通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
野村ノート がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご検討ありがとうございます。全体的に良好状態です。表面など中品ですので多少のダメージが残っている場合があります。ご理解の上検討お願いします。☆通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

野村ノート 単行本 – 2005/9

5つ星のうち 4.3 115件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 39

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 野村ノート
  • +
  • 野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)
  • +
  • なぜか結果を出す人の理由 (集英社新書)
総額: ¥3,159
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

人と組織を変え成功に導く、名将の野球哲学
ヤクルト、阪神、そして社会人野球のシダックスの監督として、選手の育成、チームの改革を果たしてきた野村監督。その指導力は誰もが認めるところですが、選手の指導にあたり、みずから記した『ノムラの考へ』を基にしているのは、球界では有名な話です。本書はその『ノムラの考へ』をベースとして、具体的な試合や選手の例を挙げながら、配球術から采配、選手の育成法など、多岐にわたって解説、指導者のあり方を説いていきます。ヤクルト・古田と巨人・阿部の違いとは? 清原の打撃に抱く疑問とは? 西武・松坂が打ち込まれる理由とは? 阪神・遠山が松井を抑えられた理由とは? —野球ファンには野球の奥義が、サラリーマンには管理者として部下を指導する際の心得が学べる1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

名将・野村はダメ集団をいかにリセットし、勝者へと再生したのか。吉井や遠山を生き返らせたシュート習得と内角球論。ヤクルト・古田と巨人・阿部はリードの優先順位が正反対。1番は今岡より赤星。敵が嫌がる打順の組み方。イチローを封じた日本シリーズでの心理戦etc.―「指導者はかくあるべき」刮目の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 218ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093876045
  • ISBN-13: 978-4093876049
  • 発売日: 2005/09
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 115件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 127,137位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
大変参考になりました。興味深く読んでくれてるようです。
私も読んでみようと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
個人的にはこういう本を待っていたって感じ。
ただのリーダー論書籍は巷にゴマンとあるが、野球の細かい戦術から人生論につなげられる人は、野村監督以外に考えられない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ノムさんの選手、監督時代のエピソードがメインの内容になってますが、野球の事を知らなくても読み易い本だと思います。
野球という仕事が、好きで好きで、とことん追求した人が書いた本だと感じました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
印象に残ったこと

○人生と仕事は常に連動している

○人生論が確立されていない限りいい仕事は出来ない

○理想と現実のギャップがあるからこそ努力が要る

○無形の力が必要。

 情報収集と活用、観察力、分析力 判断力 決断力 先見力 ひらめき、鋭い勘など

○原理原則が偉大なる常識である。

具体的な選手名や過去のエピソードなどがいくつもあるので

純粋に野球好きの読み物としても面白いし、

野球を知らない人も野村氏を知るにはもってこいの本。

抗うのではなく、受け入れ、考え、結果を出した。

その外見とぶしつけな物言いから勘違いされることも多いが、

自分のことを知ってもらいたいと潜在的に思っているのだと思う。

だけれども、少しの時間では伝えきれないので

テレビ等ではあまり多くは語らない。

テレビなどではいつも一種の諦めにも似た心境を感じることがままある。

『君たちは僕をそんなに理解できないだろう』というように。

王さんや長嶋さんのよ
...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
野村克也氏のリーダー論、組織論。経験に裏打ちされているだけに、野球での具体例が説得力を持つ。内容はビジネスにもあてはまることが多い。例えば、ジャイアンツに欠けているのは、リーダーがチームの将来像を思い描く「未来想像力」だという。これは、組織、チームの中期的な将来像を考えて、現状で足りないものを課題として明確化する一般のリーダー像にあてはまる。この未来想像力がないチーム、組織では皆のモチベーションが上がらないということにもつながるだろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
野村克也の野球に対する考え方、視点は極めて鋭く、なおかつ深い。
私はプロ野球ファン歴10年で、野球とは「投げる」「打つ」「捕る」「走る」の動作を繰り返し、体力、腕力、走力、センスをチームとして競い合うスポーツだと思っていたが、実はその一つひとつの動作に細かい心理戦略があり、データに裏打ちされた理論に基づくワンプレーであることが理解できた。だからこそ、一球一球の投球の間に「間」が存在することが、野球の醍醐味と納得できた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
野村氏の本は数冊読んだことがあるが、本書はそれらをまとめ、野村氏の野球観というものを示した作品であるといえます。
野村氏といえば、南海の選手兼任監督をはじめ、ヤクルト、阪神、楽天の監督を務め、その手腕は(キャラクターを含め)多くの人に知られていると思います。これを読むと、それらの根幹にあるのはどういうものなのかというのが少し分かります。

もちろん著者も人間なので、痛い部分には触れていないなと思う部分もあります。
しかし、全盛期の野球を第一線でやり続けた人間が見たもの、感じたものというのが(多分に主観も入っていますが)書かれており、そういった部分を抜きにしても興味深い内容だと思います。

他の著作と比較して満遍なく野球という競技について書かれているので、野村氏の著作で初めに手に取るのにオススメな作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒマラヤン VINE メンバー 投稿日 2010/5/10
形式: 単行本
 考える野球。データを重視し、相手を手玉に取る。野村が目指してきたのは、まさにそんな野球である。この本によれば、打者をいくつかの類型に分類し、その打者の特性を考えながら配球を組み立てていく。当たり前のことではあるのだが、プロの選手や監督はこんなことを考えながら試合をしているのかということに気づかされる。
 イチローファンとしては、彼についての記述は無視できない。イチローはA型(基本的に直球を待ちながら、変化球にも対応する)らしい。元ヤクルトの古田などは、D型(球種にヤマを張る)である。しかし、もしイチローが天性のバットコントロールと動体視力に加えて球種を予測するようになったら、そのとき彼はきっと4割を打つという気がしてならない。その時が楽しみである。
 そして野村は、野球の9つのポジションと打順にはすべて役割があるので、9種類の適切な選手を集めることが大事だと言う。実はこの考え、サッカーライターの杉山茂樹さん(サッカーを戦術から理解するの著者)の主張と一致するのだ。彼はフォーメーションにこだわり、選手をポジションに当てはめるサッカーをすべきだと主張する。各選手が自分のポジションで自分の役割をきっちり果たしてくれれば勝てるという考えである。もちろん、野球とサッカーでは競技の性質が違うので、この意見を正しいと言い切るわけにはいかない。しかし、ものごとの本質は相通じる
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー