中古品:
¥2,283
+ ¥257 配送料
お届け日 (配送料: ¥257 ): 5月13日 - 14日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古品の為、通常使用による使用感、表紙の痛み等がある場合がございますが、良好なコンディションです。ご注文確定後1-3日ほどで発送予定。万が一、不具合等があった際は返品・返金対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


量子論の発展史 (ちくま学芸文庫) (日本語) 文庫 – 2010/10/8

5つ星のうち4.6 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,900
文庫
¥2,283
¥4,785 ¥2,283

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

連続量と考えられていたエネルギーにも最小単位があった!プランクは空洞輻射で量子の概念に至り、アインシュタインは光量子、ボーアは水素原子の量子論、ド・ブロイは物質波、ハイゼンベルクは行列力学を創出した。先の見えない道を、創造者たちはどのように探りつつ歩いたのだろう。彼らの多くと直接に交流し、その物理的核心を洞察しえた著者ならではの本格的な量子論史。理論形成の過程を唱導した物理的イメージや、他の研究者の成果との意外な関係にも論が及ぶ。学習者には量子論の全体イメージを、研究者には理論探求の醍醐味を生き生きと伝える定評ある名著。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高林/武彦
1919‐1999年。兵庫県生まれ。東京大学物理学科卒業。名古屋大学助教授、CNRS(フランス国立中央科学研究所)研究員をへて名古屋大学教授。1983年同大学名誉教授。専攻は理論物理学、素粒子論、物理学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 筑摩書房 (2010/10/8)
  • 発売日 : 2010/10/8
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 541ページ
  • ISBN-10 : 4480093192
  • ISBN-13 : 978-4480093196
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 6個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
6 件のグローバル評価
星5つ
57%
星4つ
43%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

殿堂入りVINEメンバー
2006年8月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2010年9月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月9日に日本でレビュー済み
2004年1月28日に日本でレビュー済み
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2005年2月10日に日本でレビュー済み
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告