野性の証明 ブルーレイ [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

野性の証明 ブルーレイ [Blu-ray]

5つ星のうち 4.1 86件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 1,854 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,170 (39%)
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 1,853より 中古品の出品:3¥ 1,800より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で野性の証明を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 野性の証明  ブルーレイ [Blu-ray]
  • +
  • 人間の証明  ブルーレイ [Blu-ray]
  • +
  • 戦国自衛隊  ブルーレイ [Blu-ray]
総額: ¥5,562
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 高倉健, 薬師丸ひろ子, 夏八木勲
  • 監督: 佐藤純彌
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2012/09/28
  • 時間: 143 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 86件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B008GX5NH8
  • JAN: 4988111142511
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 22,103位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

お父さん、こわいよ! なにか来るよ 大勢で、お父さんを殺しに来るよ!

薬師丸ひろ子鮮烈デビュー作! !

高倉健が男の野性を爆発させる壮絶なバトルアクション大作。

【特典】劇場予告篇、30秒予告

【スタッフ】
原作:森村誠一
監督:佐藤純彌
脚本:高田宏治

【出演】
高倉健
薬師丸ひろ子
夏八木勲

©1978 角川映画

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

森村誠一のベストセラーを、高倉健と薬師丸ひろ子主演で映画化。大量虐殺事件の生き残りである少女と平穏に暮らしていた元自衛隊員・味沢が、巨大な陰謀に巻き込まれていく。“角川ブルーレイ・コレクション¥2,940(税込)シリーズ ”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
あまり気体ぜずに見た「野生の証明」でしたが、とても面白かったです。
戦闘シーンや爆破、アクションなどCGにはない迫力があって、かなりドキドキしました。
薬師丸ひろ子さんのあどけない表情も良く、何より高倉健さんがかっこいい!!
中野良子さんは雰囲気のあるとってもきれいな女優さんだったのだと気が付きました。
大迫力の良い作品で、是非お勧めです(^^)
とっても面白かったです!!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
チャンドラー原作の小説の主人公、フィリップ・マーロウの言葉をキャッチコピーにした、角川映画第三弾。この映画はそんなコピーが良く合います。
製作者の角川春樹氏が“嘘は嘘でもスケールの大きな嘘をつきたい”、確か当時のパンフレットにはそう記してあったと思います。
任侠映画から脱却した高倉健が新しい面を見せた、寡黙な昭和の男を描いた娯楽作品。興味ある人は是非ご覧あれ。
また主題歌の”戦士の休息”も素晴らしいです。こちらもあわせてお聞きください。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/8/25
形式: VHS Amazonで購入
アクションシーンは大変迫力があり見ごたえ有り
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
公開当時、映画館で鑑賞した時はザラザラした映像で見辛いと思った記憶がありますが、BD+テレビ画面でみると「あれ、すごいキレイ」と思うほど見やすくなっています。”鼻水てろーん”がはっきり見えて嬉しかったです。
お話し自体は、途中で醒めるとなんだかついて行けなくなる荒唐無稽さですが、三國連太郎、成田三樹夫の悪役が素晴らしくて最後まで見てしまいます。
当時は私も薬師丸ひろ子の魅力に圧倒されたクチですが、今、見直してみると息苦しくなる程の大根演技で辛いです。いっそ、セリフを2,3個まで削り込んだ方がよかったのではないでしょうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 クマ #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2014/11/19
形式: Blu-ray
虎は死して皮を留め、高倉健死して昭和を残す。
総出演作品数は200を数える。ヤクザ映画ブームの先駆けとして、名作の
「幸福の黄色いハンカチ」などでの名演が認められ「ミスター日本映画」
とまでいわれた。

この作品では、原作者の強い意思表示として、自衛隊はどうあるべきか?
という途方もなく大きなテーマに対して、一人の男の行動がそれを示した。

味沢という男にこれ以上のはまり役はない高倉健が挑んだ、角川映画の
意欲作である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
公開時には当時のアイドル女優、薬師丸ひろ子のデビュー作として大々的に宣伝された。
自衛隊の協力抜きで制作した角川の心意気も見上げたものだ。
しかし冷静に観ると、多額の制作費と驚くべき豪華な配役を生かし切れず残念な作品だ。
その多くの責任は荒っぽいというか適当な脚本にあるように思う。
一例だが、高倉健演じる主人公が暴走族に襲われるシーンでは、無抵抗なのに恐怖に怯えた族が退散(なんで?)。
ラスト近く、自衛隊に追われているのにトンネルから飛び出してくる薬師丸演じる娘は状況が理解できないのか?
演出も扇情的で不要な残虐シーンがあるのは減点。
子供向きの映画でないことを強調したかったのかもしれないが、血の飛び方など嘘っぽい。
もう少し丁寧に脚本を練れば、日本では珍しい「巨大な権力を告発する名画」になったのかもしれない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 自衛隊特殊部隊での、生死に関わる程の厳しい訓練で鍛え上げられた精神力と肉体を持つ主人公。

 街を支配し、それどころか自衛隊にすら力の及ぶ、極悪非道な権力者の陰謀から、愛するものを守るため、

主人公は、自衛隊を脱退し、武器を持てない民間人として戦うことを決めます。

 主人公の唯一の武器は、まさに、鍛え上げられた心と体、のみ。

このダイナミックでバイオレンスなストーリーに、そして、ひた向きな主人公の姿に、男の子の自分は魅力を感じました。

 見ている途中、自衛隊特殊部隊の訓練の異常なまでの厳しさや、街を支配する権力者の悪行のひどさ

そして、主人公の精神力の強さに対して何度も驚かされました。まさか、そこまでやるのか、何度見ていて思ったものか。

 
 ネタバレしては申し訳ないので、あまり詳しく書きません。

 私にとって最も印象的なのは、ラストシーンです。

権力者の、終わる事の無い攻撃に、主人公は心も体も引き裂かれ、最後に残った希望さえ奪われてしまいます。

絶望的とは、こういうことを言うのでしょう。

 あまりの衝撃的な主人公の姿に、どうしても泣いてしまいます。主人公を演じる高倉健さん。すごいです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー