この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

野獣死すべし [DVD]

5つ星のうち 4.0 79件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,150 (23%)
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,200より 中古品の出品:7¥ 1,449より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ野獣死すべし¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 野獣死すべし [DVD]
  • +
  • 蘇える金狼 デジタル・リマスター版 [DVD]
  • +
  • ブラック・レイン デジタル・リマスター版 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
総額: ¥8,743
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松田優作, 小林麻美, 鹿賀丈史, 室田日出男
  • 監督: 村川透
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Original recording remastered, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: PI,ASM/角川書店
  • 発売日 2000/12/22
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 79件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HRBH
  • JAN: 4997766600109
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 88,133位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

 『蘇える金狼』の大ヒットに続き、村川透監督、仙元誠三撮影、そして松田優作主演のトリオで、大藪春彦の処女小説を映画化したのが本作だ。
   エリートが頭脳を駆使して銀行を襲撃するという原作からは離れ、ベトナムの戦場を体験したカメラマン、伊達邦彦が帰国後、死にとりつかれたかのように犯罪を重ねていく狂気のさまを描いている。深夜列車のなか、伊達が追跡してきた刑事へ『リップ・ヴァン・ウィンクル』の話をするシーンは、背筋が凍るほどの迫力だ。松田優作は、これまでのコミカルな味わいのなかにすごみを感じさせる「動」の個性をかなぐり捨てて、幽玄な「静」ゆえのすごみを示している。従来のファンを驚嘆させるとともに、新たな演技の境地を開いた。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

幾度となく映画化されている大藪春彦原作の名作小説を、「蘇える金狼」の松田優作と村川透監督が再びコンビを組んで見事に映画化。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 totch 投稿日 2013/2/2
形式: Blu-ray
作品そのものの評価は別として、画質について。
ほぼ30年前の作品にして日本のリマスタリング技術からして、
これは上限に近い最良作だと思います。
最近の最初からハイビジョンで撮影してる映画と比べるのは酷な話。
またハリウッドの技術との比較もマーケットのボリュームが違い過ぎるので無理なこと。
お奨めですよ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
劇場公開のとき、開演に間に合わず途中からこの作品を観た私には、加賀が松田の弟か何かで、戦争で精神を侵された兄に洗脳されて、理想郷かなにかを求めるための凶行に走る様を描く映画のように思えました。そして通して再度見直ししたときには、幽鬼のような松田優作の演技に圧倒されました。萩原朔太郎の詩を口ずさみ、静寂との対比のために用意されたオーディオのシステムに酔い、トビーさんの私物の「最後の狙撃手」のモノホンの銃のグリップを眺める優雅さで演出される、新しい伊達邦彦。ラストの公会堂での、「そこにいる自分」を確かめるかのような、臓腑の奥底から絞り出される伊達の「あ!」という叫びに魅せられて以来、この作品が脳裏に焼きついてはなれません。最初のテレビ放映のとき、水野晴夫のインタビューに答えた村川・松田両氏は、大藪先生のベストを「蘇る金狼」「昇る太陽」「野獣死すべし」だと言っていましたが、松田優作演じるこの未聞のハードボイルドの主人公は、その原作さえも超越して、今日なお、比較をすら持ち得ない強烈なインパクトで、孤高の存在として確立しています。劇中、監督のお兄さんの指揮によるショパンの選曲、また、たかしまあきひこさんの音楽も秀逸でした。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
刑事の室田日出夫と対峙する列車のシーン。
長回しのアップのシーンで優作はまったくまばたきをしていません。
まるで爬虫類の目のように。これから捕獲する獲物を睨むように。
皆さんご存知のようにこの人は今で言うところの「目力」の力量が凄い人で、
このシーンでは完全に狂った目をしています。
フリーキーなジャズのBGMと相まって、このシーンは作品の背景を知る重要な場面になっています。

こんな演技(本人としては地なのかも)ができる俳優は、今は殆どいないでしょう。
日本の俳優は、善玉で多少売れっ子になると次はニヒルな役や悪役をやりたがる傾向がありますが、
この作品のリメイクは誰がやっても到底松田優作の狂気にはせまれない。
それほどまでに、観ていて寒気がするほどの怪演です。

若き日の鹿賀丈史のチンピラぶりも中々大したものです。
容赦なく次々に発砲、射殺していく銀行襲撃のシーンは、演技とわかっていてもビビるほどの迫力。
バイオレンスの巨匠、村川透監督作品の中でも間違いなく傑作の1本でしょう。

また、余談ですが、現在は芸能界を完全引退している小林麻美を、
映像で観ることができる数少ない作品でもあります。綺麗な人でした。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
決して正解をくれる映画じゃないのだけど何故かやっぱり悲しい物語なんだと思う。
別に声高らかに反戦を叫んでいるような映画じゃないのだけど、それに狂わされた伊達の姿になんとも言えない悲しさや虚しさを感じた。

そして伊達を演じるというよりまるで別人が憑依したような松田優作は凄まじく、話が佳境に進み伊達が正気を失って行くのと比例するように松田優作の表情もまるで死人のように精気が感じられず、列車を飛び降りて錯乱しながら何処へ走る表情は他のどの映画でも観たことのないぐらい恐ろしい表情で、とても松田優作には見えない何か得体の知れない人物がいるようだった。
そして脇を固める俳優達の演技もこれまた素晴らくて、伊達と対峙する室田日出男や儚く散っていく小林麻美も良かった。
そして特に良かったのがこれが映画初デビューだったと言う鹿賀丈史で、上品で気品溢れるイメージが強かった鹿賀丈史がこんな危険で薄汚れた役を見事に演じている事に驚いたし、伊達とはまた別のリアルなヤバさ感じたし、レストランでのイッテしまっている表情は本当にゾッとした。

そして印象的な場面も多くてどのシーンも名シーンと言えるぐらいだった。
特に印象的だったのが自分に好意を持つ令子に少なからず動揺する伊達の姿で、この場面で伊達も本当は他の誰とも変わらない人間でこの
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す