぶりに観て「こんな面白い映画だったのかコレ!」と目が覚めるような衝撃を受けました。

それは多分に当時の時代の空気への、オジサンのノスタルジーもあるとは思いますが…。なにしろ全編、当時のTVドラマやCMや流行歌、角川作品を中心とした映画のパロディのオンパレード。この時代の流行や風俗に馴染んでいた人なら懐かしさだけでも2時間楽しめるでしょう。当時少年だった私には元ネタが思い出せないギャグやパロディも多かったですが、当時のネタが分からなくても昭和の空気を感じるだけで十分。金田一シリーズのセルフパロディに付いていけるだけでも楽しむのに問題はないと思います。「金田一が出てくると、なぜ次々と人が殺されるのか」「なぜ金田一は何人も犠牲者が出るまで事件を解決できないのか」といった自虐的なメタ発言が飛び出すまでのアクの強さは、この当時の日本映画としてはかなり前衛的だった事と思います。特別出演している原作者の横溝正史氏自身に「私はこんな映画にだけは出たくなかった」と言わせているのを見れば分かるように、大林宣彦監督はこの作品が決して万人に褒められないのは、分かっててやっているのです(このセリフ自体もパロディなのですが)。
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
横溝正史の短編「鏡の中の女」を基にした作品。基にしたと言っても、「鏡の中の女」の未解決事件を再び捜査するということでネタに使っているだけで、中身は映画オリジナル。映画タイトルは、「鏡の中の女」が収録された角川文庫の短編集のタイトルから取っている。ちなみに古垣と森は「柩の中の女」、片桐は「鞄の中の女」という、同じ短編集の作品に登場するキャラクターだ。

金田一耕助役は、角川映画で金田一を演じていた石坂浩二ではなく、その当時のテレビシリーズで金田一を演じていた古谷一行。等々力を田中邦衛、古垣を仲谷昇、老人ホームの彫刻家を山本麟一、文江を吉田日出子、たねを樹木希林、明智を東千代之介、石田を坂上二郎、マリアを熊谷美由紀、マリアの仲間パンチを江木俊夫、明智美術店の店員を小野ヤスシ、高木を草野大悟、蛸島を佐藤蛾次郎、たか子を赤座美代子、綾香を小川亜佐美が演じている。

念のために書いておくが、これはマトモなミステリ映画ではなく、パロディ映画である。金田一が「緑ヶ丘荘に引っ越そうと考えている」と話したり、病院坂(「病院坂の首縊りの家」)や鬼首村(「悪魔の手毬唄」)の標識があったり、中央署の床には磯川警部の名前入りの星マークがあったり、「僕は八つ墓村のバカ」と電柱に捕まって叫ぶ男がいたりと、金田一作品のネタも色々と入っている。最後のシーンでは、金田一が砂浜に
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
子供の時 塾をサボって 見に行きました。
もともと 大林監督の 夢ある感じの映画が大好きです。
意味がわからなくって 何度かみました。
ストーリーも たいした話じゃなかったのかもしれないけど 大好きな大林監督らしい 楽しい映画だったことは 覚えていましたので もちろん 買ってしまいました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 一言でいうと、変な映画である。
 つまらない、と言ってしまえばそれまでだが、なぜか妙に心惹かれるものがあるのも事実である。
 私は、金田一耕助が病院坂を行くシーンが好きだ。金田一の独白が好い。
「美しい日本も、美しい事件も、どんどんなくなっちまいますねぇ……。」
 というセリフに、作品の全てが集約されている気がする。
 この映画は、走馬灯のような、メリーゴーランドのような、あるいはジェットコースターのような作品なのだ。何も考えないで、ただ雰囲気を楽しんでいれば良いと思う。そして、遊び疲れた後の夕暮れのような、どこか淋しくしんみりとした気分に浸れば良い。
 ストーリーも、事件の謎も、結末も何も考えず、また、パロディー映画であるということさえも忘れ、理屈抜きでBGMとして観るのが、この作品の正しい鑑賞の仕方であると思った(ここで言う「BGM」とは、「バック・グラウンド・ムービー」のつもりである)。雰囲気に酔いたい気持ちがあれば、結構楽しめる部分や、味わい深いシーンも見出せる。その上でパロディーの元ネタが判れば、さらに面白さが加わるだろう。
 映画を楽しむか楽しまないかは、すべて観る側の姿勢にゆだねられている――。そのことを改めて考えさせられた。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す