通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 国内正規品。ケース、ディスクともに傷みなく状態良好です。リーフレット付き。☆ 本・CD・DVD・ビデオ・ゲーム 買取/販売の有宝堂 ☆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

野のなななのか [Blu-ray]

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,700
価格: ¥ 5,135 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 565 (10%)
通常7~8日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 5,131より 中古品の出品:5¥ 3,457より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 野のなななのか [Blu-ray]
  • +
  • 岸辺の旅 [Blu-ray]
  • +
  • 野火 [Blu-ray]
総額: ¥13,079
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 品川徹, 常盤貴子, 村田雄, 松重豊, 柴山智加
  • 監督: 大林宣彦
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ビデオメーカー
  • 発売日 2016/04/30
  • 時間: 171 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01BMXEHR0
  • EAN: 4562374850118
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 75,936位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

大林宣彦監督作品

DVD1枚組
本編:171分
特典映像
・特報 15分程度
・「野のなななのか」予告篇 180秒1タイプ 120秒×5タイプ 60秒×1タイプ
・TVCM15秒 2タイプ
・大林監督インタビュー(50分程度)


発売・販売元/芦別映画製作委員会、PSC、TMエンタテインメント

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

大林宣彦監督、品川徹と常盤貴子共演で描かれる人間ドラマ。北海道・芦別で92歳で息を引き取った鈴木光男。その葬式のために帰郷した鈴木家一同の前に現れた謎の女・清水信子。一家は彼女を通し、ソ連軍の樺太侵攻で光男が体験した出来事を知る。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
大林監督は、わり世間がと勝手に「ファンタジー映画の旗手」のように言われていますが、どんなときにも「戦争」がテーマに絡んでいます。デビュー作「ハウス」の戦地に行ったまま帰ってこない人を想いながら生きてきたおばあちゃんの怨念が、今の平和な女の子たちを食べつくす・・・ことに始まり、「天国に一番近い島」の乙羽信子さん演じる戦死した夫の死んだ海に花を手向けるエピソード、ほか「原爆キノコ」のカットが出てくる映画がフィルモグラフィーにとにかく多い。尾道=ヒロシマ=敗戦少年とみずからを語る大林監督はデビュー前から沿い有為意味では「反戦映画の旗手」であったのです。そしてこの「野のなななのか」は、50年後100年後に残していきたい・・・・未来に評価をゆだねたい映画で、つまり平和な今にはなかなか「理解できない」映画かもしれません。が・・・・終戦のあのラジオ放送のあとにも、まだ戦争が続いていた事実など、なかなか教科書には載ってない歴史が知ることができます。・・・大林監督は、現代のピカソ?なのかも。と最近考えます。
1 コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す


フィードバック