この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

金田一です。 単行本 – 2006/12

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 8,000 ¥ 2,590
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 映画| キネマ旬報やシネマスクエア、映画秘宝など、幅広いジャンルの本をラインアップ。映画の本ページへ。


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

観てから読むか、読んでから観るか!? 金田一耕助の謎がいま解ける!
金田一耕助を語れば<人生>が見えてくる!「金田一の鞄の由来は?」から「金田一はナゼ、犯人をつかまえないの?」といった永遠の謎まで、『犬神家の一族』主演俳優自らが縦横無尽に綴る、初の<金田一耕助論>!

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、金田一耕助は犯人を捕まえないのか!?主演男優が綴る、金田一耕助論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 158ページ
  • 出版社: 角川メディアハウス (2006/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048949055
  • ISBN-13: 978-4048949057
  • 発売日: 2006/12
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 640,121位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
石坂浩二の金田一耕助ファンには堪らない一冊!犬神家の様々なシーンの意味を解き明かしてくれる様はまるで金田一さんの推理を聞いているようです。ところどころでシナリオからの抜粋があるのも嬉しいです。これを読んで余計、新作「犬神家の一族」が観たくなりました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
テレビで見ている石坂浩二のイメージが変わった。あのニコニコ笑顔の司会ぶりも、もしかしたらこの人の役作りかもしれないと思わせるほどの役者魂を感じた。この本を読むと、役者という仕事がどういうものかがわかる。ほかの役者たちのエッセイも読みたくなる。驚いた。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「犬神家の一族」に主演した石坂浩二が著者です。「犬神家の一族」がどんな物語
であるのかを分析している、それを通じて役者という職業について自分の考察を述
べている本ともいえます。
 役者というものは監督の指示通りに演じている職業なのかなと勘ぐっていました。
この本を読むと役になりきり、役者が演じるためには、徹底的に考えて納得してい
くことが重要であることがわかります。その結実として演技の立ち振る舞いになる
のだという。それを、「犬神家の一族」を例にとり意味が解説されています。映画
のワンシーンを深く鑑賞するための参考になるでしょうし、今までと違った角度で
演技について考えることができるのだろうと思います。著者の思考のプロセスが参
考になります。その一場面のなかにどれだけの要素があり、精選していくのかにつ
いて、試行錯誤があったことを垣間見ることができます。
 著者の役者としての息の長さが、生得的に恵まれた才能(容姿等)かつ時間をか
けてじっくりと考え、教養を深め、役を作っていくプロセスがあるからだろうと推
測しました。
 さて、どんな仕事でもしっかりと考え続け、ほんの僅かな収穫でも自分の成長に
つなげていくところが私にとって参考になった
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
石坂自身の金田一やその映画に対する思い入れが如実にわかり、エッセイとしてはいいと思います。髪の毛や鞄、帽子にまつわる話があり、なかなか趣きがあるし。
カラー、モノクロ写真が多く、文体の行間隔が広いので、実際の内容は薄いと感じられる方が多いと思います。
しかし本の構成上、廉価な文庫本にはならないと思うので、この際是非ご購読を。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
石坂氏の目を通して
市川崑 監督の演出方法を垣間見ることができて
興味深い。

役作りを通り越して、小道具さん?衣裳さん?
と、いうぐらい石坂氏の役割は多い。

フケを自分で作っているとは思わなかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告