中古品
¥ 598
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★迅速に発送いたします★きれいです。帯あり。表紙カバーに微すれありますがその他使用感少なく良好です。消毒・クリーニング後、クリスタルパック(透明なプラスチック製の袋)に密閉パック済み。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

野宿もん 単行本 – 2012/2/17

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 550
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」編集長が贈る野宿エッセイ! ちょっと疲れたら外で寝てみようッ。

出版社からのコメント

なぜか、「野宿」は憧れだった。 その日の宿を決めず、あてどない旅行をすること。 それが夢とロマンあふれる「青春っぽい」行為だと思ったからだ。 ―― 第二章「青春の野宿だもん」より 第一章 野宿で祝うもん 第二章 青春の野宿だもん 第三章 敵か味方か野宿もん 第四章 野宿で出会うもん 第五章 野宿で食べるもん

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 徳間書店; B6版 (2012/2/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 419863341X
  • ISBN-13: 978-4198633417
  • 発売日: 2012/2/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 296,577位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
若い頃バイクで野宿しながら旅をしていましたので、懐かしい野宿の感覚を思い出しながら読了しました。 私もそうですが、世の中のまっとう(だと思い込んでいる)な人は屋根の下で暮らしたいがために必死で働いて住宅ローンを返済し、そして屋根の下の生活を維持し、そのことに人生の大きな部分を捧げている。 そんな囲いの世間に生きる人からみれば、野宿している著者は自らの生活を否定する脅威の存在になるのも無理はない。読まなくてもなにか言いたくなるだろう。 野宿もん、最高だもん!私も野宿したい!と通勤電車の中でこの本を閉じた瞬間にそう思いました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ameyoru 投稿日 2012/2/25
形式: 単行本
ふわっとした文体で、紹介される野宿体験の数々。
そこで出会った人々のなんともいえない味わい。
普通の人はなかなかここまでは出来ないハードな体験だと思いますが
それを軽々と穏やかに綴っています。
高校生の時に竜飛岬から下関までを「徒歩&野宿」で縦断した章が秀逸。

レビューで単に野宿が違法だと言う点だけで
低い評価を付けている人がいますが、心が狭すぎる。
そんな人々は、全国のホームレスの方を訪ね歩いて
「これは違法だからやめなさい」
とネチネチとクレーム付けていればいいと思います。

こんな野宿は多分出来ないけれど
読み終わった時に、
憧れに似たさわやかな気分になれます。
4 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
近代精神の誤りは、時間・人間に「使う」という概念を持ち込んだこと。作者は「すごす」に近い概念で自己の存在を実感している。21世紀はこれです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 作者はあまりに数々の野宿体験をされているせいか、
 あ、そうそうそういえば忘れてたけどあの時・・
 そんなノリで普通に、野宿エピソードをサクサクと語ってくれている。

 どれもが20代の女の子の行動とは思えない物語です。
 身に起こった珍事件をストレートに否定せず、やさしく、ユーモアを交えながらの話し口です。

 実際のところの本音や、負の感情の掘り下げは避けてます。
 自分流に包みすぎて少しリアルさに欠けたかな〜

 
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ただ著者が野宿した体験を述べているだけで、しかもその内容も特段すごい内容があるわけではない。ちょっとかわった人とあった、というくらいの事がたんたんと書かれてある。
まじかよ!すげえなぁ!といったような刺激のあることがまったくかかれてないので、読み終わった後内容が記憶にほとんど残らない。

文章も若干まとまりがない。

野宿という分野のみで本をだしたという事は、なかなかかわっていておもしろいとは思うが、少なくとも1500円の価値はない。

この本の他の人の評価は高いようだが、それは疑問に思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告