中古品
¥ 244
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2005年11月30日第3刷発行 帯なし・経年の中古書として書込もなく良好です。淡いヨレあり。 カバー・小口・本文に経年の淡いヤケ・汚れ・スレ・アタリ傷みがありますが本文中古本として概ね通読良好です。 日本郵便「ゆうメール」にてプチプチ包装+防水にて2日(日・祭日は除く)以内で大阪より発送させていただきます。 丁寧で気持ちのいいお取引に努めさせていただきます。 検品は慎重にさせていただいてますが、もしお届けさせていただいた商品に支障がございましたら、「Amazonメール」にてお知らせいただければ誠に幸いです。 誠意を持ってご対応・対処させていただきます。よろしくお願い致します。 尚、「領収書」が必要な場合は、商品発送ご連絡後に「お客様アカウント・注文履歴」から印刷できます。くわしくは、「領収書・ヘルプページ」をご確認ください。 <「領収書」は「商品代金+配送料(消費税・アマゾン手数料等を含む)」を実際請求・集金するAmazon.co.jpが発行致します。>
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

量子論の発展史 (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2002/5

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,242
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,180 ¥ 547
文庫, 2002/5
¥ 169
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

量子力学、あるいはその発展史を扱った書物は、洋の東西を問わず、枚挙に暇がない。しかし、原著論文に逐一あたり、原著者と直接交流し、様々な議論を戦わせた後にその成果を採り入れて、まさに肉声をもって語り得たものは極めて少ない。本書は、自らも量子力学基礎論において偉大な業績を挙げた著者が、研究者としての溢れる情熱と、歴史家としての冷徹な分析とを、相矛盾させることなく交えて、量子力学の本質を抉りだした、類い稀な「複眼の書」である。伝説の物理学者が残した、全ての物理学徒必読、科学史家必携の名著。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高林/武彦
1919年兵庫県生まれ。1941年東京大学理学部物理学科卒業。1948年名古屋大学理学部助教授、フランスCNRS研究員を経て、1959年名古屋大学理学部教授、1983年名古屋大学名誉教授。専攻:理論物理学、素粒子論、物理学史。1999年没

吉田/武
京都大学工学博士(数理工学専攻)。著書に『虚数の情緒』(東海大学出版会、平成12年度「技術・科学図書文化賞(最優秀賞)」受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 376ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2002/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 448008696X
  • ISBN-13: 978-4480086969
  • 発売日: 2002/05
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 702,464位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
初学者などがいきなり量子力学の完成形(ディラックやランダウの教科書)を見せられると、その異様な光景に唖然とし拒絶するか、自分には理解できないけれどもミクロの現象を記述する便利な計算ツールであるとみなす。
行列力学、シュレディンガー方程式、変換理論、第二量子化、相対論化といった成果は非常に短い期間に成し遂げられたが、古典論よって量子現象を理解しようとする努力の上に少しづつ概念の飛躍を積み重ねていった結果である。そうした足場を取り去ったとき完成された量子的な論理の扱いが今見られる量子力学の形になっている。
本書では、まさに量子力学の概念形成、数学的発展の歴史が述べられている。教科としての量子力学は、対象を捉えるための概念を形成するための足場が少なく、ギャップを感ずるものであるが、本書によって当時の一級の物理学者が悩んだ過程を見ることで、物理としての量子の世界を理解することが可能となる。
本書は、朝永振一郎の「スピンはめぐる」と双璧をなすといえる。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
湯川先生は「物理講義」の中で「『既に創られた物理学』を学ぶことと、その物理学が創られた当時に創った本人が考えたことは全く違うんです。もしどちらも同じと思っている人は試験勉強だけをしてきた人です(笑)」と仰っています。本書を読めば、その真意がよく分かります。自分が学んできた量子力学は確かに理路整然としているのですが、「こんなのどうやって思いつくの?」という心のモヤモヤが残っていた訳ですが、本書のような「時間軸に沿った量子力学の発展史」を読むとそのような疑問も氷解します。過去の偉人たちが如何に量子力学を発展させていったのかが良く分かります。先人達は現代風解説に基づく「量子力学の法則の思い付き方」(例:Hamiltonianにおけるp_x→h/2πi・∂/∂x, E →ih/2π・∂/∂tの置換え)を最初から出来ていた訳ではないのです! 「暗黙知」から「形式知」に表出化する際に、過去の知見に基づく独特なアナロジーを理論物理屋さんは行う訳ですが、そういう思考の足跡をフォローするのに良い本だと思います。
このような「系譜を知る」本として、「スピンはめぐる」(朝永振一郎)、「X線からクォークまで」(エミリオ・セグレ)、「新版 電子と原子核の発見」(スティーブン・ワインバーグ)も読んでおきたいですね。朝永先生の「量子力学」も同時にお薦めです。本書で舌足らずになっている箇所をこれらの本で
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 最近の量子力学のテキストを見ると、電子の回折による粒子と波動の二重性の話があって、次はいきなりハミルトニアンを確率密度関数とみなしたシュレーディンガー方程式の紹介と簡単な制約条件の下での解法へと進むようだ。
 ハミルトニアンは古典物理の方法論のひとつであり、なんでここでハミルトニアンなのか、またそれが確率密度関数とされるのはなぜか。
 そうした展開方法は悪いものではないのだろうが、古典的描像とのつながりがないままに話が進展していくとき、受けとめる側では、勝手にあれこれと古典イメージとの対応を考えてしまい、それが適切でないために量子力学の理解が進まないなどというのはありそうなことだ。
 古典物理と量子物理の対応は、実は量子論の発展過程において常に配慮され、そのことがまた直接的に量子論の発展とも関わる。現在の形で量子力学を知る上で、しだいに(しかし急速に)積みあがってきたその過程を知ることは、現在の量子力学の理論を見通す上で非常に役に立つように思う。
 科学のひとつの分野がどうやって形作られていくのかを具体的に知りえた点でも、興味深かった。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
行列力学と波動力学の関連が詳しく書かれています。
シュレージンガーが両者の同一性を書いたのが、1926
年。ノイマンがヒルベルト空間論を用いて数学的な証
明を与えたのが1927-1929年。

シュレージンガーと行列力学の関係は193ページあたり。
ノイマンによる理論の厳密化については255ページあた
りに書かれている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック