この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

野球狂の詩 DVD-BOX

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 木之内みどり, 信沢三恵子, 西村晃, 北山年夫, 納谷悟朗
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 9
  • 販売元: デジタルサイト
  • 発売日 2007/06/22
  • 時間: 1160 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000P1KQ2Q
  • EAN: 4907953020337
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 208,122位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

水島新司原作による野球漫画のTVアニメ版の9枚組BOX。50歳の老投手・岩田鉄五郎、女性投手・水原勇気、スラッガー藤娘の国立玉一郎、北の狼・火浦健ら“野球狂”たちの激闘の日々を描く。第1話「水原勇気登場」から最終第25話までを収録する。

内容(「Oricon」データベースより)

水島新司原作の傑作アニメーション『野球狂の詩』の「水原勇気編」11話と、「キャラクター編」14話を収録した9枚組BOX。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

テレビ放映当時第一回をラジカセで録音し、繰り返し聴いていたことを思い出す(当時は家庭用ビデオもまだ普及していなかった)。
岩田鉄五郎(西村晃)の情熱、水原(木之内みどり)の果敢な挑戦、帯刀の冷静な中に見える意地など、素晴らしいドラマだった。
今、DVDで再び観ると、数ある野球漫画(及びアニメ化)の中でも登場人物を丹念に陰影をつけて描いた点では屈指の作品だったと思う。登場人物はかなりユニークだったり、突拍子もないこともあるが、それなりに納得できる描き方をしているところは素晴らしい。

水原勇気編は、水原と鉄五郎が主人公だが、同時に武藤兵吉のドラマでもあったと思う。ドリーム・ボールの開発から打倒に執念を燃やし、魔球に取り憑かれたかのようになり燃焼し尽す。一人のプロ野球選手としては損な生き方だが、潔く信念に満ちており、その熱い生き様には心打たれる。

原作とは逆に後半になったキャラクター編。原作ではこの部分が丹念に印象深く描かれていたからこそ、水原勇気編が活きていたと思う。アニメでも全編印象深い話が多く駄作がない。火浦健(北の狼南の虎)、国立玉一郎(スラッガー藤娘)、富樫平八郎(ウォッス10番・ガッツ10番)等、メジャー(?)なパートも素晴らしい。
だが、今観ると「白球七五三」「脅迫スリーラン」「スチール100円」「メ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
水島マンガは「あぶさん」「ドカベン」とたくさんの野球マンガが傑作ですが
「野球狂の詩」はそのなかで一番いい!
水原ゆうきのプロ野球初の女性選手も画期的とても面白いですが
実は後半の水原以外の物語がとても素敵な内容で涙が止まらない話が多数。
そのなかで「北の狼と南の虎」編が最高に好きな話です。
いまの若者にも知ってもらいたいの再度アニメ化を希望です。
深夜枠のアニメで「あぶさん」「野球狂の詩」放送をして欲しいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「ドカベン」で有名な水島新司の1970年代の作品。
今観ても見劣りすることない盛り上がり。面白い。

プロ野球球団の東京メッツをベースに、野球に関わる人たちの話。
1話1時間と長く、それが25話までつづくのだが毎回見せ場が作られているし
観ている方も徐々にその雰囲気に熱中していく。

序盤からいきなりの展開になるが、
そのときは老いぼれ投手の岩田こそが「野球狂」だと思わせておいて
だんだんと野球に関わるすべての人が野球狂だと気づく。

というのも、前半はピッチャーの水原勇気に関するエピソードが濃く、
試合においてもピッチャーの立場の感情を描くが、第11話を境に
今度はそれぞれの選手の過去の話が描かれていく。
そしてそれぞれが深い想いを持っていることが読み取れ、
まさに「野球狂の詩」というタイトルを実感させてくれる。

前半の水原編も盛り上がったが、意外にも
後半の選手編エピソードひとつひとつに泣かされた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とにかく巨人の星の影響が強い一作
 魔球は言うまでもなく
極端に軽い球質、話の都合で豹変する周りの人間の性格、態度
世間の過剰な注目と観客の壮絶な野次、0か100かのようなプレイスタイルと思考
強引な展開や、設定の矛盾
そして武藤兵吉
 あらゆる部分に巨人の星との共通項があり、水島作品らしからぬ大きな盛り上がりを見せてくれる

そう、最後の勝負が終わるまでは、、、
あそこまでの感動を与えてくれた水原勇気に対する岩田鉄五郎の最後の評が”所詮は女”
それだけで台無しだ
彼女と武藤はどんな男も再現できないような名勝負をやってのけたのではないのか

のんべんだらりと恵まれた環境で野球をやっている人間達が、水原勇気を見下して終わるという後味の悪さ
 せっかく途中までは巨人の星に匹敵する熱い内容だったのに、いかにも水島マンガ的に終わってしまうのは勿体無いの一言
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック