通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: H】中古品の為、帯無し。経年による、日焼け、汚れ、カバー破れ等傷みがございます。店舗併売商品の為、展示により、新たに傷みが発生している場合がございます。又品切れの場合がございます。あらかじめご了承下さいませ。 46773
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書) 新書 – 2012/5/29

5つ星のうち 4.6 89件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)
  • +
  • 強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く (幻冬舎新書)
  • +
  • 大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)
総額: ¥2,958
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

最先端の研究が直感で分かる、エキサイティング宇宙論。

私たちを地球につなぎとめている重力は、宇宙を支配する力でもある。
重力の強さが少しでも違ったら、星も生命も生まれなかった。
「弱い」「消せる」「どんなものにも等しく働く」など不思議な性質があり、
まだその働きが解明されていない重力。
重力の謎は、宇宙そのものの謎と深くつながっている。
いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えている。
時間と空間が伸び縮みする相対論の世界から、ホーキングを経て、
宇宙は一〇次元だと考える超弦理論へ。重力をめぐる大冒険。

内容(「BOOK」データベースより)

私たちを地球につなぎ止めている重力は、宇宙を支配する力でもある。重力の強さが少しでも違ったら、星も生命も生まれなかった。「弱い」「消せる」「どんなものにも等しく働く」など不思議な性質があり、まだその働きが解明されていない重力。重力の謎は、宇宙そのものの謎と深くつながっている。いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えている。時間と空間が伸び縮みする相対論の世界から、ホーキングを経て、宇宙は一〇次元だと考える超弦理論へ。重力をめぐる冒険の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 289ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2012/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344982614
  • ISBN-13: 978-4344982611
  • 発売日: 2012/5/29
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 89件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,603位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 すごい本だ。世界レベルで研究の最先端に居る良く判った研究家が一般向けに最新の物理学を描いた貴重な著作である。「あとがき」によれば、理科系以外に進んだけれども依然好奇心が旺盛な高校の同級生を対象像として描きつつ書いたという。

 質量とエネルギーが互換であることや、一般相対性理論など、数式でないと導けないと思っていた内容を文章で解説しているのが実に巧妙で素晴らしい。浅学な私はこのような試みを今まで見たことが無かった。

 超弦理論が有力になってきたことがよく判る解説だ。「重力」を主題に進めてきた著述が、最後にはBlack Holeの中身では重力が関係しなくなるという筆者らの最新研究成果の紹介で、言わばドデン返しを食らう。探偵小説のように面白い。

 但し筆者の最新の物理学の深い知識と、平易に表現する異才にも拘わらず、所詮このテーマは難しい。もっと平易に説明してくれたらとは思わない。正確さを失わない限界にまで平易化しているのではないかと思われた。Everestに登山電車を設置してくれれば登るのは平易になるかも知れないが、それでも高度そのものの厳しさは残るであろうというのと同じだ。

 相対性理論、量子力学、素粒子物理などに若干でも触れて忘れている読者か、そうではなくても尋常ならぬ好奇心と理解力がある読者が楽しめる著書だと思う。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
法学部卒で物理が苦手だった私ですが、宇宙の謎に対する好奇心は強く、知りたいと思っていくつか本を読んできました。
が、相対性理論も分からず、超ひも理論とかホーキング博士とか名前は知っていても、中身がさっぱり理解できませんでした。
重力が今、最先端の研究領域と知り、この本を読んでみたところ、面白いように分かります!
著者は優れた研究者と読後に知りましたが、サスガ!と思わせる語り口です。
本当に優秀な人でなければ、素人に分かるように説明できないものだなあ、と。
知的冒険のフロンティアで、宇宙の「芯」について、今どこまで分かり、何が分からないのか、研究者は何を研究しているのか、最近のノーベル賞受賞者の研究成果は何か。
本当にワクワクする読書経験でした。
まさか、宇宙の謎を解明することと、素粒子論が統合されつつあるとは、全く知りませんでした(笑)
私のような、好奇心はあるが物理学や数学な苦手な人にオススメです!
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ニュートン力学、電磁気学、相対性理論、量子論、超弦理論、多次元宇宙というように、現代物理の理論の変遷をたどりながら、最新の宇宙物理の研究からわかってきたことや方向性について述べている本。著者たちが従事した「トポロジカルな超弦理論」も出てくる。タイトルから外れないように適時重力を意識して書かれてあるが、全体的にはもっとスケールの大きな内容を扱った本である。

とてもわかりやすい。式が無く解説が丁寧という他に、説明に必要な材料をよく吟味した上で適切に取捨選択して構成されているところにもその秘密がありそうだ。例えば、クオークの種類をはじめとする個別の素粒子自体の解説は標準模型の簡単な説明など必要最小限にとどめる一方で、反粒子や「ホーキング放射」や「ホログラフィー理論」については、その意味を概念的につかみやすいように比較的手厚く書かれている。今年に入って小澤の不等式が証明されたことに触れている点も嬉しい。個人的には、かなり面白かった。

それにしても、まるでBlueBacksのお株を奪うような、最近の幻冬舎新書の科学関連本の出版意欲は目を引く。本書にもあるように、例えば今や相対性理論もGPSに利用されて我々の生活に欠かせない身近なものになってきている。また、宇宙物理に関するテーマや知識は哲学的な思考のための材料とも重なりやすい。科学者と同じレベルの理
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ニュートンから、超弦理論まで解説する物理学の魅力について述べた本

著者の大栗さんは、経歴をみると、研究一筋の方のようです。
一般的に、研究一筋の方って、一般の解説本でも正確性を重視する
せいか、全く何を書いているかわからないのですが、この本は幻冬舎から
出ているせいもあるのか、そんなことがありません。

本の内容は、
 ・はじめにで、重力の重要性、GPSへの応用や、宇宙の理解までつながっていることを
   解説しています。
 ・有力の七不思議として、重力のいろいろな「不思議な」性質をまとめています。
   すごいなと思ったのは、これをこの章以降謎解きしてゆきます。
 ・2章3章で、特殊相対性理論、一般相対性理論を解説
 ・4章5章で、ブラックホールによる相対性理論の限界から量子論を解説
 ・6章7章で、超弦理論の登場と現在までの解説
 ・最後の8章で、物理学の周辺を解説しています。

当然ながら、専門家や、理論をしっかり理解している人向けの本ではありません。
が、私のような理系ではあるものの、量子論ってなんだろうなんて
思っている人が読む分にはとてもよい本になっていると思います。
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー