中古品の出品:3¥ 1,079より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

野獣死すべし [DVD]

5つ星のうち 4.0 81件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 1,079より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ野獣死すべし¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松田優作, 小林麻美, 鹿賀丈史, 室田日出男
  • 監督: 村川透
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川映画
  • 発売日 2008/10/24
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 81件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001DSSKI2
  • JAN: 4988111285737
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 257,335位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

松田優作主演のハードボイルドアクション。戦地を渡り歩いた通信社の元カメラマンが、野獣のように管理社会に牙を剥いていく。“[期間限定]邦画プレミアム・セレクション 今だけ30%OFF”。

内容(「Oricon」データベースより)

幾度となく映画化されている大藪春彦原作の名作小説を、松田優作と村川透監督が再びコンビを組んで見事に映画化。通信社のカメラマンとして、アンゴラ、レバノン、ウガンダなど、世界各地の戦場を渡り歩いた経験を持つ主人公・伊達邦彦。彼は相棒と組んで銀行を襲撃。神を裏切るのが目的のように、次々と殺人を重ねていく…。2009年1月30日までの期間限定出荷。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
若い頃3回は観たと思いますが、中高年になって再度観る機会があり、今更ながら気づく事があった作品です。
特にショパンのピアノ協奏曲第1番が、あんなにもフィーチャーされていたとは、全く気付きませんでした。
他にもショスタコーヴィチやベートーベンも使われていて、クラシック音楽好きの人は、観て損はないかと。
他にも、小林麻美さんが美しい、鹿賀丈史さんの役どころが見ごたえあり、など、中高年の方々にもおすすめします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
加賀の「おい!なにみてんだおまえ!」だけでこの映画の狂気に引き込まれます。
原作とイメージ違うとか、松田優作が歯を抜いたとか、細かい話はどうでもよくなってきますね。
狙撃シーンは例のシージャック事件をモチーフにしたそうです。・・・「ブタが!」
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
決して正解をくれる映画じゃないのだけど何故かやっぱり悲しい物語なんだと思う。
別に反戦を叫んでいるような映画じゃないのだけど、その人間の業に狂わされた伊達の姿になんとも言えない悲しさや虚しさを感じた。

そして伊達を演じるというよりまるで別人が憑依したような松田優作は凄まじく、話が佳境に進み伊達が正気を失って行くのと比例するように松田優作の表情もまるで死人のように精気が感じられず、列車を飛び降りて錯乱しながら何処へ走る表情は他のどの映画でも観たことのないぐらい恐ろしい表情で、とても松田優作には見えない何か得体の知れない人物がいるようだった。
そして脇を固める俳優達の演技もこれまた素晴らくて、伊達と対峙する室田日出男や儚く散っていく小林麻美も良かった。
そして特に良かったのがこれが映画初デビューだったと言う鹿賀丈史で、上品で気品溢れるイメージが強かった鹿賀丈史がこんな危険で薄汚れた役を見事に演じている事に驚いたし、伊達とはまた別の狂気があって、レストランでのイッテしまっている表情は本当にゾッとした。

そして印象的な場面も多くてどのシーンも名シーンと言えるぐらいだった。
特に印象的だったのが自分に好意を持つ令子に少なからず動揺する伊達の姿で、この場面で伊達も本当は他の誰とも変わらない人間でこの映画でみせる
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 totch 投稿日 2013/2/2
形式: Blu-ray
作品そのものの評価は別として、画質について。
ほぼ30年前の作品にして日本のリマスタリング技術からして、
これは上限に近い最良作だと思います。
最近の最初からハイビジョンで撮影してる映画と比べるのは酷な話。
またハリウッドの技術との比較もマーケットのボリュームが違い過ぎるので無理なこと。
お奨めですよ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
松田優作ほか、出演者に興味がある人、当時の時代の雰囲気を感じたい人、思い出したい人にはオススメ。それ以外の人は、 現代の娯楽映画のテンポからするとかったるくて見てられないと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 「松田優作」‥きっと、この後の映画界でも「優作が生きていれば」と語り継がれる人だと思います。
 特にこの「野獣死すべし」は、子供の頃に見て、非常にインパクトを受けました。『この主人公は、なぜ、こんなに簡単に人を殺せるのだろうか?』とか、『普段の生活と、銀行強盗以降の凶悪さのギャップは何だろう』と、幼心に感じていました。
 で、大人になった今、この作品を見ると、「戦争に犯された人間の狂気」というテーマだったことに気づかされました。
 あまりにも有名な、リップバーンウィンクルの、話をしているときの、松田優作の顔は、間違いなく、人間の奥底に秘めている狂気を描き出していると思います。
 この作品に興味がない人でも、銀行強盗から、リップバーンウィンクルの部分を見たら、松田優作という人物の、真摯な人物作りに感嘆すると思います。
 「松田優作物語」という漫画で、リップバーンウィンクルの部分は、松田優作は、瞬き一つしなかった、と書いてありますが、DVDを何度見ても、瞬きすらしていません。
 これを自己陶酔と取るのか、演劇に命をかけた人間と取るのかは、人それぞれだと思いますが、「野獣死すべし」で、HPも作られていますので、それを見てからでも、この作品は見る価値があると思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
劇場公開のとき、開演に間に合わず途中からこの作品を観た私には、加賀が松田の弟か何かで、戦争で精神を侵された兄に洗脳されて、理想郷かなにかを求めるための凶行に走る様を描く映画のように思えました。そして通して再度見直ししたときには、幽鬼のような松田優作の演技に圧倒されました。萩原朔太郎の詩を口ずさみ、静寂との対比のために用意されたオーディオのシステムに酔い、トビーさんの私物の「最後の狙撃手」のモノホンの銃のグリップを眺める優雅さで演出される、新しい伊達邦彦。ラストの公会堂での、「そこにいる自分」を確かめるかのような、臓腑の奥底から絞り出される伊達の「あ!」という叫びに魅せられて以来、この作品が脳裏に焼きついてはなれません。最初のテレビ放映のとき、水野晴夫のインタビューに答えた村川・松田両氏は、大藪先生のベストを「蘇る金狼」「昇る太陽」「野獣死すべし」だと言っていましたが、松田優作演じるこの未聞のハードボイルドの主人公は、その原作さえも超越して、今日なお、比較をすら持ち得ない強烈なインパクトで、孤高の存在として確立しています。劇中、監督のお兄さんの指揮によるショパンの選曲、また、たかしまあきひこさんの音楽も秀逸でした。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す