中古品
¥ 179
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)などがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。商品に不備が見つかった場合は、発送前にメールでご連絡いたします。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。注文確定から商品到着まで最長7営業日を要する場合がございます。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。書き込みがないように検品をさせていただいておりますが、万が一ございました場合に関しましては全額返金処理をとらせていただいておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

野球術〈下〉打撃術・守備術 (文春文庫) 文庫 – 2001/8

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 179

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

メジャーの野球術の実際を監督篇/投手篇/打者篇/守備篇に分けカル・リプケンら超一流選手に具体的に語らせた"企業秘密"集!
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

首位打者を8回獲得した安打製造機トニー・グウィン。2632試合連続出場を達成した鉄人カル・リプケン。大リーグ史上に燦然と輝くふたりの名手が打ち明ける“技芸の神髄”。考えつづける選手こそが卓越した存在となる―リアルなインタビューと鮮やかな分析によって野球の心臓部に迫った名著。野球を見る目が今日から変わる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 381ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2001/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167651130
  • ISBN-13: 978-4167651138
  • 発売日: 2001/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 423,534位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 安打製造機として鳴らしたトニー・グウィンに取材した打撃論と、連続試合出場で有名なカル・リプケンの守備論で構成される。緻密な取材と洞察力に基づいた巧みな文章は上巻と変わらないが、最後の「結論」の章も実に読み応えがある。
 ウィル氏はここでも、絶え間ない努力の積み重ねが名選手を生むことや、野球を通じて教えられる謙虚な姿勢の大切さなどを繰り返し説いているが、「テレビ全盛の時代にあって、野球は画像的というより“文学的”である」という見解が特に印象に残った。野球観戦と読書体験の類似性を説き、いずれも鑑賞者のリテラシー(読解力)が高まるほど楽しくなると指摘している。
 では、どのようにして「野球リテラシー」を高めるか。そのヒントや読解例に興味があれば、この本を読んでみてほしい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 衣谷 VINE メンバー 投稿日 2003/12/29
形式: 文庫
「野球とは知性のスポーツである」ことを明らかにしたウィルの『野球術』下巻は、サンディエゴ・パドレス(当時)のトニー・グウィンを基にした「打撃術」とボルティモア・オリオールズ(当時)のカル・リプケン・ジュニを題材とする「守備術」、そして結論が収められている。
グウィンもリプケンも殿堂入り確実な「現代の名選手」だが、執筆当時の1989~90年代はまさに脂が乗っていた時期。最高の選手の最盛期を取材することで、内容はよりいっそう充実している。
結論では、一般に「野球黄金時代」と思われている1920~30年代や1950年代に比べ、現在の野球の方が情報密度が高まり、どのチームもどの選手も情報の恩恵にあずかることができるため、球団間の実力の差は狭まっているとされる。そして、4割打者が誕生しないのは、選手の実力が低下したためではなく、投手も打者も実力の底上げがなされたからだと指摘している。
自らの技術を的確に開陳する選手と、選手礼賛にならず、批判的な視点をもちつつ論を展開するウィルの手法は明晰。芝山氏の流麗な翻訳がその妙味を引き立てている。
「野球」の本質を知りたい方には是非一読をお勧めする。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
カル・リプケンが好きな人は、絶対読んで損はない。
彼がいかに頭を使ってプレイしていたかがよくわかる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック