中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

野菜畑でつかまえて (1) (まんがタイムコミックス) コミックス – 2012/1/7

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 2,888 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 112ページ
  • 出版社: 芳文社 (2012/1/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4832250396
  • ISBN-13: 978-4832250390
  • 発売日: 2012/1/7
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
田舎で生活してほっこりしたい人向けの作品です。
農業については、豆知識くらいのものがちょくちょく出てくる程度ですが
農作業大好きなヒロインがとにかくかわいいです。

あまりオチのあるような四コマではありませんが
カントリーライフに憧れている人は十分に楽しめるのではないでしょうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
 本作はさえない田舎のさえない農家(桃次郎談)の日常を描いたコメディ。
 一応主人公らしき櫛灘桃次郎は農家の息子。男の中の男、不良の中の不良になるのを夢見ても、周りがのどかなせいで空回り。結局良い農家の兄ちゃんに留まってしまいます。そんな彼には、親の決めた許嫁・此花さくら(表紙の女の子)がいた。勝手に決められた結婚に反発する桃次郎だが、農家のお嫁さんになるため畑仕事に頑張るさくらのほよよんさに、やっぱり空回り。
 ……って、いつの漫画の設定じゃーっ!
 なんて古さというより懐かしさを感じさせる本作。登場人物がみんな良い人で、都会生活に疲れたらこんな場所で暮らしたいなぁと思わせてくれます。
 特にさくらの妹の小姫ちゃんは、ツッコミのあまりのかわいらしさ、方向の明後日ぶりについ顔がほころびてしまいます。きっと将来は素敵なクリキントンになるでしょう。

 顔のパーツ(特に口)が中心からちょっとずれた人物の描き方は独特で、人によっては苦笑いするでしょうが、読んでいくにつれ、この顔形がなんともいえない味を出してきます。あまりにも整いすぎる顔だとかえって面白みがないのと逆ですね。

 日常系らしく、事件らしい事件も起こりません。桃次郎の目指せ不良設定も時々思い出したように語られるものの、それ以上に野菜に詳しい好青年
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 畑の広がる農村を舞台にした,素朴な若者たちの物語。
 田舎暮らしに辟易して,不良にあこがれていながら,何気に野菜に対する博識を持っている桃次郎と,野菜大好きな眼鏡っ娘・さくらの,ほのぼのとした関係が良く,ボケたりツッコんだりと笑わせてくれる。二人の関係は,まだ幼なじみレベルであるが,今後,思春期らしい純愛に育っていくかどうか見ものである。日盛りの野菜のように,二人の愛がすくすくと育っていってほしい。
 桃次郎を農家の後継者にしようと目論むお父さんや,つかみ所のない姉・月子,東京から療養のためと称してやってきた転校生・鈴芽など,登場する脇キャラたちもそれぞれいい味を出しており,まさに上質の野菜料理が並んでいるような世界観をお楽しみいただきたい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
みていただければお分かりかと思いますが、表題は有名な小説のオマージュとなっています。しかしその内容はライ麦畑のような内容ではなく、畑仕事全般、土いじりを趣味にする女の子と、不良を目指し日々葛藤する男の子がその二人の周りの大人たちによって少しずつ大人になっていく・・・といったような話です(しかしこう書くとやはり小説を参考にしているように感じられますね)

作風については作者のこれまでの作品と大きく異なる部分はありません。よい意味で安心して、悪い意味であまり発展しないものを感じますが、僕はまつもと剛志さんの作風が大好きなので★4つとさせていただきます。

なお、表紙および1ページ目のカラーには[the catcher in the vegetable garden]とありますが、3p、9p、15pといった連載時1p目だったところの作品名には[the catcher in the vegetable field]とあります
どちらが正しいのでしょうかw 今後の修正でどっちになるのかも楽しみにしたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告