Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[松田奈緒子]の重版出来!(9) (ビッグコミックス)
Kindle App Ad

重版出来!(9) (ビッグコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 重版出来!(ビッグコミックス)の9の第9巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 190

紙の本の長さ: 224ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

TBS系列にて2016年に放映されたTV連続ドラマもご好評をいただいた
話題作、第62回小学館漫画賞・一般向け部門を受賞!!

今巻では、最新の3D印刷を駆使する職人、
誰もが一度は作ったであろう「紙の付録」の設計士など、
新しい職人も登場します。
心は名職人たちとの仕事で何を学ぶのか…?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 46793 KB
  • 紙の本の長さ: 207 ページ
  • 出版社: 小学館 (2017/4/12)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06Y5FDHTS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 過去のエピソードでメインやサブを務めたキャラたちが何人も再登場して、ふくざつで豊かなハーモニーを醸し出す。なるほど、この人とこの人とが絡むとこういう感じになるのかと、読んでいるこちらも、にやりとしたり、ひやひやしたり。
 前半の中心は中田クン。なにしろ個性が強烈だし、黒沢にとっても初の単行本仕事だし。
 個人的には、ぐんぐんと人間的に成長しているアユちゃんから目が離せない気分。
 後半では、また新キャラが登場し、「作品を仕上げ、それを受け手に届けることの難しさと愉しさ」という、本作のメインテーマが新たな形で描かれる。
 今回のうんちくエピソードは、3Dと紙付録のお話。
 とにかく、捨てキャラのような脇役にまでこまやかに心を配る作風が好き。新刊の出るのが待ち遠しいマンガのひとつです。
 
 
 
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
やっぱり面白い!たまたま今の自分の悩みにあった内容で、こぐまちゃんに励まされました。やる気が出ますね!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ずっと好きで読み続けていたマンガだったが、
今回の9巻は、第五十刷から第五十二刷にかけて
マンガとしての完成度が著しく低くて驚いた。

作画が崩れているだけでなく、不自然に大きなコマ割りやパースの歪み、
登場人物同士の妙な立ち位置やテンポの悪いやり取りなど、
本当にこれまでの作者が描いているのか疑いたくなるデキ。
第五十二刷の終盤の「世界の読者が待ってるぜ!!」のページなどは
ひどすぎて見ていられなかった。

巻末の第五十三刷からはいつものクオリティに戻ったので少し安心したが、
あまりにも残念な仕上がりのものが間に入ってしまったのが辛い。
制作側にどんな事情があったのかはわからないが、
マンガにかける想いを語るストーリーだっただけに、非常に残念。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover