通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
重機甲乙女 豆だけど 7 (芳文社コミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

重機甲乙女 豆だけど 7 (芳文社コミックス) コミックス – 2017/4/14

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 480
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 重機甲乙女 豆だけど 7 (芳文社コミックス)
  • +
  • 亜人ちゃんは語りたい(5) (ヤンマガKCスペシャル)
総額: ¥1,319
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

メリッサにより移動命令を受けたアンら新生伊独連合軍はブルンガへと集結した。
そこで、アンがメリッサより告げられた作戦は…
戦場を駆ける者たちの鮮烈な生きざまを描くガルマ戦記大幅加筆にてついに完結‼


登録情報

  • コミック: 220ページ
  • 出版社: 芳文社 (2017/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4832235370
  • ISBN-13: 978-4832235373
  • 発売日: 2017/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
終わらせ方が納得!
どうするのか?って、楽しみにしていたのですが、中々良い終わらせ方です。
時代考証無視の漫画ですが、弱小ヘタレア軍物として中々面白い漫画でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
 6巻まで読んでいてもっと続くだろうと思っていましたがこれが最終巻。
この作品ならではの話のまとめ方、そしてラストへの話の盛り上げ方が素晴らしい巻でした。

 この作品は戦争モノの王道を高い描写技術で描き切った良作品です。
読んでいてすっごくワクワクしますよ♪
未読の方は是非1巻からお読みください。

 真鍋先生は成人向け作品を現在は主に描いていらっしゃいますが、
こういう全年齢向け作品も是非また見せていただきたいです!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2017/4/15
形式: コミック
 15世紀のオスマン帝国vsローマの戦いにWW2レベルの兵器を持ち込んだ架空戦記、
いつもよりちょっと厚めの最終7巻。迫るオスマンに恐怖した法王庁は毒ガス兵器の使用まで
検討、危機的状況をくつがえすべく決死の作戦に打って出るメリッサたち。
オスマンの戦車隊が迫る中、アンたちの豆戦車を搭載した改造輸送機が滑走路を蹴る…!!
 劣勢から一発逆転には敵の頭を叩くしかない、というわけでスルタンのいる本営に豆戦車
部隊を空から放り込むという、ほとんど片道切符の特攻作戦。豆戦車が異様に頑丈だったり
してかなりの主人公補正が効かされているのは確か。アンもあのラストシューティングから
どうやって生還したんだよ(笑)。
 それでもズタボロになりながら敵に肉薄して喉元に喰らいつく戦いはやっぱり熱い。
将としてのメリッサの苦悩、敵の位置を探るプロセスやアンたちを飛ばせるために捨石となった
ベテラン兵たち、迎撃機と対空砲火をくぐり抜けての低空飛行と濃厚な戦闘シーンの連続で
大いに楽しめました。オスマンのつまずきとなったアドリア海の戦いもすごい。
 ラストが連載時より数ページ追加されていますが、やはり戦車物だからパンツァーフォーで
〆たかったのかなあ。蛇足とまでは言いませんが「かまへんで、ケツ撃ちのアンでもなー」
で終わっていた方がらしかった気もします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
真鍋譲治の贈る架空イタリア戦記もついに最終巻。
半ばゲリラ軍としてはぐれ豆戦車小隊と化していたアンとメリッサは、捕らわれのダンピアーノ侯爵の秘密裏の命令に従い
残存戦力を結集して、この劣勢の戦争を終結させる唯一の策、オスマン帝国本営への奇襲作戦に着手する。
しかしそれは限りなく生還率がゼロに近い、無謀すぎる特攻作戦だった・・・。

まず雑誌掲載時に比べて大幅な加筆がされています。最終話ラストシーンも数ページ分追加されており、
当時ちょっと物足りないと感じた部分も大分補完されていました。
過去の巻のページ数より20ページほど多いかな?本が横に分厚いですw

絶大的劣勢の続いたこれまでから最終巻で一転を図るには、まあこうした内容にはなるよねという印象を受けましたが、
これまでの伏線や人物が一挙に繋がって行きストーリーを収束させていくと言う点では割りと腑に落ちるものでした。
まあ戦記ものとしては若干ヒロイックで豪快な、ちょっと真鍋節が効き過ぎな展開もありましたが、
全編に渡る濃厚な構図や力強い描線も含め、改めてこの作者のパワフルさを感じさせてもらいました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告