中古品
¥1
+ ¥350 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品となりますため通常使用による使用感はあります。 コンディションは良いです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


酸素のはなし―生物を育んできた気体の謎 (中公新書) (日本語) 新書 – 2007/12/1

5つ星のうち4.1 8個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥1
5%還元 キャッシュレス払いなら、お得 詳細

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • キャッシュレス・消費者還元5%の対象商品です。5%の還元が注文確定時に適応されます。 Amazonによる割引。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

酸素は何でも燃やしてしまう。栄養素を燃やせばたくさんのエネルギーができる。二七億年前、光合成によって海水から酸素ガスが発生したとき、酸素とは無縁だった生物は、その魅力に惹かれて体内に採り入れた。ここに生物は進化への道を選び、多種多様の種が生まれる。しかし一方、酸素はからだの成分も燃やし、細胞を傷つけ、寿命さえ縮めてしまう。ヒトもふくめた生物は、この魔性の気体にどう対処してきたのか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

三村/芳和
1950年、東京に生まれる。信州大学医学部卒業。東京大学医学部第三外科助手、メイヨー・クリニック(アメリカ)内分泌生理学教室を経て、東京大学医学部准教授。医学博士。専攻、内分泌外科学、外科侵襲学、外科栄養学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 228ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2007/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121019253
  • ISBN-13: 978-4121019257
  • 発売日: 2007/12/1
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11 x 1.8 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 130,648位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
評価の数 8
星5つ
36%
星4つ
36%
星3つ
28%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

8件のカスタマーレビュー

2008年9月13日
形式: 新書Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年2月8日
形式: 新書Amazonで購入
2008年3月31日
形式: 新書Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年10月1日
形式: 新書
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年6月12日
形式: 新書
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年1月31日
形式: 新書
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2007年12月26日
形式: 新書
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年1月6日
形式: 新書
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告