通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
野村望東尼 がカートに入りました
+ ¥0 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付きです。表紙に軽度のダメージが見受けられますが、一般的な中古本として書き込みも無く、比較的に良好な状態です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

野村望東尼 単行本 – 2011/6/15


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,520
¥3,520 ¥2,465

本まとめ買いクーポン
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

幕末動乱期を駆け抜けた福岡生まれの勤王歌人、決定版伝記。 高杉晋作、平野国臣ら若き志士たちとともに幕末動乱を駆け抜けた歌人・野村望東尼。無名の民の声を掬い上げる慈母であり、国の行く末を憂えた“志女"─その波乱に満ちた生涯を辿る。転機となった京坂への旅を追い、歌や日記をつぶさに読み解くことで成った決定版伝記。

著者について

1955年,福岡市生まれ。 1979年,九州大学文学部国史学科卒業。「消息文の会」主宰。防府野村望東尼会顧問。著書=野村望東著『向陵集』楢崎〔谷川〕校訂,文献出版,1981年),論文=「金森宗和」(『茶道雑誌』1988年),「野村望東尼」(『茶道雑誌』1990年),「幕末動乱を生きた歌人」(『近世を生きる女たち』海鳥社,1995年),「野村望東尼」(『天神 様と二十五人』太宰府天満宮,2002年),「野村望東尼筆『柞葉集』について」(『出光美術館館報』137号,2007年),「望東尼の見た志士たちの生き様と維新の道」(『筑前維新の道 』のぶ工房,2009年8月)ほか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 372ページ
  • 出版社: 花乱社; 2版 (2011/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4905327040
  • ISBN-13: 978-4905327042
  • 発売日: 2011/6/15
  • 梱包サイズ: 21.4 x 15 x 3.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 475,754位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう