通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
量子革命: アインシュタインとボーア、偉大なる頭脳... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

量子革命: アインシュタインとボーア、偉大なる頭脳の激突 (新潮文庫) 文庫 – 2017/1/28

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2017/1/28
"もう一度試してください。"
¥ 1,069
¥ 1,069 ¥ 627

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 量子革命: アインシュタインとボーア、偉大なる頭脳の激突 (新潮文庫)
  • +
  • 宇宙が始まる前には何があったのか? (文春文庫)
総額: ¥1,933
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1900年、放射線の不可思議な現象を説明するため、M・プランクは「量子」という概念を考案した。その後、天才物理学者たちはこれを武器に19世紀のニュートン力学を覆し、新しい世界像を次々と提示し続ける。量子力学の解釈をめぐるアインシュタインとボーアの論争を軸に、ハイゼンベルク、ド・ブロイ、シュレーディンガーなどの人間ドラマも交え物理学百年の流れを追った白熱の科学ノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

1900年、放射線の不可思議な現象を説明するため、M.プランクは「量子」という概念を考案した。その後、天才たちはこれを武器にニュートン力学を覆して、新しい世界像を提示し続ける。量子力学の解釈をめぐるアインシュタインとボーアの論争を軸に、ハイゼンベルク、ド・ブロイ、シュレーディンガーなどの人間ドラマも交え、物理学百年の流れを追った白熱の科学ノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 717ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/1/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102200819
  • ISBN-13: 978-4102200810
  • 発売日: 2017/1/28
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 97,067位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
言い回しや表記法が独特で、初めは読みづらく感じたが、慣れると逆に読みやすく感じた。

内容は非常に良く楽しく読めました。
が、それは自分が量子力学あたりの知識があるからかも知れません。
量子力学等の知識が全く無い方が読む場合は、メモを取りながら読むと良いのかなと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 竹内薫センセも書いているように、読み進むごとに、お話が進むごとに、量子革命の歴史が進むにつれて、ページをめくるにつれて、面白くなっていく。”黒体問題”?なんやねんそれ?ダサそう!って、最初のほうはこの本をちょっとワキにでも置いておこうかなって思ったけど、ここはじっと&ぐうっと我慢して読んできた我々、僕たち、そして、貴女だけがゲットできる読後感大満足な世界・・・・

 理数系、特にこの手の物理まわりの翻訳ものでは抜きんでている青木薫センセの翻訳なので、まるでもともと日本語で書かれたかのように読みやすい。

 内容的には量子論ド素人の我々理科ファンにとっては、なかなか難しいけど、わからない語句は巻末に「用語集」が載っているので、その都度読むのもいいし、他の参考書を読む際のテクニカル・ターム解説にもなるので、これはめっちゃ&むっちゃいい。
 さらには歴史を追って解説している本書のまとめのようなものがこれまた巻末に「年表」で載っているので、コピーして理科ノート and/or 歴史ノートにでも張り付けておきましょうか。

 相対性理論にかけた時間の100倍以上も量子論に対する批判に時間をかけてきたアインシュタインEPR陣営、一方、ボーアを中心とするコペ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 保武佳吾 トップ500レビュアー 投稿日 2017/1/31
Amazonで購入
 文庫化に際し、単行本刊行時の竹内薫氏による短評が付されたものの、追加されたものは基本何もない。
 邦題の副題からは相対論と量子論の矛盾、闘いのようなイメージを思い浮かべるかもしれないものの、本書の主題はあくまで量子論の方である。そうではありながら、主人公は最初から最後までアインシュタインの方であるというのが出色であろう。
 アインシュタイン以外ではプランク、ボーア、ド・ブロイ、ハイゼンベルク、シュレーディンガー、ジョン・スチュアート・ベルに各一章を割き、パウリ、ディラックも勿論登場する。ただし、超弦理論には一切触れられない。ウィッテンの名は一度も出てこないし、ワインバーグでさえさらっと一度きりだ。
 それでも、巻末の年表には量子重力理論、万物理論、超量子論を今世紀、二十一世紀に想定している。
 こうしてみると前世紀の前半に起こった革命は後半には停滞し今や混迷を極めている、逆に云えば今や次の、もっととんでもない革命の前の夜を迎えているということになるのかもしれない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す