通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
金こそわが命 やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品ですが、状態の綺麗な商品になります。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

金こそわが命 やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 お 15-5 時代小説文庫 やぶ医師天元世直し帖) 文庫 – 2014/8/9

5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2014/8/9
"もう一度試してください。"
¥ 745
¥ 745 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 金こそわが命 やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 お 15-5 時代小説文庫 やぶ医師天元世直し帖)
  • +
  • 信じる者は、救われず やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 お 15-6 時代小説文庫)
  • +
  • お医者様でも やぶ医師天元世直し帖 (時代小説文庫)
総額: ¥2,235
ポイントの合計: 27pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】シン・ゴジラWalker完全形態
麻宮騎亜描きおろし特大A2ポスター付 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

僧侶の人数合わせのため、豊山藩江戸家老の葬式に駆り出された朴念は、遺体に薄気味悪い斑点が出ていたのを目撃する。同じ頃かつての上司である板橋練馬から江戸家老の死因を探るよう依頼される天元は、その背後に『蘭学差遺医療館』という医師団を率いる奥田玄斎という傑物がいるのを知る。貧しい庶民への治療に金持ちからの利益を充て、新医術を操る玄斎に天元も魅了される――。しかし村沢藩の食中りを治療した玄斎たちの手際に疑問を抱くうちに、医術を使った恐るべき陰謀が明らかになってくる。果たして世直しは、彼らの野望を止められるのか?

著者について

1949年、現さいたま市中央区生まれ。県立与野高校卒。軽妙洒脱で温かみのある、「沖田節」ともいえる独特な筆致がファンを魅了している。主な作品に、「やぶ医師天元世直し帖」(ハルキ文庫)、「将棋士お香事件帖」「陰聞き屋十兵衛」「丁半小僧武吉伝」「姫様お忍び事件帖」「浅草かみなり大家族」「御家人やくざと無頼犬」「天神坂下よろず屋始末記」「質蔵きてれつ繁盛記」「仕込み正宗」「げんなり先生発明始末」など各シリーズ、『六辻の狐 生きて涙をぬぐえ』『阿吽の羽織』がある。


登録情報

  • 文庫: 291ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2014/8/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758438420
  • ISBN-13: 978-4758438421
  • 発売日: 2014/8/9
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 541,405位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

僧侶、早桶屋、医師が、食中りに絡む「事件」に遭遇し、解決する。
が、江戸時代の人は、怪しいものは食べない、という常識が備わっていたのに、
ちょっと危なそうな締め鯖を食べたり、焼いた鯛がすっぱいのに食べたり、するのは、
かなり不自然ではないだろうか。
しかも、江戸時代に、江戸で作られていた締め鯖は、塩でしめた後、しっかり酢を漬け込んでいたはずで、
用心深い商人が、いくら好物でも、なまくらに締めた鯖を食べるとは思えない。
侍も、これしかり。いくら殿様の命でも、腐ったものは食べないだろう。
現代人より鋭い味覚、嗅覚で、自分の命を守ろうとしていた筈だから。
また、蘭学医なのに、オランダ語ではなく、日本語訛の英語の名詞が出てくるのも、疑問。
三人組の個性が活かされていないのが、残念。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告