通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: シミあり。 ■ご注文から2日以内に「ゆうメール」で発送、ご不在時はポストへ投函されます。※番号追跡はできません。■中古品のため、経年劣化(傷・色あせ・多少の汚れ)はご容赦ください。■帯・応募券・シール・カードなどの封入物は原則付属致しません。商品名に「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物の無い場合がございます。■Amazon限定特典、DLコード、デジタルコピーは付属致しません。■全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っております。■弊社サイトと併売のため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■商品お届け後のお客様のご都合による返品の場合、送料と手数料を差し引いた商品代金のみのご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント 単行本 – 2001/6/27

5つ星のうち 4.0 150件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
  • +
  • 金持ち父さんの投資ガイド 上級編―起業家精神から富が生まれる
総額: ¥4,104
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   ミリオンセラーになった『金持ち父さん貧乏父さん』に衝撃を受けながらも、どこか割りきれない思いを抱いた人は多いかもしれない。第2弾である本書は、さらに論を進めて、実際に「経済的な自由」を手に入れるためにどんなプロセスを踏めばいいかをテーマにしている。「金持ち父さん」の教えを実践しようという人にとって待望の書であり、それ以外の人には、お金や仕事に対する自分のこだわりがどこにあるかを気づかせてくれる1冊となるだろう。

 「金持ち父さん」と「貧乏父さん」の教えを軸にした展開は前作と基本的に変わらない。ただ今回は、E(従業員)とS(自営業者)、B(ビジネス・オーナー)とI(投資家)の4つのクワドラントからなる「キャッシュフロー・クワドラント」という図を採用。それぞれのクワドラントに属する人のお金や仕事に対する考え方の違いを論じ、E、SからB、Iのクワドラントに移行するためのアイデアを提案している。最終のゴールとするB、Iのクワドラントについては、そこで成功するための指針を示している。

   著者によると、この4タイプの人間の違いは、働くのは自分か他人か、お金は誰がどこからもたらすのか、といった考え方の違いが根本にあるという。自分が属するクワドラントを乗り越え、希望のクワドラントに移行するための手段は、本シリーズ最大のポイントにもなっている「ファイナンシャル・リテラシー(お金に関する数字や言葉を理解する力)」の修得に尽きる。税金、資産、投資、負債、貸借対照表などのトピックスをタイプ別に読み解く著者のリテラシーは、今回も新鮮な驚きをもたらしてくれる。

   ただ、リテラシーを獲得した後にどのタイプを選ぶかはそれぞれの価値観にかかわる問題である。著者がそこに踏み込んで、BやIを優位においたのは誤解を招くところだろう。働きがいや自己実現などの「ゴール」もまた無視できない。その点でB、Iがどうなのかも著者に論じてほしいテーマである。(棚上 勉)

内容紹介

本書は、2001年11月発売後ミリオン・セラーになった『金持ち父さん 貧乏父さん』の第2弾、第一作で書かれた基本的な「お金についての考え方」をさらに掘り下げて、「いまの激動する世界をどう生きたら安全なのか」「どうやったら経済的自由を手にすることができるのか」を教えてくれます。
『金持ち父さん 貧乏父さん』のさらに先、どんなアクションをとるか、どんな考え方をすればよいのか、について知りたい全ての人に応える1冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 311ページ
  • 出版社: 筑摩書房; 初版 (2001/6/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 448086332X
  • ISBN-13: 978-4480863324
  • 発売日: 2001/6/27
  • 商品パッケージの寸法: 22.9 x 15.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 150件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,422位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 本書は、お金の流れの状態によって、人のワークスタイルを次ぎの4つに分類している。
E・・・Employee (従業員)、S・・・Self-Employed (自営業者)、B・・・Business Owner (ビジネスオーナー)、I・・・Investor (投資家)
 
 前著、『金持ち父さん 貧乏父さん』も読んだが、これは画期的な本だと思う。これまで、お金に関することを堂々と論じることがある意味ではタブーとされてきたが、おそらく初めてその風潮を破った本といえるだろう。そして、数年前(今もか?)に現れた’拝金主義’・’資本至上主義’の火蓋を切った本とも言える。リーマンショック以前の、金融バブル・ITバブルのメインプレーヤーたちの思想に大きな影響を与えたんじゃないだろうか?

 ただし、本書をよく読むと、筆者は、各人はお金に対する価値観がそれぞれ異なっているので、自分のタイプにあったやり方をするように薦めている。つまり、何も全ての人に、B・Iタイプを推奨しているわけではない。筆者が言いたかったのは、’お金に関する知識を増やすべきだ’、ということ。

 そして、この本には読者にとって有益なことがたくさん書いていて、得る物は確かに多い。しかし、ここであえて注意点を挙げたい。それは、筆者はあまりにも’公共心に欠けている
...続きを読む ›
コメント 131人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shigegon VINE メンバー 投稿日 2007/8/16
形式: 単行本
著者の考えは本の中で一貫していて、同じような言葉が繰り返し何度も出てきます。

・金銭的に自由になるためには現状の問題を認識し、目標設定を行うこと。
・ 金持ちになるには(投資を)「する」ことではなく(金持ちに)「なる」ことを常に意識する必要がある。
・これからどうなるかわからない世の中で従業員の給与は当てにできない。不労所得を手に入れることが重要。
・E(従業員)やS(自営業者)のクワドラントでは金持ちになるのは難しいが、B(ビジネスオーナー)やI(投資家)のクワドラントに入って正しいやり方を身につければ成功することは難しいことではない。

この本を読んだだけでは「具体的に何をすればよいか?」ということはわかりませんが、経済的な問題について漫然と過ごしている人にとっては意識改革になることでしょう。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書を読むと、前作「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んだだけでは曖昧だった、ロバート・キヨサキ氏の考えがより明確にわかるようになりました。お金に対するスタンスが4つのクワドラントに分類でき、ビジネスオーナーのクワドラントにいくことが一番簡単なお金に対して自由になる方法だということです。

左側のクワドラント(サラリーマンや自営業者のクワドラント)にいては不幸になるということを、この本のなかでは繰り返し訴えます。対して、右側のクワドラント(ビジネスオーナーや投資家)では同じかそれ以下の努力で幸せになれると…。左側の考えを捨てて、右側へ行けというのが、この本の主張です。具体的に何をするのかはこの本では書かれていません。

はっきりと幸/不幸、金持ち/貧乏、右/左とを分類してしまうのが、この本の分かりやすいところであり非常に恐ろしいところでもあります。如何にも読者のこれまでの考え方が間違っているかのような書き方をするので、金持ちになるには「今のままではいけない!」と読者が思い込んでしまうかもしれません。全部鵜呑みにするのは危険すぎます。

この本の危険性をうまく突いたネットワークビジネスの勧誘がどうやら横行しているようです。「ビジネスで成功した人がパーティ開くから、一緒にいこう!」「その人が進めている金持ち父さんの本をぜひ読んでみ
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2007/3/25
形式: 単行本
収入を得る方法別に、従業員、自営業者、ビジネスオーナー、投資家の4つに分類し、そのそれぞれに属する人の考え方を説明し、経済的に自由でない従業員・自営業者から、経済的に自由なビジネスオーナー・投資家へと移行するために必要なことについて具体的に書かれている。

本書は特に、現在従業員または自営業者で、ビジネスオーナーや投資家になることを目指している人に向けて書かれている。資本主義社会の構造があまりにも明確に書かれているため、従業員でいることに満足している人が読んだ場合、気分を害することもあるかもしれない。私も従業員であり、本書は非常に衝撃を受ける一冊であった。読みながら何度も吐きそうになり、それでも読むことをやめられなかった。

キャッシュフロー・クワドラントに表される世界観は、現実の資本主義社会を非常に的確にとらえていると私は思う。ビジネスオーナーや投資家からみえている世界が、従業員や自営業者からは全くみえていないという主張も理解できる。収入を得る方法の違いが人々の考え方の違いとなり、それぞれに属する人々が資本主義社会を構成しているという事実を、小学校の社会科で教えてくれればと思うのだが、そうもいかない現実があるのもわかる。

本書はまた、お金の話を越えた人生で成功するための哲学に関わることも教えてくれた。何かを「する」前に
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー