¥ 6,480
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
量子力学入門:化学の土台 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

量子力学入門:化学の土台 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/23

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/10/23
¥ 6,480
¥ 6,480 ¥ 9,143
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 量子力学入門:化学の土台
  • +
  • 群と物理
総額: ¥9,936
ポイントの合計: 299pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

量子力学の胎動期を生きた若き化学者の手になる名高い教科書の新訳。量子論が生まれた背景と、量子力学の威力、化学への応用を、基礎の基礎から説き起こす。式の展開に飛びがないため、高校の数3と大学初年次の数学力があれば、理論展開についていける。わかりやすい図67点と表25点も、読者の理解を助けるだろう。どんな化学現象もミクロ世界に住む電子が起こし、ミクロ粒子のふるまいは量子力学に従う。本書の懇切丁寧な記述を追えば、化学の土台をなす豊かな知恵がきっと身につく。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ポーリング,ライナス
1901~1994。米国オレゴン州生まれ。1922年オレゴン農業大学(現州立大学)卒業、1925年カリフォルニア工科大学(カルテク)大学院修了。グッゲンハイム奨学金で渡欧し、ゾンマーフェルト(ドイツ)、ボーア(デンマーク)、シュレーディンガー(スイス)に師事。1927年に帰国後はカルテクに勤務し、sp3・sp2混成軌道の提唱など化学結合の本性と分子構造に迫る研究を展開。1932年に電気陰性度を発表。ラングミュア賞(米国化学会、1931)、デーヴィー・メダル(英国王立協会、1947)など各国学術界からの受賞多数

ウィルソン,E.ブライト
1908~1992。米国テネシー州生まれ。カルテクのポーリング研究室に所属。ハーバード大学に移ったあと群論を使う分子分光スペクトルの解析と化学教育に従事

渡辺/正
1948年鳥取県生まれ。1976年東京大学大学院工学系研究科修了、工博。同大学助手、助教授、教授を経て2012年に定年退職(名誉教授)。同年より東京理科大学理数教育研究センター教授。専攻は電気化学、光化学、環境科学、化学教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 344ページ
  • 出版社: 丸善出版 (2016/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4621300806
  • ISBN-13: 978-4621300800
  • 発売日: 2016/10/23
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 665,540位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年4月9日
Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。サマーニット 帽