通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
重版出来! 4 (ビッグコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

重版出来! 4 (ビッグコミックス) コミック – 2014/9/30

5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 重版出来! 4 (ビッグコミックス)
  • +
  • 重版出来! 5 (ビッグコミックス)
  • +
  • 重版出来! 3 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

仕事は、悪人を作るのだろうか?

日本経済新聞の「仕事マンガ」 第1位
「このマンガがすごい! 2014オトコ編」 第4位
「このマンガを読め!2014」 第2位
「マンガ大賞2014」第6位 …等々、
皆様から熱い支持をいただいている本作!!

新人作家の想像を絶する苦悩、
その才能に対して担当編集者が差し伸べる手。
仕事の苦悩は仕事でしか解消されない。

それぞれが相対する「漫画という仕事」とは…!?

【編集担当からのおすすめ情報】
なぜ漫画を描くのか。
なぜ漫画しかないのか。

新人作家という「まだ何物ではない彼ら」の姿、
今巻で松田奈緒子先生は余すところなく描き切りました!


登録情報

  • コミック: 205ページ
  • 出版社: 小学館 (2014/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409186399X
  • ISBN-13: 978-4091863997
  • 発売日: 2014/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
テレビドラマから入りました。沼田さんの回で号泣したので買いました。
ドラマも良かったけど原作もよかった!
たいてい、ドラマ→漫画、漫画→ドラマ、どちらの順番から入っても、あとから見た方に対して「なんか違う」感があると思うんだけど、この作品に関してはドラマ版と漫画版に違和感がない!
ドラマを作ったスタッフの方々の、原作へのリスペクトを感じました。
本当に素晴らしい作品です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
才能のある人の感じ方やそれに嫉妬してしまう心の動き、どちらも説得力があり、読んでいて引き込まれます。成功する人とひっそり退場する人がいるという現実は、漫画の世界だけでないし、何事も夢に向かう過程は共通する要素があるため、「出版業界の話」「漫画家の話」に閉じないのでしょう。主人公自身も出版の世界では新人ですが、有望な柔道選手だったという背景があり、そこから得た経験が本人や同僚、担当する漫画家を元気付ける材料になるシーンがしばしば登場します。
今回は、TVの前で駅伝の選手に向かって大きな声援を送りながらの「集中してる人間には聞こえるんだよ、応援の声!」という言葉がとても心に残りました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今回は小熊ちゃんはやや後景に退いて、特にこの3名の人生模様が描かれます。ネタばれになるのでこれ以上触れませんが、グッとくる一巻でした。(特に88〜89頁の見開きの見る者の胸倉をウッと掴むようなド迫力はすごし。)

「あなたは出版社の下請けではないわ。創作物を作っているのよ。」(110頁)
「前にも言ったはずよ、「才能のある者はその才能の奴隷となれ」って。」(112頁)
「グチは自慢の一種なのかもしれない。」(117頁)
「作品を描くのは、自分の心の中を覗き続ける作業だ。どんなに醜くても情けなくても逃げずに、闘わなきゃいけないんだ。」(134頁)
「アシスタントさえしていれば− 他の連中とは違う。「夢を持った特別な人」でいられたんだ。」(179頁)
「オレもたくさん新人見てきたけど本当にいろいろなんだよ。遅咲き早咲き狂い咲き。」・・・「まー、大塚君だけじゃないけど・・・ 担当が変わっても雑誌を移っても、どこまでも一人で、泳いでいける作家。」(188〜190頁)

人生一回きりです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
今回は、漫画家志望の人間の辛さもそうでしたが、社員の辛さがさらにリアルで胸に来ました。

安さんが「FLOW」の編集長に切れるシーン
「雑誌はアンタのもんじゃない!アンタの墓標なんかじゃねぇよ!
一からみんなで育ててきたんだよ、みんなで育てた大切な家なんだよ!!
現場の苦しみも知らずに昔話を語ってんじゃねぇよ!」

菊池さんの言葉
「…会社を辞めてわかったんです。あんなに単行本を売りたいと思っていたのに(略)
ただ部内で文句を言ってただけだ。『一生懸命』のポーズに酔ってたんです。」
「でも今度から全力で守ろうと決めたんです。自分のできることは全部やる。」
「皆が同じである必要はないあと思うんです。自分の頭で考えて、動く。
やるなら必死で 産業構造を変えるくらいの気迫で
自分が動かないと何も変わらないって気づいたんです。」

組織に属する立場として、
安井の引退間近の元上司への苛立ちは、胸が痛いほどよくわかり、
フリーになった菊池の気づきは、耳が痛いほど突き刺さりました。

サラリーマンの方には、ぜひ読んでいただきたい4巻でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
漫画家も着実にデジタル化が進んでいるので、
ゆくゆくは、絵の上手い下手は、漫画家にあまり求められなくなる、のかもしれない。

経営とファンと、編集者と漫画家と。
商業ベースは、無難に売れ筋のものが、もっと主流になり、
個性的なものは、同人へという流れが、ますます早まるのかもしれない。

この先も大手出版社は、新しい作品、新しい漫画家を出版し続けることができるのだろか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
作者が長年芽が出なかった苦しみが投影されているのではないでしょうか?
オマケマンガを読めば、あまりフィクションとは思えません。
そして僕は泣きそうになりました。ラストがとても共感できたからです。
ドンドン良くなっている。すばらしい。

そう思えるのは、おそらく僕自身が作家志望だから……ノンフィクションに見えるのでしょう。
逆にいえば大半の人には急すぎて伝わりづらいんだろうなって思いました。
でも僕にとってはキャラを応援したくなる、傑作です。というわけで星5。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック