野球グローブ(グラブ) メンテナンス ガイド

グローブや、ミットのお手入れに。必要なアイテムはもちろん、初心者でも簡単にできるお手入れ方法もご紹介。

なぜメンテナンスは必要?

  1. 土や泥、ホコリを落とし、カビや劣化を防ぐ
  2. 潤いと栄養を与えることで、革が柔らかくなり、自分の手により一層なじんでいく
  3. グローブのフィット感が増すことで、ボールをキャッチしやすくなり、パフォーマンスの向上につながる
  4. きちんとお手入れすることでグローブは長持ちし、あなたの最良のパートナーに

ビフォー & アフター


お手入れ方法

STEP-1 汚れを落とす

タオルや乾いた布で土やほこりをきれいに拭き取る。
次に、レザーローションをスポンジに取り、グローブをこすり浮いてきた汚れを拭き取る。
ウェップやグローブ紐も同様に汚れを拭き取る。


STEP-2 保革油で潤いを与える

スポンジや柔らかいタオルなどで保革油を薄く塗る。保革油は革に潤いと栄養を与える。
保革油は毎日塗る必要はなく、傷んだ箇所や乾燥して潤いがなくなったところに塗ること。
レザーローション同様塗り過ぎには注意。


STEP-3 ツヤ出し

ツヤ出しクリームを少量スポンジに取り、薄く延ばすようにグローブに塗る。
少量ずつ付けて塗ることを繰り返し、グローブ全体にまんべんなく塗っていく。
週1回ケアすることで、グローブにツヤが出てくる。


STEP-4 保管

グローブにボール持たせるように挟み、保型バンド巻く。
保型バンドを使用することで、グローブの型付けや、持ち運び時の型崩れ防止に。


必須アイテム
クリーナー クリーナー

汚れ落としに

ローション ローション

汚れ落としもツヤ出しにも

オイル・保革油 オイル・保革油

潤いを与える

お助けアイテム

イヤなニオイを防ぎたい

グローブの中を汗で湿ったままにしておくとニオイの原因に。使い終わったらグローブをしっかり乾かす習慣を。
さらにクリーナで汚れを落とし、専用の消臭スプレーを使用するとニオイの防止に。

「消臭スプレー」をチェック

グローブの型崩れを防止したい

保型バンドを使用すれば、保管時や持ち運び時の型崩れ防止に。型付けしたい時にも有効。

「保型用品」をチェック

大事に持ち運びや保管をしたい

グローブやミットは湿気やホコリが大敵。お手入れが終わったらグローブ袋に入れて保管を。

「グローブ袋」をチェック

捕球力をアップしたい

グローブ、ミットの捕球面にすべり止めを塗るとグリップ力がアップ。しっかりとしたキャッチングにつながる。

「すべり止めアイテム」をチェック

お手入れ時間を短縮したい

汚れ落としからツヤだしまで、1つのアイテムで済ませることができるマルチタイプのクリーナーを。スパイクやバットに使える便利なアイテムも。

「マルチクリーナー」をチェック

制作協力:ゼット株式会社

「妥協を許さないものづくりへの姿勢」
トッププロからアマチュアまで幅広い層のユーザーから多くの支持を集めるゼット。
プレーヤーのニーズにスピーディーかつ的確に対応し、品質の高さとその進化の過程に終わりはない。