この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

金の仔牛 単行本 – 2012/9/14

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 3,980 ¥ 329
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

18世紀初頭のパリ。追い剥ぎのアルノーは、襲撃した馬車に乗っていた老紳士・カトルメールに、逆に儲け話を持ちかけられる。王立銀行が所有するミシシッピ会社の株を利用すれば大儲けができるというものだ。アルノーは話に乗り、出資者を集める役を引き受ける。古着屋のルノーダンや泥棒の親方・ヴィクトールらから大金を預かり、カトルメールに渡す。条件は、出資金額に対してひと月後に1.5倍の額での返済。担保はアルノーの命だ。当初300リーブルほどで売り出され始めたミシシッピ株は翌月に1000リーブルを突破し、最初の返済は順調に履行される。株価はこれから4000、そしてその先に9000リーブルまで上がると期待され、相場は加熱していく。投資が投資を呼び、追い剥ぎだったアルノーも、いまや羽振りのいい青年実業家に。100万リーブルを稼いで、ルノーダンの娘・ニコルを嫁にもらうことを目標に掲げるのだった──。

内容(「BOOK」データベースより)

18世紀初頭のパリ。追い剥ぎのアルノーは、襲撃した老紳士に逆に儲け話を持ちかけられる。ミシシッピ会社の株を利用すれば大儲けができるというのだ。アルノーは話に乗り、出資者集めを引き受ける。当初300リーブルほどだったミシシッピ株は翌月に1000リーブルを突破し、投資者への返済は順調に履行される。株価はこれから4000まで上がると期待され、相場は過熱していく。アルノーはいまや羽振りのいい青年実業家に。―それは、株取引という名の「ねずみ講」だった。ルイ王朝下、繁栄をむさぼる18世紀初頭のパリを活写した傑作長編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 306ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/9/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406217944X
  • ISBN-13: 978-4062179447
  • 発売日: 2012/9/14
  • 梱包サイズ: 19.8 x 14 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 120,319位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年7月8日
形式: 単行本
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年12月22日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月28日
形式: 単行本
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月8日
形式: 単行本
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月31日
形式: 単行本
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月17日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。きゅうり