通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
野兎の眼 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

野兎の眼 単行本 – 2011/4/21

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,672
¥ 3,672 ¥ 924

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 野兎の眼
  • +
  • もう、家に帰ろう
総額: ¥5,724
ポイントの合計: 111pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

奥吉野の村の秋祭りで出会った14歳の少女を、10年かけて撮り続けた91枚の写真。まっすぐなまなざしを持った少女が、思春期をへてやがて大人になり母となる過程を、吉野の風景や日常の断片とともに鮮やかに映しとる。 収録テキスト:飯沢耕太郎「共感覚の震え」/松本典子「野兎の眼」

内容(「BOOK」データベースより)

村の秋祭りでの出会いから10年―「撮る瞬間だけふたりは淡々と繋がっていた」。少女が、思春期をへてやがて大人になり母となる過程を、奥吉野の風景とともに鮮やかに映しとった91枚。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 96ページ
  • 出版社: 羽鳥書店 (2011/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4904702212
  • ISBN-13: 978-4904702215
  • 発売日: 2011/4/21
  • 梱包サイズ: 24.4 x 17.8 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 338,013位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
透き通った目。
何かを意図して撮られたとは思えない表情。
野生のシカ(タイトルは野兎だけど)が誤って人里に下りてきてしまったような、ちょっとした違和感。
写真を通しても、動物的な生命の発揮と言えるものが見えてくる。

写真は奈良県奥吉野に住む一人の女の子を筆者が長年通って撮影したものだという。
被写体は一般の人であり、筆者は地縁のつながりがあって撮ることができたのだとか。
はじめは中学生ぐらいだった女の子が成長し、
女性になり、出産し、また新たな生命につながっていく過程を見せている。

写真には時代性を感じさせる携帯電話や服装などが入るけれど、
時折挟まれる奥吉野の自然風景のためだろうか、普遍的な生命の流れがある。

この写真集の魅力を「不思議と目がいってしまう」というとそれまでだけど、
筆者もそんな何かを感じて、被写体となった女性を撮影したのではないかと思う。
一人の人間を何年も時間をかけて撮影し、発表する。
そんな熱をもつことができたのは、
被写体の持つ「何か」に突き動かされてのことではないだろうかと。

表紙にもなっている写真は、特に黒目が印象的なんだけど、
その目に吸い込まれそうな感覚がある。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ortanova 投稿日 2016/1/9
形式: 単行本
This is the best photo book I grab in 2015. I can feel the emotion the photographer have with the girl in the ten years. The scene is very clean and nice. I can see the virgin of the girl in 14 and the maturity in 24. It's very rare in nowadays photo book. Don't hesitate to buy this book if you like those simple mood Jp books.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ほし 投稿日 2011/9/4
形式: 単行本
ひとりのあどけない少女が成長し、やがて悩みなどを抱えながら大人になり、そして母となる様を追った、ある意味ドキュメンタリーのような写真集。
ただしこの作品は、単なる成長記録の写真とは一線を画した内容となっている。
生きるとは、命を育むとは一体どういうことなのか。
「命」という途方もないテーマについて考えさせられる内容に仕上がっている。
写真集としてはそれほどボリュームのあるページ数では無いが、読み終えた時には一つの大作映画を観終わったかのような心地よい疲労感に包まれる。

写真集を見て、心が痺れるような感覚を覚えたのは初めてでした。
間違いなく傑作です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告