通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【ほぼ新品】美品 [きれいな状態です。] ※通常、通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

野ブタ。をプロデュース 単行本 – 2004/11/20

5つ星のうち 3.7 143件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 486 ¥ 1
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

受賞歴

第41回(2004年) 文藝賞受賞

内容紹介

舞台は教室。イジメられっ子転校生(キモチ悪いほどおどおどしたデブ)を人気者に
すべく、オレはプロデューサーを買って出た! 「『セカチュウ』で泣いてる場合で
はない、『野ブタ。』を読んで笑いなさい」と斉藤美奈子氏絶賛、第41回文藝賞受賞
作!「大した才能だよ。期待してるぜ、白岩玄。」(高橋源一郎氏)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2004/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309016839
  • ISBN-13: 978-4309016832
  • 発売日: 2004/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 143件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 709,271位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
たしかに一高校生の言うことだと思うと面白くて笑えるのだけど、
でも心が痛いことが多々あった。
この先どうなっていくんだろう、と思って読んでいったのだが、常に感じていたのは、当事者になろうとしないで、うまく取り繕おうとする主人公のような人は実際いそうだということだ。
けれどそうやって生き続けるのは難しいことだということも分かっているようだ。実際に場所を変えて生きるようにしている。
友達がたくさんいるように見えるけど、つながっていない、つながろうとしていない、大事な発言なのに友達に合わせて適当なことを言う。
そんな主人公が野ブタをプロデュースする。
結局人を信じることの出来る野ブタの方が安泰。
世界は俺のものかのように思ってしまった主人公は没落。
この本の展開や話の下りをどのように取るかで意見は分かれると思う。
逆説的な意味や、問題意識を持って書かれたものであれば、
学ぶべきことはたくさんあると思う。
でも、この本に出てくるどの生徒も、リアルな感じはした。
文藝賞という点にこだわらず、表面的に読むならば学生の現状を知るのに悪くはないと思った。でも帯についてる評価者の「面白い!」「笑った笑った」的な発言は、読んでいる途中で、怖く感じた。人間不信になりそうだ。
今の中高生がどう読むのか、感じるのか、知りたい。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この作品を発表した時作者が21歳という事もあり、「最近の高校生活はこういうものなのか」と感じる。物語は修二の視点で語られるが、皮肉たっぷりながらも時折素直な心情も見えるのが興味深い。決して「自分がこの世で1番賢い」とは考えておらず、1人で過ごす孤独感や寂しさから逃れる為に自分を演出している。器用に見えて、実は非常に不器用。そんな彼の過去に何があったのか、気になるところ。伸太(=野ブタ。)を絡めた話は笑ってしまうものが多く、「この先どうなるのだろうか」と楽しみながらページをめくった。たとえ話の用い方について、センスを感じる(『一休さん』は少し古すぎる気もするが)。
この作品の評価を分ける大きなポイントは、終盤に起きる事件をどう見るかだろう。その事で修二の運命が大きく変わるのだが、起きた内容もその後の展開もあっさりしたものだった。その一連の流れについて「これはこれでありかな」と納得しつつも、「それまで築いてきたものって、その程度?」と違和感を覚えずにはいられなかった。
また台詞の語尾に時折(笑)が付いていたが、その必要はあったのだろうか。メールなどネット文化が当たり前の世代にとっては何ら問題ではなく、新しい文学のスタイルと言えるかもしれない。ただ個人的には、情景描写を読み取る楽しみが減るので残念だった。安易に(笑)をつける事は、筆者にとっても表現力を磨く事にはならないだろう。そして、つけずとも問題ない筆力は既に持っていると感じた。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TakahiroPE VINE メンバー 投稿日 2005/12/30
形式: 単行本
ドラマを見て、原作を読んだ人も多いでしょう。私もその一人です。

「野ブタ」が男だったり、彰がいなかったりで、原作とは登場人物の構成が異なるが、基本的なストーリーの流れは一緒。むしろ原作の方が、ドラマのようにサイドストーリーのような寄り道がない分、スピーディーな展開で面白いかも。

決定的に違うのは主人公桐谷修二が成長しないこと。ドラマでは野ブタのプロデュースを通じて人間的に成長していく部分が描かれたが、原作では表面だけを取り繕って、内心人を常に小バカにしている嫌なヤツのままで終わる。

深読みかもしれないが、外見で虐められていた野ブタがそのハンデをクリアすることで、性格の良さを周囲が理解し溶け込んでいく様と、醜い内面を覆い隠していたイメージが剥ぎ取られ、あっという間に周囲から見放されていく修二。人間は結局、内面が大事なんだというメッセージもあるのかもしれない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/22
形式: 単行本
暑すぎず、寒すぎず、ちょうどいい関係。というのは人によって様々だが
自分を偽ることでしか得ることの出来ない関係というのは現代の人間関係を風刺しているようでとても興味深かった。
飾り立てる術を知っている人間と不器用な人間。
そして飾り立てることしかできなくなった人間が描くストーリーは自分自身を考えさせられる内容だったと思う。
しかしながら文章が稚拙であった所が本としての評価を下げる元になっている。
高校生らしさを表現したかったのであろうがそれが私には不快な文章と感じた。
題材はよかったと思うのだけに残念である。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー