中古品
¥ 97
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少々よごれ等あり。帯付き(少々破れあり)。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

金毘羅 単行本 – 2004/10

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 97
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,026 ¥ 454

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

臨界を超えた現代文学の到達点。
40を過ぎて自分が金毘羅だったことに気づいた「私」。幾多の危機とバッシングを奇跡的に乗り越え、野生の金毘羅へ。奇想あふれる、ぶっちぎりの「金毘羅」一代記。大反響の21世紀世界文学の誕生。

内容(「BOOK」データベースより)

戦後の精神世界を痛快に批判した問題作。奇想あふれる、ぶっちぎりの「金毘羅」一代記。時代が笙野頼子に追いついた。臨界を超えた現代文学の到達点。二十一世紀世界文学の誕生。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 296ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087747204
  • ISBN-13: 978-4087747201
  • 発売日: 2004/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 584,733位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 一頁目から唸ってしまった。“一九五六年三月十六日深夜ひとりの赤ん坊が生まれてすぐ死にました。その死体に私は宿りました”……この手があったのか!
 つまり主人公は金毘羅。女の肉体を仮の宿としている、性別のない魂なのだ。かつてミシェル・ウエルベックは「素粒子」において、モテない男の怨念を描き、最終的に、地球が性別も肉体もない生命体で満たされる未来を夢想した。しかし「金毘羅」においては、初めから主人公は性別も肉体も持たず、時に窮屈な仮の肉体に支配されながら生きる。ジェンダーの問題に取り組んできた笙野氏の、過激な設定に驚く。「女も男になれる」なんて偽善的な建前の男社会バカバカしーい。だってもとから男でも女でもないんだもーん、てわけ。
 そして小説は、太宰・三島ばりの私語りのスタイルで進むかに見えて、決してそうはならない。幼少期の世界との違和というここちよい物語に浸ろうとするたび、高笑いする金毘羅に遮られ、関節をはずされる。金毘羅は人間を嘲笑して曰く“文学の世界で語るべき事が何もないと言ってる人間は、新しく語るべき現実から目を背けているだけ”“「私などない」と言ってる人間は自分だけが絶対者で特別だと思っているからそういう抜けた事をいうのだ”“大量死で文学が無効になったという人間も爆撃テロで文学が無意味になったという人間も自分は死んでいません”。これは、精神を失った肉体の
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 uri1 投稿日 2004/11/29
形式: 単行本
「恋愛はしなければならない(人生の喜び、人間形成のため・・・等々)」
「人と人とが交流しあって、人間は成長するのである」
等々といった、近代的な強迫的な人間観を覆せ、というのがテーマ
だな、と私は思いました。
だから登場人物が一切ナシ。家族や友人とのふれあいとか色恋沙汰も一切な
し。(それらへの嫌悪はあっても!)
出てくるのは神話のカミサマの名前ばっかり。
ココロの奥底を極めた時に行き着くのは、その時どきの上が押しつ
けた仏教や神社なんかじゃなくて、極私的な土俗である、
家族もいらない、村社会もいらない、ギョーカイもいらない、ただ
この「私」が村社会的曖昧さを排除した明瞭な日本語で、言葉を吐
ければ、物書きである「私」はそれでいい。
ただ人間の身体を器に生きている「私」は、「私」であることを貫徹するために、金比羅になった--。
精神の私小説です。笙野頼子さんの無頼の精神に拍手を贈りたい。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/3/24
形式: 単行本
~壱で引き込まれ、弐でどうなることかと思わせられ、参であらぬところを引きずり回され、四で怒濤のように押し寄せる言葉と感情の奔流に完全にやられてしまい、劇的回心、とも言うべき金比羅としての自己発見のシーンに泣いた。そして最後の一文読了して茫然自失。(『レストレス・ドリーム』のラストシーンを、思わず読み返してしまった)
これまで10年以上笙~~野さんの作品を読み続けてきて、何かデビュー以来の積み重ねに対するひとつのクライマックス、でもあるような、最後の畳み掛けにはそんな勢いと歓喜を感じた。
私小説、SF、スラップスティック、エッセイ、論争、フェミニズム、シューキョーと宗教、その他もろもろを習合してついにここまでたどり着いた純文学作家の境地、これがひとつの到達点、と言われるの~~もうなずける。そしてもちろん通過点なのだと思うと怖い。~
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 里芋 投稿日 2010/6/11
形式: 単行本
スケールが大きい。
そして同時に一個人の、「生きにくさ」からの脱皮の物語でもある。
今まで生きにくかったのも当然、だって私は金比羅!だったのだから!!
「乱心した主人公」と、著者は冷めた口調でちらりと書いていますが、いいや、乱心じゃない。真実、金比羅です。と真顔で断言したい。
主人公が受けた祝福は、他者の目で見たらほんの小さなつまらない事象ではあるが、読者にカタルシスをもたらす。
こんな娘でも一生懸命育てた両親がお気の毒ではあるが(笑)
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小説って二種類あるんだなと思いました。
作品として独立しているものと、特定の作家の創作物としてうけいれられるもの。
これが笙野頼子さんの作品でなければ、成立したでしょうか。
エネルギーはありました。
でもほとんどが、なにをいっているのかわかりませんでした。
神様に託つけて、自分の不満をぶつけたとしか読めない。
笙野さんだから許される作品でしょう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック