通常配送無料 詳細
通常7~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

重版未定 コミック – 2016/11/26

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 729
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 重版未定
  • +
  • 〆切本
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

史上初!? 弱小出版社に勤務する編集者が主人公、リアルすぎる出版業界マンガ。ウェブの人気連載、待望の単行本化。
出版とは何か? 編集者とは何か? 編集業務から営業、書店、取次まで、赤裸々に描かれた出版界の内部事情。業界用語には詳細な注付き。
出版に興味のある方・出版界に就職を希望する学生・出版関係者、必読の1冊。
単行本化にあたり用語注などを全面的に加筆修正し、ウェブ版では読めない描き下ろし漫画・コラムなど50ページ分を追加収録。

◎目次:
第1話 入稿
第2話 校了
第3話 企画会議
第4話 見本出来
第5話 客注
第6話 客注 その2
第7話 取次
第8話 書店営業
第9話 イベント
第10話 遅出
第11話 原稿取り
第12話 原稿取り その2
第13話 入稿 その2
第14話 決算
第15話 辞表
おまけ 社員旅行
あとがき

著者について

川崎昌平(かわさき・しょうへい)
1981年、埼玉県生まれ。作家、編集者。2007年、「ネットカフェ難民」で流行語大賞受賞。著書に『ネットカフェ難民』『自殺しないための99の方法』『小幸福論』『はじめての批評』他。


登録情報

  • コミック: 232ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2016/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309277888
  • ISBN-13: 978-4309277882
  • 発売日: 2016/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
ああ、泣ける。

そもそもドラマとかアニメとかに出てくる編集者というのは超大手企業に勤める花形編集者ばかりで、私のような弱小出版社のビジネス・実用書出版社が認知されることはまずないのだが、本書はまさにそうした、普段日に当たらないへっぽこ編集者の日常をリアリティとユーモアをまぶしながら描いたものである。

絵は下手だが、絵心があり、なんとなく読んでいると切なくなる。
ちょっと古臭いところもあるが、おおむね共感できる。
ちなみにネットで無料で読める。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ドラマの舞台となるのは、大手出版社の花形編集部ばかりで、中小出版社の編集部の実態など
取り上げられることもない。ましてや営業部が何をしてるのかなんて(出版業界の人間以外)誰も知らない。

漂流社の営業マンバケツ氏が、数年前に営業した店にならまだ版元品切れのあの本があるはず、と分かるのは
別にバケツ氏の記憶力が凄いわけでなく、大手と違って置いてもらっている書店がそもそも少ないから、自社の本が
置いてある棚を把握できちゃう。
この辺も「中小出版社あるある」で非常にリアルである。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック