通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
金木犀二十四区 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

金木犀二十四区 単行本 – 2012/9/1

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/9/1
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 46

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 金木犀二十四区
  • +
  • 水の都 黄金の国
  • +
  • 竜の雨降る探偵社 (PHP文芸文庫)
総額: ¥4,147
ポイントの合計: 135pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

金木犀の御神木が見守り、都心にあって古く懐かしい家並みが残る街。ここで和花屋を営む秋と山伏の岳史は、隕石が引き起こす奇妙な現象に次々と巻き込まれて……!? 異色コンビが解き明かす不思議事件簿!

内容(「BOOK」データベースより)

樹齢千二百年の金木犀が見守る昔懐かしい街。そこで起こる怪異とは―?かつての大君が愛した花の都の端にひっそりと存在する一帯、“金木犀二十四区”。ここで祖母の初と和花屋を営む秋のもとに山伏・岳史と天文台職員・敦志がやってきた。街に異変をもたらす隕石を回収しにきたという岳史たちに秋は半信半疑ながら協力しはじめる。だがその矢先「森林化」という怪現象が起こり、脅威が街を襲い始める…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 265ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/9/1)
  • ISBN-10: 4041102294
  • ISBN-13: 978-4041102299
  • 発売日: 2012/9/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 668,335位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

花が好きな花屋の青年店主・秋と、山伏の岳史がいいコンビのミステリ。
コメディタッチというのならば、秋のばあちゃん・初と岳史の知り合いの敦志もいいキャラクタ。
特に初ばあちゃんの科白には笑かしてくれました。
ラストでは実はとんでもない素性なのかという展開になるのですが……。

隕石と天狗と金木犀。
23区のつぎもあるという24区、それぞれ花の名前がつけられていて、金木犀24区という命名。
山伏と靡。
いろいろと現実には慣れない単語がオンパレードですが、超人的なお話でもないです。
事件がひとつ置きますが、一冊の半分あたりで決着はつきます。
残りの半分では、随所に散らばっていた小さな謎の解明が続きます。
ラストは転がっていくように次々と答えが出されるスピーディでしたが。
キャラクターの素性も含め、全体的に一件落着といった感じです。
会話の要所要所にギャグっぽい雰囲気があり、そこがまたほんのり笑かしてくれるところです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
現代日本の東京によく似た街の近郊にある、古都の面影が残る町が舞台です。
花の名前がついた区を通り越して辿り着いた「金木犀24区」です。
現代日本が舞台だと思っていたら、少しだけ違うので、「ん?」と思いましたが、
あとは全く同じなので、普通に読めます。
異世界ファンタジーの設定を頭に入れるのに戸惑うとかは、ありません。

するすると読めて、楽しめました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2015/7/28
日本に似た設定のファンタジーでした。
この設定と主人公の性別でやや暫く混乱しました。
この作家さんの本を最近続けて読んでいますが、出だしとラストで混乱する事が多いです。主人公の性格の書き込みもちょっと弱いかな?長野まゆみさんの小説をちょっと思いだしました。長野まゆみさんよりは現実味があるかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告