この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

酔っぱらった馬の時間 [DVD]

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 14,990より 中古品の出品:5¥ 9,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アヨブ・アハマディ, アーマネ・エクティアルディニ, マディ・エクティアルディニ
  • 監督: バフマン・ゴバディ
  • 形式: Color, Dolby
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2003/10/25
  • 時間: 80 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000C02BD
  • JAN: 4523215005715
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,428位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   バフマン・ゴバディ監督による準ドキュメンタリー作品『酔っぱらった馬の時間』では、イラン・イラク国境地帯で過酷な生活を送る幼いクルド人の兄弟姉妹が描かれている。密輸で生計を立てていた父が地雷の事故で他界したため、少年アヨブは学校へ通うこともあきらめて働く必要に迫られる。妹たちの食費を稼ぐだけでなく、不治の病に冒された兄マディのため、手術代も捻出しなくてはならなかったのだ。しかし事態は悪くなる一方だった。手術代を工面してくれるといった男のもとへ、足の悪いマディをつれて嫁に行く長女ロジーン。だが、兄だけが約束に反して突き帰されてしまう。ついにアヨブとマディは国境超えを決意する。しかし、雪深い山でも歩き通せるように酒を飲ませたラバが、倒れて動けなくなるのだ。あたりにオオカミの遠吠えが響く―。
   こうした貧困がただの偶然ではなく、現実に起こっているクルド文化への弾圧の一環なのだと思い知らされるシーンもいくつかある。兵士は子どもたちの身体検査をおこない、勉強用のノートまで没収してしまう。一方アヨブはマディのため、西洋のボディ・ビルダーの写真に散財する。兄弟姉妹は雑音交じりのトランジスタ・ラジオを毎晩のように聴いている。このように子どもたちが苦しい生活を強いられている映像は、身が引き締まるような清浄感に満ちている。芸術性が売りものの作品や通俗的な映画製作そのものを恥じ入らせるほどのできばえだ。(Roz Kaveney, Amazon.co.uk)

レビュー

製作・監督・脚本: バフマン・ゴバディ 撮影: サイド・ニクザート 録音: モルテザ・デーナビ/メーディー・ダラビ ミキシング: マスウード・ベヘナム 編集: サマド・タワゾイ 音楽: ホセイン・アリザデ 出演: アヨブ・アハマディ/アーマネ・エクティアルディニ/マディ・エクティアルディニ/ロジーン・ユネシ/キャリム・エクティアルディニ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
とにかく全編にわたって胸が締め付けられる。生きていたい、そして愛する兄弟を生かしてやりたい、という純粋で普遍的な思いに、ただただ涙がこぼれる。クルディスタンの厳しくも美しい自然にその純粋で尊い思いが重なる。
彼らの生きている、というより生きざるを得ない現実は、どうしようもない不条理に満ちている。しかし、彼ら子供達は、その不条理に抗うでもなく、ただ今日生きる糧を得ることで精一杯だ。クルド難民という極めて複雑な問題を背景としながら、映画はイデオロジカルなメッセージを前面に押し出すようなことはせず、ただ淡々と彼らの日常を映してみせるだけだ。それが却ってこの問題の深刻さを抉り出す。
また、「難病を背負った兄」という設定は、仮にフィクションであれば過剰演出のそしりを免れないかも知れないが、真実であるだけにとてつもない重みをもっている。
鑑賞後は、何とも云えない無力感が漂う。その無力感とは、彼らのおかれた不条理極まりない状況に対して抱いたものでもあるし、「生きていたい」という普遍的であるはずの欲求からあまりにも遠いところにいる自分自身に対して抱いたものでもある。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
絶対的価値観で幸せになった人間のが幸せ。
相対的に「誰よりは・・・」という幸せは、しょせん歪んだ優越感でしかない。
愛って何だろう。
私には、妹が一人います。
もし、私の妹がそういう状態になったら、私はアヨブと同じ行動取れるだろうか。
考えても考えても、結論が出ません。
子供かわいすぎ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
あまり見たことがない国の映画というものは、文化的な知識が乏しいこともあり、展開が読めず、ある意味ものすごい緊張感がある。

この映画はイラン映画というかクルド人の生活に迫ったかなり珍しい映画だ。冒頭、市場から村へ帰るトラックの中、子供たちが唄う「人生は苦労ばかり 子どもですら老いていく」という歌詞はかなり衝撃的なのだが、この映画は、その歌詞が現実のものであることを証明するかのように展開していく。

地雷が埋まった極寒の山の中、すぐ側には銃を抱えたイラク兵。両親もなく、手術が必要な兄を抱え、それでも生きる、いや、生きなければいけない子供たち。こういうのを観れば、やはり日本は恵まれていると思ってしまう。雨風、暑さ寒さが凌げる家があり、食べものに不自由せず、学校に当たり前に行けることは、とても幸せなことなのだ。

冒頭に述べた通り、見慣れた日本映画やアメリカ映画とはかなりかけ離れた、「え、ここで終わるの?」という所で幕切れを迎えはする。また、山越えのシーンなど多少カメラのブレもある。娯楽作品とは言い難いが、こういった現実があることは、多くの人が知るべきだろう。

2007年現在、イラクの大統領は初めてクルド人が就任した。多くの苦労を受けてきたクルド人たちに、光明は差すだろうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
まず子供たちが素晴らしい。ただこの映画のすごい所は、オープンエンディングを採用していて話が完結しないうちに映画が終わってしまう。で、張られっぱなしの路線とかから推測するとあまりよい結末はむかえそうにない…と思われる。この映画を見た後何日も彼らの行く末が心配になって考え込んでしまった。子どもを題材にした映画は数あれどこれはいつまでも印象に残る映画です
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す